女主人公エロRPG「Le dernier saint chevalier」(B.H.C)体験版感想

Le dernier saint chevalier

Le dernier saint chevalier [B.H.C]

12/10の予告新作で、女主人公なエロRPGです。RPGツクールVXAce製、2015年03月上旬発売予定。
一人の邪悪な魔術師“ネヴィル”によって滅亡の危機に瀕する世界。
“魔術師ネヴィル”によって生み出された魔物達は敗北した男達をさらなる魔物に変え、
捕えた女性を“苗床”にして爆発的に数を増やしていく……
絶えず襲ってくる魔物達からその身を盾にして“神殿都市レーヌ”を守る
“白百合騎士団”の可憐なる少女達の物語……

(追記:効率いい進め方は記事下部にまとめました → 効率いい進行チャート



体験版感想です。まずは神殿のシスターと話したりして話を進めます。

(追記:ここでセーブして残しておくと、2周目やるときに最初のイベントが省けて楽です)


次は騎士詰所に行けということです。


ここからしばらくの間詰所の場所がわからず探し回ってしまいましたが、看板を正面から調べると(横からは見られない)わかりやすい案内が表示されまして、


指示通り左上に進んでいくと詰所が見つかりました。


依頼を受けた後、上から出ると出撃できます。


戦闘はシンボルエンカウントです。敵のダッシュ速度は高速(主人公のダッシュ速度と同等)で、見つかったあと走って逃げるのはなかなか困難でした。なお戦闘入ったあとの逃げるコマンドの成功率は高め(計50回程度試して失敗なし)です(逃走後は数秒間シンボルが非戦闘状態、すり抜け可能)。



最初のフィールドの敵はゴロツキなど人間系で、こちらの服が破けるにつれてセリフが変化しました。破損が進んでポーズが変わったあとは、性技→振りほどくなどで抵抗する必要があります(脱出までに数回かかる場合あり)。



修復材で直せるものの手持ちは3つしかなく、数戦後なくなってしまいました。破れた状態だとすぐ捕まってしまうためまともに戦えず、HP0になりました。HP0になると敗北レイプです。処女が重要な意味を持つようですが奪われてしまいました。


輪姦後、夜の街に戻りました。服が破れた状態だと入れないところばかりです。街右上(神殿の右側)にある自宅の鎧を調べると修復できました。右上のお風呂に入るとベッドで休息できるようになります。

クエスト挑戦2回目になるとだいぶゲームシステムがつかめてきまして、テント(中で修復材を使わずに修復が可能)からあまり離れず毎戦後回復しながら戦うと楽でした。


テント前の敵を倒し続けて、無事15体倒し終わりました(残り匹数はメニューの”クエスト”で確認可能)。クエストクリアで500ptもの経験値(戦闘で入るのは1戦約20pt)が入りまして、こちらでポイント稼いでレベル上げるのがメインのようです。


クエスト”物資奪還”は、平原右上の洞窟の中がクエストの舞台です。洞窟内に3箇所ある光っている箱をすべて調べればクリアです。2つはすんなり見つかったものの3つ目がなかなか見つかりませんでしたが、左上の↑の箇所にありました。(追記:無理にこれを慌ててやる必要はなく、”淫人討伐”を数回やって敵に楽に勝てるようになってからの方がいいと思います)


クエスト”結界の修復”は平原に3つあるクリスタルをすべて調べればOKです。敵からは逃げてこのクエストをこなしましたが、少し敵の配置数が多い+敵のダッシュが速すぎと感じました。
(追記:先に魔法研究をして、一定時間敵に見つからなくなる魔法”インビジブル”を使うとだいぶ楽になります 効果時間も長めでした)

クリスタルの場所は
1.テントから上の細い通路を進んだところ
2.道沿いの階段を上って南に進んでいって南の端
3.テントから東へ進み、北に向かう段を上がったあと、ダンジョンに向かわず東へ 右下に見えてくる


詰所カウンター右にいるキャラと話すと技術開発ができます。武器研究の場合強力な武器(3種類)が手に入りまして、これを装備すると戦闘が一気に楽になりました。さらに上位の武器も欲しいところですが、体験版は1段階まででした。ボスに挑む場合、自キャラレベルよりこちらの強化具合の方が重要そうです。

防具の方を強化すると、鎧がパワーアップするほか新装備一式が手に入ります。どれも強力な性能でした。魔法技術研究では主人公の使える魔法がいくつか増えまして、あるとボス戦で便利です。


なお物資を使いすぎて200Tない状態で朝を迎えると配給ができなくなり、住民の不満度が上がります。物資はロワール伯が援助してくれるということです。西のオディロン亭がロワールの屋敷です。


選択肢で下を選ぶと体で払う的な展開になりHシーン(挿入あり)が見られます。今回は既に非処女でしたが、付属のテキストによると”処女・非処女・二回目の3パターン”があるとのことです。
(追記:処女状態のHシーンは非処女時とだいぶテキスト違いまして、媚薬をうまく使っていていいHシーンでした)


主人公は毎日が危険日のようで、中出しされるごとに(3回中3回)妊娠しました。妊娠状態だと戦闘で行動できないことが頻繁に起こりまともに戦えません。堕胎は神殿で”浄化”を選ぶとやってもらえます。


一通り技術開発終わったところで(LVは10)、クエスト”暴虐の王”を受けてボスに挑んでみました(洞窟内一番上にいます)。かなり体力あって回復(100ポイント)もする難敵ですが、”氷雨斬り”など凍結系攻撃手段と、戦意を50ポイント回復できる魔法”チャージ”があると楽に戦えます。

ボスを倒すと体験版は終わりです(引き続きプレイ可能)。繰り返しボスを倒すことも可能ですが、体験版では経験値500がもらえるのみ(物資は入らない)なので効率はよくないです。


一方ボスに負けると陵辱レイプシーンになり、最後はレイプ目な表情が見れました。


Hシーン後操作キャラが緑髪のキャラに変わり、救出に向かいます。ここは今までと違って敵と接触してしまうと即敗北Hです(メニューは開けずセーブ不可)。


Hシーン終わったあとは入り口に戻されます。敵が多くて通路も細く、なかなかゴールにたどり着けませんでした(毎回Hシーンが入る 救出成功するまでループする模様)。ここに関しては完全なアクションゲームという感じでした。挑戦20回目くらいで右から行ってなんとかクリアできましたが、何か救済措置(敗北が一定回数に達すると敵の数が減るor成功しやすいルートを教えてもらえる、物資を使って助けを呼んで敵の数を減らせるなど)があってもいい気がしました。



ボス部屋の宝箱から牢屋の鍵を入手後、左にある牢屋の扉を開けて入れば救出成功です。


妊娠早期の堕胎ができなかったせいでおなかがだいぶ膨らんでまして、ここまで来るともう堕ろせないということです。


3日ほど日付を進めると出産シーンになりましたが、CGはなくテキストのみでした。あと生まれた子供については配下が”対処しました”となってました(生かす/殺す的な選択肢はなし)。

・効率いい進行チャート
1.街真ん中の神殿に向かいシスターと話す
2.右の階段から2Fに上がってイベントをこなす
3.神殿の左上方向にある騎士詰所に入る
4.右上のカウンター左の人と話し、クエスト”淫人討伐”を受ける 左上から出れば討伐に出発(他の場所からは街の外に出られない)
5.戦闘に入ったら2回攻撃を使いまくる 最初は弱いので、テントから離れず戦うのが無難(テント内で各種回復が可能) エロシーン全部回収したい場合はここでは処女失わない方がいいので、死なないように注意 8回戦闘に勝てばクエストクリア
6.カウンター右の人と話して技術開発→武器(5でクエスト断念した場合はここでこれをやると翌朝の物資が0Tになってしまうのでやめておく)
7.神殿右の自宅に帰る 3日続けて寝ると開発が終わり、強力な武器が手に入る
8.手に入った”アイスブラント”を装備すると敵をワンパンできるようになる(ここの敵はどれも氷が弱点)ので、クエスト”淫人討伐”を数回繰り返し物資をためる
9.たまった物資で技術開発を進めていって、防壁以外全部終わったら赤字のクエスト”暴虐の王”に挑みボスに勝利する
10.処女状態でセーブしたあと、ボスやザコに負けて敗北エロイベント回収

・初体験がロワールでも構わない場合(戦闘はこちらの方が楽)
1.街真ん中の神殿に向かいシスターと話す
2.右の階段から2Fに上がってイベントをこなす
3.神殿の左上方向にある騎士詰所に入る
4.技術開発→武器研究(0Tになる)
5.クエストをやらずに、家に帰って寝る
6.翌日配給分がなくなりロワール伯のところへ(街左下から進んだところ 表示はオディロン邸)
7.Hシーン後5000T獲得
8.武器獲得できるまで家で寝る
9.防具→魔法と技術開発を進める 物資がなくなったらロワール伯のところに行ってH2回目 3000T獲得(なお3回目は2回目と全く同じなのでやる意味薄い)
10.手に入った武器防具を装備してクエストを進めていく

まとめ:
ビジュアル的には、綺麗なキャラ絵でエロCGもよくて申し分なかったです。話も壮大な感じで、先が楽しみな展開でした。

ゲーム進行的には最初は何からやればいいのかわからず戸惑ってしまいましたが、システムがわかってくるとスムーズに進められました。クエストも残り匹数が出るなど、進行状況がわかりやすく表示されました。中出しされると妊娠するシステムも珍しくてよかったです。

物資がらみのシステムもよく考えられてまして、配給分が足りなくなって支援してもらうために体で払うシチュはいい具合に必然性がありました。

Le dernier saint chevalier

Le dernier saint chevalier [B.H.C]