女主人公エロRPG「GranEnde」製品版感想2(火山・古代遺跡)

GranEnde

GranEnde [樋渡本舗]

3/9発売の新作で、女主人公がゲートクリスタルのトラブルに巻き込まれ解決していくという作品です。前回記事では廃坑をクリアしたところまで進みました。

DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
DMM販売ページ 1,404円、140ポイント還元(クレカ払い時)

ここまでの経過はこちら
体験版感想
製品版感想1(森の神殿・廃坑)
戦災孤児として田舎の孤児院で育ったイリア。
成長し、自分の目で広い世界を見てみたいと思い冒険の旅に出る。

しかし旅に慣れていないイリアはすぐに自分の認識が甘かったことに気付かされる。
女の子一人で世界を旅するには力やお金や経験がもっともっと必要だった。
ナジュという女性に助けられ、辿り着いたのはこの地方最大の都市『トライリーベ』。

まずはこの街で十分なお金を貯めよう――。
そう思い街の斡旋所で仕事を受けたりダンジョンの探索に出たりしていた所、
予想もしていなかったとある事件に巻き込まれていく。


火山まで来るとザコ敵もなかなか手強く、特に↑のヒートギャザーが麻痺(数ターン動けなくなる)攻撃をやってきて難敵でした。麻痺対策装備を着ける余裕がない場合は、時々セーブしながら進むのが無難です。


クエスト”新たな調理器具!?”の溶岩石は、エリア2にある↑のように光っている箇所を調べると手に入ります。下り階段の先も引き続きエリア2なので、3つ集まっていなくても進んでOKです(最初のフロアで取れる溶岩石は2つ)。



溶岩石3つめは、ダメージ床が続いた先にあり、ザコ敵もいるため取るのはなかなか大変です。上り階段を進んだ先に4つめがあるので、こちらを取って3つ達成した方が楽です。


3つ集まったところでいったん帰りたくなりますが、もう少しだけ頑張って進んで、エリア3にある↑の岩を落としておくとエリア1(の入ってまっすぐ進んだところ)からここまで一気に来れるようになります。



情報屋の情報を元に入れる部屋では、”狂乱のデーモン”と戦闘になりました。こちらの最大MPを大幅に減らすという技を戦闘頭にやってくるため、戦闘終盤にMPが尽きてヒールを使えなくなる可能性が高いです。高級回復薬をいくつか用意してから挑むと安全です。宝箱からは光剣ルグ(聖属性の片手剣)、マジックブーストの書、力の秘薬が手に入りました。

クエスト”彷徨える魂の浄化”のヘルウォーカーは、エリア3で出る骸骨です。エリア3を探索していれば自然と8体倒し終わりました。なお先ほど手に入れた光剣ルグで殴ってみましたが、ダメージは普通の武器と大差無しでした。これに限らず属性武器は種類が多い割に出番が少なく、弱点を突いた場合にもう少し大ダメージが出る仕様でもいいように思いました。


エリア3→4に進む道は、最初は熱くて通れず、


エリア3右下の青い宝箱から耐熱ブーツを手に入れると通れるようになります。


エリア4へと進み、↑の岩を両側から動かすと、マグマが止まって道が開けます。


クエスト”炎の化身を形作る結晶”の炎のコアは、”炎の化身”を倒すと3割程度の確率で手に入りました(手に入れたときは戦闘後に↑のようなメッセージが出ます)。


↑の部屋に入るとボス戦です。この敵は暗闇・沈黙など状態異常攻撃やTPがじわじわ減少する攻撃などをやってきまして、何の対策もせずに突っ込むといつまでたっても終わらない戦いをするハメになりました。

対策はいろいろ考えられますが、バリアポーション[6ターンの間状態異常・ステータスダウンを完全に防ぐ]を使うのが楽です。バリアポーションは道具屋(400G)のほか、露天(氷曜日)でも買えました(こちらだと300G)。あとは治療薬を念のためいくつか持っていくといいです。

他の方法としては状態異常対策の装備品(火曜日に露店の商人から買えます)を使うという手もありますが、このボスはやってくる攻撃パターンが多いため、装飾品の装備枠2つで全部を防ぐのは難しいです。(もし高級宿10回宿泊で手に入る装飾品をこの段階で既に持っている場合は使うといいです)

なお食らうダメージ的には大したことなく、対策ができていれば結構楽に勝てる相手でした(LV30で撃破)。


敵が龍の復活をもくろんでいることが明かされ、だんだんラストが近くなってきた雰囲気です。次は古代遺跡です。


このあたりで名声50に到達しているかと思います。名声50になると装飾店で”熟練の指輪”(経験値+50%)が買えるようになり、レベル上げがより楽になります。



古代遺跡・西エリアは、入ってすぐ上に行ったところにある石版にこの先のヒントがありました。


左方向へと進むと4色の扉があり、先ほどのヒントを元に左下(赤扉)、左上(緑扉)、右下(黄扉)、右上(青扉)の順にワープしていけばOKです。正しい順で進むと左手にある扉が開き、東エリアに進めるようになります。


東エリアはいくつかあるワープゾーンを使いながら進んでいくという形式です。クエスト”負傷した冒険者の救出”を受けていると、ここに倒れている冒険者が出ます。フロア左下、右上、右にいました。倒れているのは町の店などにいる冒険者で、他冒険者とのつながりが自然な形でうまく表現されてました。


↑のレバーを下げると行けるようになる白い魔法陣に入ると東エリアはクリアです。


北エリアは、黄・青の2色のオーブがスイッチになっており、これをうまく切り替えながら進んでいくという形式です。


西の方にある宝箱からは、サファイアリング[防御+50 氷耐性+30%]が手に入ります。宝箱周りの豪華な装飾と中身がうまくマッチしていて、取り逃しを防ぐのに役立ついい趣向でした。

クエスト”戦士達の亡霊”は、ここの敵(ファントムオウガ、ファントムナイト、ファントムレディ)をどれでもいいので合計12体倒せばOKです。ファントムレディが麻痺をやってきたので、戦う際はご注意ください。


行ける道を道なりに進んでいき、下の方にある紫のオーブを押したあと、来た道を戻って上の白い魔法陣から出れば北エリアクリアです。地下への階段が現れます。


クエスト”地下に掘られた壁画の調査”は、↑の壁画を調べればOKです。壁画はフロア左下、中央あたり[並んで2つ]、左上の4つありました。


左上の壁画の先の宝箱からは、”三色護法のピアス”が手に入ります。炎・氷・雷耐性35%の装飾品で、試しの塔に挑む際に役立ちました。


北の扉から奥へと進むと、物語上重要な情報がいろいろ出てきました。テーブルにある手紙を手に入れると話が進みます。

そのまま奥に進んでボスに挑んでもいいですが、このあたりで試しの塔の3~5Fをクリアしておくといいと思います。


3F青龍は雷属性の大魔法を使ってきまして、対策装備と十分なHPがないと耐えるのは厳しいです。あとはスリープを高確率で使ってきまして、眠ってる状態で大魔法を受けることになると防御コマンドが使えないため死ぬ確率大です。武器は片手剣のエクスグラディウスで盾はニックヴォルト(どちらも店売り装備)、装飾品は三色護法のピアスと水の羽衣[睡眠耐性+75%など 古代遺跡東エリアで入手]で、LV38で無事勝利できました。

宝箱からは盾のスペルキャンセラー[魔法回避+77%]、防護の指輪[最大HP+15%、敵の会心を防ぐ]などが手に入ります。防護の指輪はこの後の白虎戦で早速役立ちました。


4F白虎は、複数回攻撃と会心が痛いものの、2F3Fと違って即死級の大技は使ってきません。あとは時々疲れて休んでくれるのが、いい具合に個性が出てまして面白かったです。

装備は、会心とスタンの対策をするといいです(スタンは露店で買える”不屈のネックレス”などで防げます)。この敵は珍しく魔法を全く使ってこなかったので、魔法防御は気にしなくてOKです。宝箱からは太陽のかんざし[最大HP+40%]などが手に入ります。この先の各種ボス戦で便利な装飾品でした。


5F玄武は、攻撃を反射するというやっかいな技を使ってきました。反射はそのターンのみ有効です。一部のスキル技(聖皇剣)は反射されなかったので、これを利用していくといいです。他には氷属性の大魔法やスタンを使ってきました。


宝箱からは両手剣のデセスペラシオンが手に入り、攻+162と非常に強力でした。

6F(最上階)黄龍は非常に強く、ラスボスより強く感じました。倒すと超強力な武器が手に入るため、なんとか頑張って早い段階で倒しておきたい敵です(ラスボス後に回してしまうとせっかくの武器が使いどころなくなる)。

敵行動パターンは、まずは1ターン目に溜めたあと、2ターン目に大技(防御して約2500ダメージ)をやってきます。どうやら魔法ではあるようですが、属性がなんなのかはわからず。あとは火山ボス並みにいろいろな状態異常をやってきまして、こちらもやっかいです。


黄龍はひとまず置いておいて、古代遺跡に戻ってボスに挑みました。溜め→スーパーノヴァがこのボス一番の大技(溜め後にそれ以外をやってくるパターンもあり)ですが、防御なしでも1500程度なのでそこまで痛くはないです。一番怖いのは時々やってくる麻痺でした。いろいろ作戦があると思いますが、今回はグラン・ドライブ[Lv42で取得]→通常攻撃やエクスヒール・気力香を繰り返して倒しました。


倒したあと報告に戻ると、物語もいよいよ大詰めという感じです。次の大氷山がラストダンジョンです。

続きはこちら
女主人公エロRPG「GranEnde」製品版感想3(大氷山・エロイベントまとめ)

GranEndeGranEnde