Guiltyさんの新作「月明りに悶える孕女」体験版感想


月明りに悶える孕女 [Guilty]

Guiltyさんの新作エロゲで、今作は”25歳までに子供を作らないと不幸に襲われるのでやむなく子作り”という話です。体験版では和風娘・人気アイドル・元カノとその妹など、ヒロイン6人のHシーンが一通り見れました。12/16発売予定。
笹木楓真は、しばらく外国で暮らしていたのだが、
最近帰国して個人の画廊を構えた画商。
親からはよく結婚を勧められるが、
今のところは仕事メインで、結婚などは考えていない。

そんなある日、両親から従兄弟が交通事故にあったと聞かされる。
命に別状は無いらしいけれども、しばらく入院が必要だという。
お前も気をつけろよ、と言われつつ、結婚のことでプレッシャーをかけられる。

そうやって親がしきりに結婚を勧めてくるのは、
楓真の家系に古くから伝わる言い伝えが原因だった。


絵を飾っているシーンから始まり、今作の主人公は画商でした。何年か海外で生活していて、帰国したところです。


ぶらっと町へと出まして、町の雰囲気は栄えた地方都市といったところです。まずは和菓子屋の娘が出てきました。元カノの妹ということで、主人公とそれなりに親しい雰囲気です。


続いて夕方の公園で絵を描いている少女と出会い、この少女とは面識ないようです。主人公が画商ということで、絵絡みの話になりました。和菓子をあげると少し雰囲気が和みます。


自宅に戻ると親と電話で、25歳までに子供を作られないと呪われる家系ということが説明されます。オカルト臭い話ですが、実際親戚は事故に遭ったということで、信憑性がうまく表現されてました。


翌日歯医者へ向かい、ここでも久しぶりの再会があります。主人公が海外行く前に付き合っていたという元カノです。仕事中ということで他の患者が次々来まして、ここではゆっくり話せず。


続いてバーへ向かい、スーツ姿の女性(ジュエリーデザイナー)と会います。この人は25歳の呪いのことを知っており、相手がいないなら探してあげると冗談めいて言ってきました。


夜の町を歩いていると、和菓子屋前で金髪ポニーテール女(今人気のアイドル)とぶつかります。


最後の一個をどちらが買うかで言い争いをしていると、あとから来た他の客に取られてしまいました。


自宅に戻ると親から電話が入り、お見合い的な話を設定されてしまいます。主人公は断ろうとしますが、絵を買ってくれるかもと聞くと断るわけにもいかず。翌日待ち合わせ場所で待っていると、和服姿のおっとりした女が現れました。


主人公は絵の話をしているつもりですが、向こうは子作り・セックスの話と思っているようで、ここで(セックス)するんですか?と話がかみ合いません。コント感あって面白いシーンでした。


女側にもなにか事情があるようで、主人公となんとか結ばれようと焦っている感がありました。主人公は急に迫られてびっくりといったところで、何もせずに帰ります。


ここで鉄骨が落ちてきたり車にはねられそうになったりと次々危機に遭います。自分の身に起こったことで、さすがに言い伝えのことを迷信と笑い飛ばせなくなり、真剣に子作りを考え始めました。


和菓子屋に寄ると悩んでいるのがバレてしまいます。言い伝えのことを打ち明けると、あっさり子作りをOKしてくれました。若干唐突感がありましたが、元カノの妹ということで、前から主人公に気があったようです。



セックスシーンは純愛系で、ビジュアル的には和服Hでした。


翌日仕事場にジュエリーデザイナーがやってきまして、


打ち合わせが終わったあと一緒に飲むことになり、セクハラ系の愚痴を聞かされます。酔ったせいもあってか、子作りに協力してあげると言い出しました。


ホテルに場面変わってエロシーンです。格好などは経験豊富な大人の女という雰囲気でしたが、いざ挿入しようとすると様子がおかしく、実は処女と打ち明けてきます。


シーン後半は主人公がやる気になり、攻守逆転です。女と違って主人公はそれなりに性経験あるようでした。


町を歩いていると画家女と再会です。相変わらずつれない反応ですが、自分の家にアトリエがあるというと目の色が変わりました。主人公がうまく気を利かせて、家に連れていくことに成功です。


主人公のことがわかってくるにつれて雰囲気も良くなり、当面ここに住むことになります。お礼をしたいと言いだし、主人公もつい言い伝えのことを明かしてしまいました。協力しますということでエロ展開です。


まずは手コキからで、しごくのに夢中になってイカされてしまいました。さらにフェラと続き、もういいからとやめさせようとしてもやめてくれず。夢中になると止まらなくなるというこのキャラの性格がうまく表現されてました。


翌日は芸能事務所へ行って絵の相談です。ここには先日ぶつかったアイドルが所属してました。絵に関心があるようで、2人きりで会いたいと向こうから誘ってきます。


バーに場面が変わり、ある画家(彼女の祖父)の絵の収集を頼んできます。詳しい事情はまだわかりませんが、作品を残らず全部集めて欲しいとのことです。


帰り道では歌ってる様子が描写され、人気のアイドル感がうまく出てました。


翌日和風女と町で遭遇します。前回恥をかかせた詫びという感じで、今度は主人公側から誘ってエロ展開です。



エロシーン前半は和やかに和姦、後半は主人公が強引に攻めます。



翌日、収集を頼まれていた絵の一枚が見つかりました。予想以上の額で、人気アイドルといえどもすぐには支払えず。体で支払えと冗談気味に持ちかけるものの、ここでは断られてしまいます。


翌日連絡があり、ホテルの一室を指定されます。人気アイドルに体で払うと宣言されて、主人公も動揺します。あんたに死なれたら私も困るからということで、理屈は通ってました。


エロシーンはピンク系の下着が似合ってました。なおアイドル的な衣装は、少なくともこのシーンでは出てこず。



シーン後半は主人公が焦らしたりなど、積極的に攻めます。


続いて歯科衛生士の女といい雰囲気になります。これまでは仕事中ということでゆっくり話せませんでしたが、ここでじっくり話ができました。元カノということで言い伝えのことを知っており、協力すると言い出します。



ホテルに移動し、まずは手コキ・フェラです。元カノということで既に弱点を知られており、的確に攻められました。


後半はバック気味の挿入です。主人公側も相手の弱点を知っており、こちらもどんどん的確に攻めます。自室へと戻り、誰を本命にしようか悩む、というところで体験版は終了です。


まとめ:
かなりボリュームある体験版で、たっぷり楽しめました。ヒロインも自然な流れで順に出てきまして、主人公との関係などが無理なく把握できました。和菓子屋の横取られや和服女の勘違いなど、適度にコミカルなシーンが入るのもよかったです。

システム的にはオーソドックスなノベルゲームで、変わった要素はなかったです。選択肢も体験版ではなしでした(中出し・外出しもなし)。

エロシーンは各キャラ一通り見れ、個人的にはアイドルと元カノが印象に残りました。前者は今人気のアイドルという感じが、町の噂話などでうまく表現されてました。後者は、元カノということで、あれこれ言わなくても主人公と気持ちが通じ合ってる感がよかったです。知的で上品・安心感のある雰囲気も、主人公とお似合いという感じでした。


月明りに悶える孕女 [Guilty]



・シリーズ過去作品
夜這いする七人の孕女[Guilty]

夜這いする七人の孕女

いないものと思っていた父が亡くなったという知らせを受け、父の故郷の島へ向かう雅也。そこで、雅也は夜な夜な夢を見るようになる。“毎夜、違う女性がやって来て、淫らに迫ってくる”という夢を──

手籠めにされる九人の堕女[Guilty]

手籠めにされる九人の堕女

兄の影武者を演じながら、村の女たちを淫らに堕とす――「男の双子は不吉」という迷信のため、母親とともに村を追い出された雅人。村の権力者となった兄に、そして実家である九条家に復讐するため、雅人の蹂躙劇が幕を開ける!

夜這いする七人の孕女2[Guilty]

夜這いする七人の孕女2

夜の訪問者達に誘われる、甘美で淫らな日々、再び──叔父夫婦に呼ばれ、代わりに村で働く事になった雅紀だが、夜な夜な奇妙な夢を見るようになる。“村で出会った女性たちと、代わる代わる淫らな行為を繰り返す”という夢を――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)