復讐を誓うお姫様が主人公のエロRPG「流刑の召喚姫 プリステラ」(オドントティラヌス)体験版感想

流刑の召喚姫 プリステラ

流刑の召喚姫 プリステラ [オドントティラヌス]

2/20の予告新作で、お姫様が主人公のエロRPGです(RPGツクールVX ace製)。体験版あり、2015年03月中旬4月下旬発売予定。

追記:7/18に発売になりました。体験版のセーブデータについては、”『7月14日以前の予告体験版』のデータは製品版に引き継ぐことが出来ません”ということです。
DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM 販売なし

製品版感想はこちら
女主人公エロRPG「流刑の召喚姫 プリステラ」製品版感想Part1(~熱帯の島)
王位争いのさなか―――双子の姉に無実の罪を着せられ、島流しにされた姫『プリステラ』
見知らぬ島で目覚めたプリステラは、姉への復讐を誓い、遠い故郷を目指して旅立ちます。
復讐のためなら悪行に手を染める事も厭わない……プリステラの冒険が今始まる!


体験版は主人公のプリステラが捕らえられて牢に連れてこられたところから始まりました。


プレイヤーが動かせないまま話が進みまして、姉に罪をなすりつけられたあと



姉の軍師的な雰囲気の男に無理矢理処女レイプされます。


Hシーン後、魔法の力で遠くに飛ばされまして、ここからプレイヤーが操作できるようになります。まずは広い場所を探して召喚しようということです。

なお立ち絵はWキーで消せます(再度表示させたい場合はQキー)。一度消しても戦闘などするごとに復活してしまいまして、その都度いちいち消すのは少し手間でした(キャラ絵のサイズが大きいので、出したままだと移動しづらい)。


左へ進んでいくと開けたところに出まして、入ると自動的にイベントです。


ここの召還シーンはコメディっぽいノリで、可愛い感じのキャラが呼び出されて出てきました。


会話が終わると村へと自動的に移動しまして、次は村長を探します。


村長宅は右上にありまして、イベント会話のキャラには”EV”や”?”の吹き出しが出ていてわかりやすいです。


村長と話すと売ってくれる船があることがわかりましたが、代金は3000Gと高額です。ここで選択肢が出まして、”3000G払う”の他、”強引に奪い取る”という悪な選択肢もありました。なお付属の説明(数字説明.png)によると、”悪度3以上だと入れないルートが終盤あります”ということです。3は結構すぐいってしまう数値なので、本編ではよく考えてから悪に走った方がよさそうです。


“強引に奪い取る”を選ぶと村長と戦闘になります。なかなか強い相手で、LV1で勝つのは厳しそうでした(敵体力半分あたりまでは削れました)。なお負けても犯されたりなどエロ系シーンはなしでした。


村の北にある看板を調べると、北の山に仲間にできそうな精霊がいることがわかり、フィールド上にある山にEVマークが出て入れるようになります。


中にはザコ敵がうろうろしてます(戦闘はシンボルエンカウント)。先ほどの村長と比べるとだいぶ弱く、LV1・殴りで楽に勝てました。


右上へと進んでいくと山頂に着きまして、ボスと戦うことができます。LV4で挑んでみたところ、惜しいところまでは行ったものの全滅してしまいました。負けてもゲームオーバーにはならず、エロイベントもなしです。今回は回復アイテムを使いまくってしまったため、もったいないのでロードしました。
(追記:このボス敵を倒さなくてもメインクエストは進められる模様です)

宝箱開けたりやザコと戦闘したりしているうちに3000Gたまったので、村長のところに行き素直に払いました。


が、船を動かすには”水神玉”が必要で、それを作るには精液が必要ということです。村長にフェラする羽目になりました。


イベント後、船内に自動的に移動しまして、次の街に進むことが可能になります。初回はアイテム→工業島の地図を使うと行けます。2回目以降は、”大事なもの”の欄にある☆つきのアイテムを使うと移動できます(これを使って最初の村にも戻れます)。


工業島では、街の左にいる闇系の女と話すとイベントが起こりまして、黒い魔方陣からダンジョンに行けるようになります。


ダンジョン内では先ほどより1ランク強い敵が出てきました。先へ進むには魔方陣でワープしていけばOKです。それほど複雑ではなく、適当に進んでいけばボス部屋に着けました。

ボスの”炎の魔龍”は当然ながら先ほどのボスより強く、押され負けてやられてしまいました(LVは6)。スキル的には、デーモン・トレード(服を脱ぐことで回復+パワーアップ)をうまく活用するのが重要そうです。

しばらくザコと戦ってLV7に上げたあと、街で小石を買い込んでから再挑戦してみました。なお一度ボス部屋まで行った後は、入り口にあるクリスタルを調べると直接飛べるので楽です。

戦い方としては、デーモン・トレードは回数が限られてるので、ある程度ダメージ食らってから使った方が効率いいように感じました。召喚獣は敵の攻撃2発食らうと高確率で死んでしまうので、なるべく長持ちさせるために早めの回復が必要でした(主人公ひとりになってしまうと回復間に合わせるのがきつくなる)。


デーモン・トレードを4回使い(全裸状態でさらに使うと褐色肌化して一段と強くなる)、激戦の末なんとか勝てました。スキル特性がもっとわかってくればもう少し楽に戦えそうです。

街へ戻りますと、先ほどの女をどうするかが選べます。どちらも報酬がおいしいので、”少し考える”を選んで保留にしていったんセーブしてから決めるのが無難です。


体を売って金を稼がせる→絶対に体を売って金を稼がせる、を選ぶと、モーアに無理矢理売春させるHシーンが見れます。処女喪失のほかアナルレイプもありまして、いい具合に悪人な主人公の姿が見れました。Hシーン後、精液3つと3000Gが手に入ります。


一方”もっと価値のあるものを持っていないか考えさせる”を選ぶと、モーアのリボン(装備品)と金属(クエストアイテム)が手に入りました(こちらはエロイベントはなし)。モーアのリボンは魔法力や魔防が結構上がって、なかなか良い性能です。


水神玉を作ってくれる職人は、街の右上にいました。モンスターなどから手に入る”金属”を5つ集めてから渡すと話が進みます。


船にガタがきているということで、もうひとり職人を探すことになりました。



工業島に戻りまして、真ん中あたりにいるキャラ(赤髪、?マークが出ている)と話すとイベントが起こります。選択肢は今回は”素直にお願いする”を選びました。


話していると金庫を盗まれてしまうので追いかけます。盗人は街の右上にいまして、話しかけると戦闘になります。何とか勝てたものの(LVは8)なかなか強かったので、先ほどのボス戦で疲弊している場合は服などを回復してから挑むのが無難です。

職人を仲間にしたあと、2000Gと水神玉を渡すと次の街への地図が手に入ります。地図を使って”熱帯の島”に行こうとしたところで体験版は終わりです(引き続きプレイ可能)。


まとめ:
丁寧に作られてて、バグ的な箇所も特になく、快適にプレイできました。ボリューム的にもだいぶありました(やり直し分含めて約3時間)。

ストーリー的には、ゲームの目的が”姉に復讐すること”とはっきりしていてすんなり理解できました。イベント的にも自動で移動したりして進んでくれるイベントが多く、ストレスなく話を進められました。村長とのイベントで戦うかお金払うかをプレイヤーが選べるなど、自由度ある作りなのもよかったです。

ゲームバランス的には、ボス戦はどちらも初回挑戦時は敗北してしまい、歯ごたえあるいい強さになってました。勝つにはザコでそれなりにレベル上げしたあと戦略立てて戦う必要がありまして、無事倒せたときはいい具合に達成感が味わえました。あと戦闘ビジュアル的には、どの敵もいい味が出てる絵でよかったです。

製品版感想はこちら
女主人公エロRPG「流刑の召喚姫 プリステラ」製品版感想Part1(~熱帯の島)

流刑の召喚姫 プリステラ流刑の召喚姫 プリステラ流刑の召喚姫 プリステラ

・過去作品
娼婦さん御一行! &後日談!

娼婦さん御一行! &後日談!

新人娼婦のアリスが、あの手この手でお金を稼ぐRPG。 本編終了後のオマケRPG付き。

白スク魔法使いミコト

白スク魔法使いミコト

お兄ちゃん大好きっ娘が頑張る、陵辱異種姦RPG。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)