寝取りものエロゲ「親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク」体験版感想


親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク [WAFFLE]
WAFFLEさんの新作エロゲで、主人公のハンドルネームを騙って女と付き合いだした親友から女を奪うという寝取り脅迫系作品です。体験版では冒頭部(睡眠姦で処女奪う、無理矢理キス、フェラ強要)をプレイできました。本編は6/29発売予定です。
クラスの男子全員が、真面目で誰にでも優しいだけでなく、明るい性格の弓沢美結(ユミザワ・ミユ)に憧れを抱いている。しかし、つい先日まではその笑顔は曇りがちだった。実は美結は普段の真面目さの反動からか密かにコスプレ自撮りを趣味としており、その写真を顔や名前を隠してSNSにアップしていた。しかしクラスのある女子に身バレさせられそうになって悩んでいた。

親友が協定を破ってヒロインに接近


最初はヒロインの弓沢美結[ゆみざわ みゆ]視点でスタートです。”ROROさん”は主人公のハンドルネームですが、それを名乗ってヒロインに近づいている男は主人公ではなく、親友の男(駒崎 誠人)です。


ヒロインは誠人(親友)にもともと憧れていたということで、トントン拍子に親しくなり、恋人関係に至ります(ヒロインの家へと行くという約束を取り付ける)。


場面変わって主人公視点で、白田くんと呼ばれているのが本作の主人公です。いわゆる地味オタクなものの、ヒロインは軽蔑したりはせずに爽やかに挨拶してくれました。(彼氏の友達ということも多少影響していそう)


通りがかった誠人が乳揉みしていきますが、2人が付き合い始めたことに主人公はまだ気付かず。


回想が入り、ここで状況が一気に説明されます。ヒロインがネットで規約違反(コスプレ自撮りがエロ的にまずかった模様)をとがめられて困っているところを、主人公を初めとしたクラスの男子達が助け、ヒロインは特に”ROROさん”(主人公のSNSネーム)に感謝してました。なおコスプレ自撮り云々はテキストのみで語られ、コスプレ姿のCGはなかったです。


いつものように部室へ行き、親友と2人きりになったところ、付き合い始めたことを告白されます。親友は、主人公のハンドルネームを名乗ったことなどをあっけらかんと明かし(罪悪感は全然感じていない模様)、主人公は困惑と怒りを覚えます(クラスの男子皆がヒロインに好意を持っているものの、抜け駆けはしないと協定が結ばれている)。

親友は主人公の感情に気付かず、ハンドルネーム・ネットがらみでボロが出ないように協力して欲しいと頼んできました。主人公にはこの場で怒る勇気はなく、とりあえずは怒りを隠して無難に話を合わせます。


自宅に戻ったところで怒りを爆発させ、2人の関係を引き裂き自分が寝取ることを決意し、準備を開始します(ここで睡眠薬などを購入した模様)。

睡眠薬で眠らせてレイプ


場面変わって部室で、主人公に騙される形で、ヒロインが部室へやってきます(”広志”というのは主人公のこと)。主人公の邪な感情に気付くことなく、親友が来るのをのんきに待ちつつくつろぎます。主人公は嘘をついて招き入れていますが、親友も勝手に自分の名前を使ったということでお互い様といったところです。主人公が出した飲み物には睡眠薬が入っていますが、ヒロインは怪しむことなく飲んでしまい、しばらくすると熟睡してしまいます。


寝入ったところにいたずら開始で、このシーンは緊張感がうまく出ていました。親友と既に関係した(セックスした)と思い込み怒り混じりで挿入するものの、流れる鮮血を見て勘違いに気付きます。一方ヒロインは寝入ったままで、痛みに耐えつつ親友の名前を呼び、親友への好意具合がうかがえました(主人公は激しくピストンし、そのまま思い切り中出し)。その後ヒロインのスマホを操作し、ヒロインの状況(日記など)が主人公側に筒抜けになるよう細工します。


この先どうしたものか主人公は思案しますが、いずれはバレると考え、起きたところで状況を話します。当然怒り出すヒロインに対し、撮影したレイプ動画をネタに脅して、公開されたくなかったら言うことをきくよう迫ります。と、ここまではよくある展開ですが、ヒロインは”公開したければすればいい、そんなことしたら犯罪の証拠になるだけ”ときっぱり拒否してきました。冷静に考えると当然な反応です。

予期していなかった主人公は狼狽しますが、寝言の中に、親友がらみのことがあったことを思い出します。どうやらセックスしようとしたものの、うまく勃起しなかったのか挿入に失敗したようです。これをネタに改めて脅して、言うことを聞かせることに成功しました。自分のことならともかく彼氏のことをネタに脅されると確かに拒否しづらく、このあたりの展開はよく工夫されてました。

男子トイレに呼び出して強引にキス、フェラ強要


数日経過し、親友の方はセックス失敗したショックからかこれといった行動は起こさず。屋上での食事に誘い、まずは健全な恋人同士な事から始めようとします。


親友の企みに気付いた主人公が妨害し、メールを送ってヒロインをトイレに誘い出し、個室に連れ込みます。強引にキスし、ヒロインの常識的な反応・拒絶と、主人公のゲスさが対照的でした。


キスだけでは収まらず、続いてフェラを要求します。最低と罵りつつも、逆らうことはできず渋々承諾し、親友のは相当短小なようです(主人公の方が断然大きい)。このあたりは寝取り感がうまく表現されてます描写でした。


終わったあとは貞操帯をはめさせ、さらなる脅しのネタを手に入れます(外して欲しかったら言うことを聞け)。


教室に戻ったところで親友との会話があり、選択肢が出ました。同調する/なだめる、どちらを選んでも(体験版の範囲では)展開は変わらなかったです。


夜、ヒロインが”RORO”(主人公のSNS上のハンドルネーム)に対して、ダイレクトメッセージを送ってきました。親友が主人公のネームを騙ったことに、ヒロインはまだ気付いておらず。これを利用し、親友を装って返信する、というところで体験版は終了です。

感想まとめ

設定的には、説明文だとネットがらみがやや複雑に書かれてますが、プレイしてみると基本的には王道な脅迫もので、特に難しいところもなくすんなりと理解できました。主人公がゲスに脅迫していますが、一方のヒロインもSNSの規約違反なエロ自撮り、親友も他人の名前を騙って告白と、それぞれ褒められない行動を取っているためお互い様感があって、よく考えられたバランスの取れてます設定になってました。この先の展開的には、主人公の脅迫・陵辱行動を親友が知った時にどういう反応をするのかが気になるところでした。

エロシーンは睡眠薬で眠らせてのレイプ(終わりまで眠ったまま)と、強引にキス、脅しての無理矢理フェラが見られ、後ろ2つはヒロインの嫌々・渋々感がうまく表現されてました。格好的には、今のところ終始オーソドックスな制服姿で(自撮りエロやコスプレ姿は少なくとも体験版の範囲では出てこず)、白のカチューシャが清楚感をうまく出してました。


親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク [WAFFLE]

WAFFLEさんの主な陵辱系作品


善悪
篠木雅哉は4人の女を廃病院に監禁していた。
4人の犯した罪を自ら暴き、断罪するために。
この4人の女は、雅哉の大切な弟と妹が亡くなったことに深く関わっている。
だが、彼女たちはそう簡単には口を割らない。
まともなやり方では彼女たちが何も話さないのならば、強引にでも聞き出してやる。
尋問、拷問、どんな手を使ってでも。
彼女たちを、徹底的に懲らしめるまで――。


隣人に壊されていく俺の妻&スピンオフセット
出張先のホテルで休んでいると、見知らぬ相手から『リンク付きメール』が届く。
興味本位でクリックしてみると、そこには妻によく似た女性が、男性に『犯されている』映像が映っていた。
出張から戻ってきてから注意深く妻の様子を伺っていたものの、普段と『変わりのない態度』に安心する。
ある日、隣の空き部屋に金森ユウジと言う男が引っ越してくる。
見た目とは裏腹に、丁寧な物腰の金森に抱いていた『不安』はすぐに消えた。
だから、金森が来てから少しずつ変わっていく妻の『変化』に、気づく事が出来なかった……。


学園で時間よ止まれ
名門・エクセレント女学園の女学生たちを眺め、
怪しげな笑みを浮かべる1人の男がいた。
エクセレント女学園は、国内の政治・経済各界の
権力者や資産家の娘が通う、超お嬢様学園。
彼は、エクセレント女学園に
‘ある恨み’と、‘歪んだ欲望’を抱いていた。


ヤバい!復讐・闇サイト
廃墟と化した屋敷に女たちを閉じ込め、俺は誓う。
妹の死に関わりがあるというこの3人の女たちに、洗いざらい吐かせてやる。
なぜ妹が死ななければいけなかったのか?
その真実を、俺は知りたい。
そのために――手段は、選ばない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)