「絆きらめく恋いろは」(CRYSTALiA)体験版感想


絆きらめく恋いろは [CRYSTALiA]

CRYSTALiAさんの新作エロゲで、近未来の刀剣・武術学園が舞台な作品です。体験版では冒頭部とHシーン4つが見れました。本編は11/24発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
絆きらめく恋いろは
主人公、三城刀輝は
刀鍛冶師としての道を進んでいる、叢雲学園の技巧科2年生。

有名な鍛冶師を先祖にもち、自身も注目をあびていたが、
とある理由から刀鍛冶を離れ機械いじりに明け暮れる学生生活を送っていた。
そんなある日、刀輝は三城家の守り神を自称する「かみさま」を
発現させた事を切っ掛けに、運命的な出会いに導かれていく。


いきなりHシーンを見られる形式の体験版です。今回ははまずは”体験版本編”からプレイしました。


主人公が蔵から持ってきた鉄鏡をはめ込んでデバイスを起動すると、神様が登場です。150年も薄暗いところにほったらかしにされていてまずは腹を立てるものの、蘇らせてくれたことに感謝し、願いを叶えてやると言ってきました。主人公の願いは、1000億円くれなどとふざけ半分のあと、”夢中になれる物がほしい”というところに落ち着きました(この時の心境については後ほど改めて描写あり)。


神様に言われるままに2人で夜の散歩をしていると、



怪しい女(上和泉 桜夜)と出くわし、木刀で戦うハメになります。キャラ紹介などからすると、このキャラがメインヒロインのようです。


主人公が通っているのは近未来の武術学園です。”朱雀院 椿”は剣士系の名家の娘で、学園トップの剣の腕を誇ります。家同士の交流があるということで、主人公とは幼なじみな関係でした(椿の方が年上)。


昨日手合わせした女が転校生としてやってきました。口ぶりからすると、主人公のことを以前から知っているようです。


歴史の授業で世界観が説明されました。舞台は日本なものの、首都が大阪になっているなどちょっと違う世界でした。事件の年号も微妙に違い、芸が細かかったです。この世界では霊刀・オリガミの力で明治維新・先進国入りを成し遂げており、このオリガミを発明した刀工が主人公のご先祖様でした。


桜夜に学園の案内をしたあと、夕暮れの海辺で落ち込んでいる少女(藍原 しおん)と出会います。潜在能力はものすごい(数値はプロ以上)ものの、うまく戦えなかったり武器を壊してしまったりで学園をやめようかと悩んでました。救ってやれと神様に促され、助けになりたいと申し出ます。


神様は供え物を求めてきまして、主人公がとりあえず選んだポテチにご満悦です(主人公が食べることで神様に味が伝わる)。そのあと諭してくれ、願うだけではなく自分自身が頑張らないと願いは叶わない的な話をされました。普段軽いノリなだけに、真面目な話に重みがあってよかったです。


翌日は、フリージア・ゴッドスピード(愛称はシア)が登場です。大手銃器メーカーの令嬢で、主人公と同じく鍛冶系でした。武器作りの他、ハッキングして神様を見えるようにするなど、コンピュータ関連にも長けてました。 神様絡みの仕様・斬新な発想を目にして主人公の腕に感動し、弟子入りしたいと言ってきます。


なおお供のメイドさんは椿の姉で、意外なつながりがありました。


帰り道で椿さん+そのライバルと遭遇し、2人が主人公を巡って火花を散らします。


桜夜(草むらで戦った女、転校生)は機械オンチでした。地方から出てきたのが原因とのことです。思い返してみるとしばらく前から何か言いたげにしており、このあたりは慎ましい性格という印象でした。


主人公は刀工の名家の生まれですが、精神的理由で刀を作れずにいました。”夢中になれるものが欲しい”というゲーム冒頭の願いは、結構意味が深い物だったようです。


学園をやめようかと悩んでいたしおんは、もう少し頑張る決意をし、主人公と一緒にトレーニングを開始します。次第に問題点が見えてきて、相手を怪我させるのが怖くて遠慮しているところがあるようです。彼女の欠点を克服するべく、主人公は命がけで特訓に挑みます。


トレーニングルームで、シアが作った面白武器を色々試していくと、想定外のしおんのパワーで屋根が吹っ飛んでしまいます。シアの発想力の豊かさがうまく表現されているシーンでした。


桜夜としおんの模擬対戦で、しおんが何かを掴んだというところで体験版本編は終わりです。


エロシーンは各キャラ1つずつ見れました。桜夜とはイチャイチャラブラブな雰囲気で、正常位Hです。


椿先輩は女性上位で、酔っ払って襲ってきます。お姉さんに翻弄される感がうまく出てました。


しおんはラブホテルで背面座位です。恥ずかしがり具合が可愛く描かれてました。


フリージア(シア)は縞パン姿で羞恥・焦らし系です。我慢できずに放尿してしまったところで挿入という変態なプレイで、男性上位なシチュでした。


まとめ:
近未来と古風な剣術という全然違う要素がうまく組み合わされていて、面白い世界観になってました。ストーリー的にもコミカルなノリと真面目な話のバランスがよかったです。ヒロインたちもそれぞれ悩みを抱えているなど個性的だったほか、神様などのサブキャラもいい味出てました。

システム的にはオーソドックスなノベルゲームでした。剣で戦う場面が何度か出てきたものの、RPGのようなコマンドバトルはなかったです。

エロシーンはラブラブ系や羞恥系のほか、椿先輩は女性上位で、うまくバラエティに富んだ構成になってました。


絆きらめく恋いろは [CRYSTALiA]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)