「陵辱×タワーディフェンス 種付け中出し雌奴隷化で異世界救済RPG」(サークル暇乞い)体験版感想

陵辱×タワーディフェンス 種付け中出し雌奴隷化で異世界救済RPG
陵辱×タワーディフェンス 種付け中出し雌奴隷化で異世界救済RPG [サークル暇乞い]
6/5の予告新作で、異世界へ転生した男主人公が女の子達をレイプしつつ世界を救う旅をしていくというタワーディフェンス作品です。体験版ではコヨル平原~ルドラの森をプレイできました(Hシーン5キャラ分あり)。本編は2018年08月下旬発売予定です。
見下ろし型2Dマップを採用した、本格タワーディフェンス!
本作ではさらに、「装備品」「特技」「経験値配分」といったRPG要素を加えた、遊び心あるシステムを採用。
2Dタワーディフェンス×RPGの組み合わせで、戦略の幅は∞です!

謎の声に従って異世界へ


主人公は現代に住む引きこもりオタクです。操作はマウスのみ対応、キーボードには非対応で、しっかり読みたい場合はマウスをカチカチと左クリックしてメッセージを送る必要がありました。スキップはそこそこ読める速度なので、面倒に感じたらスキップでもいいかと思います。


ナタリアという少女(主人公お気に入りのキャラに似ているらしい)に声をかけられ、世界を救って欲しいと頼まれ、気がつくと異世界にワープしていました。


街へ到着後、大通り→路地→広場と情報集めをしていくと、兵士に追われ、死を覚悟します。


どうせ死ぬならその前にヤってやると、見かけた女をいきなりレイプします。この女達を仲間(汎用ユニット)にして、世界を救う冒険のスタートです。

チュートリアルステージ


画面左上の”コヨル平原”→”始まりの平原”をクリックし、ステージに入ります。


街道で魔物”メルヒナ”と出くわし、この魔物は敵幹部のようなキャラで、この後も度々出てきました。


ユニット召喚は左クリックで、魔方陣のようなマスにのみ配置できます。場所によって配置できるユニットが違い、街道上に近接兵、内陸部に弓兵・回復シスター・魔術師を配置できました。

初見時は勝手がわからず、ユニットをバランスよく置いていったところ、敵を処理しきれなくなってゲームオーバーになってしまいました。復帰後は、戦闘前の会話をまた聞く必要があります(スキップを使うと効率よく飛ばせます)。


ゲームオーバーを数回繰り返すと少しコツがわかってきて、ほとんど全部を弓兵にするといい具合に敵を処理できました。シスターや魔術師は、このステージでは一切配置しなくてOKでした(うかつに置いてしまうと弓兵や緊急時の壁兵用のコストがなくなって窮地に陥りやすい)。

あとは配置後、ユニットの足下を左クリックすると、コスト(60前後)を使って強化することができます。本作では弓兵の火力が重要になったので、弓兵をどんどん強化していくといいです。


そんな感じで進めていくと、なんとかクリアできました。なおコストはステージが終わるとリセットされるので、使い切ってしまってOKです。


商業都市へ入り、街の路地裏で魔術師を見かけます。仲間に勧誘するものの、外見で怪しいと判断され、逃げられてしまいました。



街を出ると、画面左下に”拠点”が出ます。キャラ強化・セーブ・ロードはここでできました。左下の”陵辱”を選ぶとエロで、ここでマナ(EXP)を使うことでユニットを強化できます。

フリーステージでマナ稼ぎ


長閑なる平原:ここが一番簡単なステージですが、慣れないうちはなかなかクリアできませんでした。いろいろ試した結果、弓兵に全コストを注ぎ込む(盾、回復、魔術師は一切置かない)のが一番勝率よかったです。近接兵を単体で置いても溶けるだけ(ほぼ無駄死に)で、コストの無駄使いになりがちでした。


置く場所は、できるだけ右寄りから置いていき、余裕ができたら左へと伸ばしていきます。キャラが弱いうちは、序盤1~2体倒しきれずに陣地まで来てしまいます(敵1体につきライフ-1)がやむを得ません。一番きついのは序盤で、中盤以降は案外楽でした。


交易路の危機:ここもひたすら弓兵を配置して突破できました。配置は上の方からしていくとよく、中央の島に置くといい具合にずっと撃ってくれます。ただ初期配置でいきなり島に置いてしまうと討ち漏らしていきなり詰む確率大です。なお序盤、下から来る敵が1体いますが、これは突破されてもしょうがないと割り切るのがいいかと思います(うかつに下に弓兵を置いてしまうと、上で倒しきれなくなって詰む可能性大)。

なおここは別にやらなくてもいいステージです。もしきついようなら、(ここをやらずに)”長閑なる平原”を繰り返しやって強化を図るといいです。


クリア時の配置はこんな感じでした。中盤あたりに出てくる敵魔術師に弓兵が多少攻撃されたものの、やられるには至らず。なおメリリが仲間にいる場合は、中央の島に配置すると終始いい具合に働いてくれます。


空を舞う巨大な影:序盤から飛行ユニットが押し寄せてきまして、このマップは敵襲来ルートがわかりにくかったです。最初にうまく倒せないのでコストが増えず、そのまま何も出せずにゲームオーバーになりがちでした。試行錯誤した末、↑のように2体配置するとうまく序盤を乗り切れました。が、Ver1.00の場合、ラストまで行ってもクリアできず(ちなみに終わりの方の緑ドラゴンが難敵でした)。バグリストにも載っているため、バージョンアップされるまでこのステージはスルー推奨です。

魔導具屋の娘


ある程度強くなったらステージ”魔導具屋の娘”へ進みます。ここをクリアすると魔術師メリリが仲間に加わり、貴重な火力ユニットでした。


このステージは、主に右上から敵が押し寄せてきます。まずはいつものように弓兵を配置します。敵の出現間隔は結構あり、”交易路の危機”や”空を舞う巨大な影”よりも難易度は低い印象でした。


最後に出てくる茶ドラゴンはタフなものの、弓兵が十分残っていれば倒しきれました。壁兵(ソードマン)+回復で足止めするのも効果的です。


勝利するとメリリのレイプシーンがあり、



以降味方ユニットとして使えます。なお(コストと場所さえあれば)何体でも出せる他ユニットと違い、出せるのはステージ上に1体のみでした。タイプ的には魔術師で、弓兵より火力ある印象です。




メリリも名無し女同様、マナを使って陵辱できます。やればやるほど強くなり、使える技も増えていきまして、弓兵以上に大活躍してくれました。

決戦!氷の魔術師


“決戦!氷の魔術師”では、氷魔女ヴェリーゼと対決です。


最初は中央門から2体来ます。初手は弓兵を中央通り沿いに配置すると安定しました。


ここは終盤(撃破数45あたりから)のラッシュがきつかったです。数が多い上、強敵も混じっていて、素早い操作が求められました。↑はソードマンでしのごうとしたものの間に合わずに敗北で、この時はスローモードが欲しく感じました。


試行錯誤した結果、このステージに関しては、多少ソードマン(壁的な近接兵)を多めにして、回復役も併せて置くとうまくいきやすかったです(弓を効果的に撃てる場所があまりない)。中央通り沿いの少数精鋭で戦うことになるので、他ステージと比べてグレードアップが重要でした。ボスの魔術師は最後にやってきて、味方ユニットを凍結させながら進撃してきます。

森林都市で剣士ハンナと出会う


“決戦!氷の魔術師”をクリアすると、次の街の”森林都市”へ行けるようになります。この街は魔族に困らされており、何とかしようと奮闘する女剣士ハンナを発見します。


街外れでハンナを発見し、仲間に誘うものの、メリリの時以上にはっきり拒絶されてしまいました。


あとは、”決戦!氷の魔術師”で手に入ったアイテムを装備させておくといいです。今回はアーチャーに”シルバーリング”(コスト-10)を装備させました(なお射程アップアイテムが手に入っていれば、そちらの方が有益)。

コヨル平原のクエスト


メインクエスト的には次は”砦へと続く獣道”ですが、この段階では歯が立たなかったので、いったんコヨル平原に戻って、クエストをこなしつつキャラ強化を図ることにしました。クエストは街ギルドで話を聞くと発生します。


クエスト”コボルドの盗賊団”の敵は、主に右上からやってきます。まずは中盤、30体目過ぎたあたりのラッシュがきつかったです。壁兵1体ではとても追いつかないので、どんどん置いていきました。


特にきついのがラストで、ヴァンパイア風の敵が一気に来るため、火力が足りていないと厳しいです(↑はこのあとソードマンがやられてゲームオーバー)。ここまできてゲームオーバーになると精神的ショックも大きかったです(ここに限らず、負けた場合もちょっとは報酬得られてもいいようにも思いました)。回復役を2~3体置けるとだいぶ楽になります。

このあと再挑戦して勝利し、達成報酬はレザーシールド(防御+20)でした。既に持っているウッドシールド(防御+30)の方が性能がいいので、このクエストは無理に頑張らなくてもいいです(盾は当面ひとつあれば十分)。


クエスト”気鋭の鎧”は、”狼の毛皮”を10枚集めればOKです。運要素があるものの、今回はフリーステージ”交易路の危機”でうまいこと手に入りました。達成報酬はレザーアーマー(HP+100)です。


クエスト”気高き騎士団”(マップ名は誉れ高き騎士団)は、フリーの”空を舞う巨大な影”と同じマップです。数体来る敵魔術師が弓兵を攻撃するため、回復役が重要でした。なかなかクリアできなかったためいったん保留にし、しばらくあと、LV35あたりで↑のような配置で戦いクリアできました。


勝利すると女騎士をバックでレイプし、ユニット”ナイト”を使えるようになります(なおこのクエストはアイテム報酬はなし)。


ナイトは、ソードマンの上位的なユニットでした。コスト199(LV5時)と大きいため出せる機会はあまりなかったですが、一度に3体まで足止めできる強力な壁役ユニットです。

ルドラの森のフリーステージ、クエスト


“密林に蠢く[うごめく]者”は、ラストに出てくるアラクネが強いものの、ザコのHPがやや低めで、レベル表記ほどの難しさは感じなかったです。クリアするとマナ(EXP)が4000~5800ももらえて、おいしいステージでした。クエストアイテム”トレントの新芽”や”ローズマリー”も手に入り、しばらくの間ここを周回してキャラ強化を図りました。


メリリのレベルを上げていくと、LV32(陵辱2つとも100%)でディレイ(命中した相手を鈍足にする・常時発動)を習得し、かなりいい戦力になってくれました。


“密林に蠢く者”を繰り返していくと、クエスト”トレントの新芽狩り”のアイテムが集まりました。報酬はバトルスーツで、HP+250と、上がり幅が大きいです。ひとまずソードマン(盾役・近接兵)に装備させておきました。

砦へと続く獣道


このステージは、まずは右上からやってきます。いろいろ配置を試してみたものの、なかなか最初を突破できず(弓兵が倒しきれないまま陣地まで来てしまいアウト) 。


LV35あたりまで上げ、ナイトも仲間にしたあとで再挑戦しました。序盤は↑のように配置し(魔術師には射程アップを装備)、


中盤に下十字路にナイトを配置し、なんとかクリアすることができました。



勝利後、ハンナをレイプして仲間に加えます。ナイトよりさらに高HPで、コストも100以下と少なく、この後壁役の一番手になりました。

猛々しき炎の武人


このステージは、まずは↑のように配置するとうまくいきました。この段階で近接兵にコストを割いてしまうと、押し寄せる敵を倒しきれずに詰むことが多かったです。


序盤のザコを倒してコストを稼いだら、陣地手前にハンナ、少し後に回復役を配置すると、上で討ち漏らした敵をいい具合に足止めしてくれました。


ラストに出てくるメルリンは半端なく強く(攻撃力が非常に高い)、ユニットが次々やられました。ここに限らず、ボスに陣地まで来られてしまっても減るライフはザコと同じ1だけなので、ライフが残っていれば勝ち確定です。


クリアして森林都市を救うものの、ナタリアとはまだヤれず。次の街も助けて欲しいと頼まれるというところで体験版のメインストーリーは終了です(引き続きプレイ可能)。

太古の森の守護者、毒の魔物退治


クエスト”太古の森の守護者”は、ダークエルフを探して森の奥へと進み、


マップはフリーステージ”地を駆ける怪鳥”と同じです。敵進行ルートがわかりにくいものの、まずは右寄りにメリリ+弓兵を配置していくと安定しました。終盤は中央の穴からの沸きがメインで、アラクネ2体のあと、ダークエルフが出現し、半端ない回避率でした。倒せなかったものの、幸いライフが残っていたので無事クリアです。


勝利するとバックでのレイプで、涙目で抵抗し、いい嫌がり具合です。


ユニット的には、射程が80とそこまで大きくはなく、やや近接寄りです。あとはコストが少ない(LV5時で63)のがメリットです。


“毒の魔物退治”は敵魔術師が多めでした。弓を回復できる位置に回復役を出すといい働きをしてくれます。報酬はウッドシールド(防御+30)で、この段階で入る品としてはしょぼいです。

亡者の沼(フリーステージ)、クエスト”魔獣のお味はいかが”


残るステージは亡者の沼です。このステージは弓兵を配置できるマスが少なく、今までのような戦術が使えずに厳しかったです。まずは↑のように配置してしのぎ、


中盤に魔術師メリリ・弓兵をどんどんアップグレードしていくとクリアできました(特にメリリのアップグレードが重要)。近接兵は、弓兵などが討ち漏らして右側まで来てしまったときに緊急回避的に置くといい具合に役立ちました。


なおクエストアイテム”霊石”がここで手に入ります。クエスト報酬は”分身の魔術書”で、これは装備品ではなくイベントアイテムです。


“分身の魔術書”を手に入れたあとに陵辱を選ぶと、メリリの3項目めが解放されており、自分自身が分身しての3Pエロシーンが見られました。


残ったクエスト”魔獣のお味はいかが”で必要になるドードー肉は、ルドラの森の”地を駆ける怪鳥”でたまに(3回に1回程度)手に入りました。クエスト報酬はシルバーリング(コスト-10)で、手間がかかる割には微妙な品です。

感想まとめ

戦闘部分については、最初のうちはゲームオーバーになることが多かったものの、コツがつかめてくるといい具合に撃退できて面白くなりました。ユニットを強化するだけでは勝てず、タイミング良く適切な場所に配置することが重要でした。なお序盤の難易度の高さについては作者様も認識されていたので、今後のアップデートで改善されていくと思われます。

エロシーンはいずれも主人公によるレイプで、CGで表情がうまく描かれてまして、無理矢理感がうまく出ていました。なお敗北時はゲームオーバー(ステージ選択画面に戻る)になるのみで、いわゆる敗北エロ・異種姦的なものはなかったです。

陵辱×タワーディフェンス 種付け中出し雌奴隷化で異世界救済RPG
陵辱×タワーディフェンス 種付け中出し雌奴隷化で異世界救済RPG [サークル暇乞い]

過去作品

Dream Buster Alice ver2.03
Dream Buster Alice ver2.03

欲望を満たすために女の子を倒してレイプ!輪姦!見下ろし視点エロドット2DシューティングACT!

コスプレ×脱出ゲーム 隠れSな幼馴染とミステリーハウスに閉じ込められたら ver3.01
コスプレ×脱出ゲーム 隠れSな幼馴染とミステリーハウスに閉じ込められたら ver3.01

脱出ゲーム×ADV第一弾!幼馴染と一緒に、知恵を絞ってミステリーハウスからの大脱出!特定アイテムを入手すればムフフな展開も・・・!Hシーンは受けシチュを多く収録!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)