陵辱・寝取りエロゲ「アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の刻印」(catwalkNERO)体験版感想

アナスタシアと7人の姫女神 ~淫紋の烙印~
アナスタシアと7人の姫女神 ~淫紋の烙印~ [catwalk/catwalkNERO]

catwalkNEROさんの新作エロゲで、洗脳・陵辱・悪堕ちものです。体験版では皆に術をかけて従わせるまでが描かれ、エロシーンは5つ見れました。本編は2018/04/27発売予定です。

追記:4/27に発売になりました。
DLSite販売ページ 7,800円、216ポイント還元
DMM販売ページ 7,800円
惑星アースの中心国家であるアスガルド王国は、
主神オーディン及び彼の家族、臣下であるアース神族が統治している。

その勇猛さと美しさで有名なのが、女神アナスタシアが率いるヴァルハラ兵団。
第一王女ブリュンヒルデたち女神たちで構成されている。
アスガルドに敵対する巨人族の国ニブルヘイムの攻略も女神たちの活躍でなんなく退けていた。

しかし、人間と神族のハーフである醜男ロキがパワーバランスを崩す。
コンプレックスの塊であるこの男は、巨人に授けられた<ハック>の能力で、女神たちの精神を支配していくのだった。

主人公なロキが一方的にやられ、捕らえられる

本作の舞台は本格的なファンタジー世界で、北欧神話がモチーフになってました。北欧神話の神・巨人の人物関係を多少把握しておくと、スムーズに話を理解できます。基本的には、神と巨人が激しく対立している世界です。いろいろキャラが出てきますが、ロキが本作の主人公です。ロキは神話では悪戯好き・悪口多めですが、本作でもその通りなキャラ設定になってました。


巨人達との戦いから話がスタートし、劣勢になったロキがヨルムンガンドとフェンリルを召喚します。一般兵士達を圧倒しますが、


女神たちが現れ邪魔をしてきました。人物関係の説明があり、簡単に言うとこの女神達は主人公の敵です(元仲間)。


ロキはブリュンヒルデに好意を持っているものの、身分的に付き合えないし許嫁もいるからと断られてしまってます。ブリュンヒルデは誰にでも分け隔てなく優しい性格で、それをロキが勘違いした模様です。


ブリュンヒルデはジークフリート(イケメン騎士)を尊敬していました。ジークフリートは短小だとロキが侮辱したことに怒り、容赦なくロキを攻撃してきます。


全くかなわず万事休すというところで、ロキが何かを見せ、取り込んだ人間でした。自分を殺せばこいつらも死ぬというと、相手の手が止まります。ちょっと強引な感もある展開なものの、ともかくこれで女神を裸にすることに成功します。


ブリュンヒルデたちの裸体を鑑賞していると、敵の援軍(アナスタシア)が参戦し、ロキはなすすべなくやられてしまいます。アナスタシアは冷酷な性格で、任務遂行のためには人質のことなど全く気にしませんでした。なおロキにとっては、アナスタシアは元ご主人様です。



究極奥義をいきなり使用し、ロキは木っ端みじんに…と思いきや、ブリュンヒルデが身の危険を顧みず助けてくれます。非道なことをされた直後なだけに、ブリュンヒルデの優しさがうまく出てますシーンでした。

ユミルの肉を食べ、特殊能力を会得


城で祝勝報告をし、女神の皆がオーディンを前にして緊張気味です。オーディンがこの神々達のトップで、威厳がいい具合に表現されてました。


続いてハイテンションなフレイと、大人しめなフレイヤが登場します。国のトップなオーディンに気安く馴れ馴れしく話しかけ、困惑気味なオーディンがいいリアクションでした。一方ロキは地下牢へと閉じ込められてます。


牢で苛立つロキに誰かが話しかけてきます。外見はネズミでしたが、中身は炎の巨人スルトでした(ロキより立場が上)。ロキに注目が集まったせいで自分が潜入できたと褒めてくれ、褒美としてユミルの肉をくれました(この肉が重要な役割を果たします)。

こんな気味の悪いもの食えるのかと躊躇するロキですが、このままでは女神達に分離させられて死ぬだけだぞとスルトに促されて渋々口にします。変化はすぐに現れ、苦しみ倒れてしまいました。

スクルドの動きを封じ、陵辱・悪堕ちさせることに成功


気を失ったまま翌日を迎え、スクルドに起こされ、尋問開始です。ロキがからかうと蹴り飛ばされ、かなり粗暴なキャラでした。スルトの居場所を吐けと尋問されますが、ロキは口を割らず。


不意打ち的にロキが近寄って能力発動し、スクルドの動きを封じ、眠らせることに成功します。


ここからエロ展開で、どうすれぱいいかわからないロキに、スルトがレクチャーしてくれます。ロキが女神に精液を中出しすれば、内部から侵食して女神能力が失われるということです。いきなり挿入は難しいということで、まずは顔射して力を少し奪います。


尋問2日目、フェラチオさせたあといよいよ挿入です。スクルドは口は強気なものの、体はロキの能力で動かせず。嫌がるスクルドの動きを封じ、処女を奪い、いい抵抗具合でした。スルトから状況を教えられて動揺する様子もいい反応です。そのままどんどん力を奪われ、最後にはロキ様と言うようになりました。


こうしてスクルドが悪堕ちし、姿も黒系コスチュームに変化します。以降、ロキの手駒として働いてくれました。

学者肌なエルルーンを陵辱


別の牢ではフェンリルとヨルムンガンドが尋問されてまして、暴力的な女神2人になすすべなくやられてしまいます(あとからブリュンヒルデも合流)。


スクルド(悪堕ち済み)がやってきまして、巨人が出たと嘘を言って女神3人をうまく騙して追いやり、フェンリルとヨルムンガンドを救出します。なおスクルドは真っ黒なコスチュームになってますが、周りの女神の反応は特になしでした(いつもと同じように見えている?)。


作戦がうまくいきかけますが、学者肌のエルルーンが、スクルドの様子がおかしいと勘づいてしまいます。誰も入れないように命じられていると止める兵士を眠らせ、ロキのいる牢へと向かいます。


ロキの術に引っかかり、エルルーンも支配下に…と思いきや、術は簡単には効かず。ロキが惨殺されてしまう…かに見えましたが、


しばらくするとピンピンしたロキが現れ、やられたのはデコイだった模様です。隙を突いて術をかけることに成功し、既に悪堕ち済みのスクルドにも協力させて、エルルーンを陵辱開始です。


弱点の耳を中心に責めていき、敏感でいい反応です。この女神は感度が良く、割とすんなり堕ちてくれました。体型的にはおっぱいが美乳でした。シーン後半は立位でハメられての処女喪失です。

おとり作戦に皆が引っかかり、城がもぬけの殻に


回想が入り、ブリュンヒルデと何があったかが語られます。訓練と称してロキが襲いかかって服を破きますが、ここでのレイプは未遂に終わりました。


場面変わって現在の訓練室で、ブリュンヒルデが1人でトレーニングしていると、ジークフリードが声をかけてきます。次は人間の住むミッドガルドに行くということです(=しばらくの間、城へは戻ってこない)。


エルルーン達が堕とされたことはまだ気付かれておらず。皆あっさりと、エルルーンの”巨人が大量出現”という報告を信じて出撃し、城はもぬけの殻状態になります。隙を突いて、フェンリル+ヨルムンガンドがオーディンと戦います。オーディンは力はあるものの、年を取っているということで劣勢気味です。


戦場ではブリュンヒルデたちは戦いつつ何か違和感(妙に弱すぎて不自然)を覚えますが、軍紀に反して勝手に行動するのはためらわれ、戦場から離れられません。そういったことは気にしないアナスタシアがまずは城へと戻り、母親に促され、ブリュンヒルデも後を追って帰還します。


城ではオーディンが奮闘しますが、ロキが加わると勝ち目はなしでした(ロキがオーディンを助けたように描写されますが、実際はこのときやられていて、操り人形状態にされてしまいます)。オーディンによって特赦が得られ、ロキは牢から合法的に出られました。

宴会で精液入りの酒を飲ませ、皆を支配下に置く


祝勝会ということで、ロキが皆に酒(実はロキの精液入り)を振る舞います。変な味だと感じつつも、オーディンが横にいるということで皆断り切れずに飲み干し、これで大半をまとめて支配することに成功です。


女神力の高いブリュンヒルデとアナスタシアだけは術にかかりきらず抵抗するものの、ロキがオーディンを人質に取ると渋々従います。


ブリュンヒルデとアナスタシアによる贅沢なツインフェラがあり、体験版のストーリーはここで終わりです。

アナスタシアなどのエロシーン

終わりにエロシーンダイジェストで、アナスタシア(ゴスロリ女神)・フリッカ・ブリュンヒルデのエロシーンが各1見れました。


アナスタシアは力を失ったオーディンの前で責められます。尿意を操られ、必死に耐える様子が可愛いです。さらにオーディンの前でオナニー強要する屈辱プレイや、頭つかんでイラマチオがあり、最後は耐えきれずにお漏らしでした。


オーディンに見せつけるようにバックでハメ…というところでこのシーンは終わりです。


フリッカはブリュンヒルデの母で、既に一度調教済みのようです。


部屋の外へと連れ出し、城下町の歓楽街の娼館へと向かいます。目隠ししてステージに出され、女王様と同じ名前だぞと観客も困惑します(怪しみつつも顔が隠れているということで、本人だとは気付いていない模様)。口が勝手に淫らなことを言い出したあと、アナルでバナナ切りプレイというレアなシチュでした。シーン後半は少年に正常位でハメられます。


ブリュンヒルデは触手鎧での羞恥プレイのあと、バックでハメです。恥ずかしがる様子がうまく描写されてました。

感想まとめ

キャラ的には、わかりやすく悪人なロキと、善人なブリュンヒルデが対照的でよかったほか、他キャラも個性的でした。キャラデザは悪堕ち時の漆黒コスチュームが雰囲気出ていてよかったです。 堕としたキャラをうまく活用しているのもいい展開でした。

システム的にはオーソドックスなノベルゲームで、選択肢もなく1本道な作りでした。動作は特に問題なく、サクサクプレイできました。

エロシーンはストーリー中にスクルド・エルルーンが各1、ダイジェストでアナスタシア・フリッカ・ブリュンヒルデが各1で、いずれもしっかり陵辱していて満足度高かったです。CG的にも、いずれもクオリティ高く、見応えありました。


アナスタシアと7人の姫女神 淫紋の刻印 [catwalkNERO]

主な過去作品

敗北の淫獣ハンター・月氷姫レイ ~名門女学生と共に触手の苗床にされる美少女剣士~[catwalk/catwalkNERO]
敗北の淫獣ハンター・月氷姫レイ ~名門女学生と共に触手の苗床にされる美少女剣士~

淫獣たちによる非道な調教の数々!美少女退魔剣士や異国の姫が淫獣に種付け……!!容赦ない触手&異種姦の連続に、少女たちの気高い心は堕とされていく――!!

淫堕の姫騎士ジャンヌ2 ~美姫転生~2つの世界でオーガの仔種を注がれ続ける物語~[catwalk/catwalkNERO]
淫堕の姫騎士ジャンヌ2 ~美姫転生~2つの世界でオーガの仔種を注がれ続ける物語~

美しき姫騎士ジャンヌは、現代社会に転生し、女子校生として平和な生活を送っていた。しかし、リブファールが危機に瀕した時、救世主として召還される!その裏には、オーガ族の王・ギドーの影があった!!

淫堕の姫騎士ジャンヌ[catwalk/catwalkNERO]
淫堕の姫騎士ジャンヌ

あの伝説のゲーム『淫堕の姫騎士ジャンヌ』がダウンロード販売開始!! 国を守る美しい姫騎士ジャンヌがオーガやダークエルフたちと戦います。

聖徒会長ヒカル ~淫魔に占領された学園~[catwalk/catwalkNERO]
聖徒会長ヒカル ~淫魔に占領された学園~

catwalkNEROの大ヒットアドベンチャー「淫堕の姫騎士ジャンヌ」のスタッフが送る期待の新作です。気鋭の小説家筑摩十幸による濃厚シナリオ、原画家・亀井の美麗CG、共に前作を大きく上回ります。

異種族の虜姫~せめて人間の相手をさせて!~[catwalk/catwalkNERO]
異種族の虜姫~せめて人間の相手をさせて!~

姫達のお相手は最初から最後まで異種族オンリー!二人は人間とは味わえない快楽の波に溺れていく!人にあらざる者と高貴な姫のハードで濃厚なプレイの数々が楽しめます!!

聖戦姫ヴァルキュア・シスターズ[catwalk/catwalkNERO]
聖戦姫ヴァルキュア・シスターズ

負ければ容赦なし! 悪堕ち、触手、輪姦……人気変身アイドルの姉妹を襲う様々な敗北H!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)