アイドル枕営業ものエロゲ「手垢塗れの天使」製品版感想

手垢塗れの天使 [あかべぇそふとすりぃ]

6/24発売(ダウンロード版は7/8発売)の新作で、仕事を得られず追い詰められたアイドルが枕営業に手を染めていくという作品です。貴重な枕営業もので、腹黒・毒舌感満載な裏の声モードが面白かったので購入してみました(ダウンロード版を購入)。

DMM販売ページ 3,024円

体験版感想はこちら
切羽詰まったアイドルが枕営業「手垢塗れの天使」体験版感想
「繋ぎは作ってやる―あとは自分で何とかするんだな」
突き放すようなその言葉をいぶかしむ嶺衣奈。
理解が及ばないまま連れていかれたのは、彼女一人では入ることすら
ためらうような高級ホテルのレストランだった。


体験版で見れたテーブル下でのフェラ→騎乗位のあとは、他にも枕営業しているアイドルが事務所にいると聞いて誰なのか知りたがります。枕営業しているアイドルは、もう一人の女キャラ”アイリ”でした。主人公はロッカーに隠れてその様子を見ることになります。


アイリはノリノリでHを楽しむように枕営業し、卑猥なセリフも抵抗なく言っていきました。


枕営業を楽しんでいる姿を見て主人公は軽蔑し、自分はああはならないと決意します。


CMの仕事を得られましたが、もっと仕事が欲しいと考えた主人公は他の男にも枕営業することにします。次はTV局のプロデューサー(竹下)が相手でした。他のアイドルもプロデューサーに対して同じように媚びを売っていて、主人公は早くしないとと焦りを見せます。


車内での会話後ラブホテルに入り、エロ内容は69→対面座位でした。


場面変わって念願のテレビ出演です。これまでのようなちょっとした出演ではなく、今回は主人公が主役でした。


番組終了後の打ち合わせで、主人公側から積極的にエロ行為を持ちかけます。ノーパン状態でテーブル下で手マンしてもらい、周りにスタッフがいる中でイかされてしまいます。打ち合わせが終わったあとは、バックでハメられでした。


そんな感じで主人公の知名度は上がっていき、いつもと同じようにプロデューサーに媚びを売るものの、反応が態度がこれまでと変わり忙しいと断られてしまいます。


主人公は状況をなかなか認めたくない感じでしたが、電話中に他の女の声が聞こえてきて、飽きて捨てられたことを認識します。


この後数人はテキストのみのダイジェストで、6人目のカメラマンまで飛びます。撮影現場に行くとアンリがハメられているところに遭遇しました。


撮影後終わったあと、他のアイドルの写真を見せてもらうべくフェラチオです。行為途中でカメラを奪い、他アイドルの写りのいい写真を削除してしまうという珍しい展開でした。ラストは強めに握って精液絞り出します。


次はドラマのオーディションを受けることになります。オーディションが終わって帰ろうとしたところで、アンリが審査員に媚び売っているのを目撃し、負けられないと自分もアピールすることにします。話に無理矢理割って入り、アンリは予定外の展開に困惑顔でした。


アンリ・審査員と共にバーに移動します。審査員の反応からこのままではアンリに負けてしまうと感じた主人公は、プロデューサーに嘘の話を言って電話をかけさせてアンリを事務所に帰させます。自分がのし上がるためには手段を選ばないという感じになってきました。


2人きりになったあとは、しゃぶしゃぶ店に移動して口移し→騎乗位です。


オーディションの結果が出て、アンリ共々ドラマに出られることになります。騙されたアンリは怒ってもよさそうなところですが、これといって罵っては来ず(結局女同士の対立・修羅場的なものは本作ではなしでした)。


ここまでは仕事を得ることばかりでファンの話は一切出てきませんでしたが、ここでファンの話が出てきました。無名時からずっと熱心に応援してくれているファンがいるようです。



サイン会前半が終わったあと、控え室で新たな有力者と遭遇します。カメラマンの態度からすると相当な大物のようです。主人公はいつものように枕営業することにします。

主人公的にはフェラチオに自信持ってるようですが、この男はよほどされ慣れてるのか、これまでの男と違って今ひとつ反応が良くありません。途中で男が主導権握ってイラマチオで、Sで鬼畜な印象です。Hシーン後半はバックでした。

午後のサイン会では、バイブ入れたままファンの対応をすることになるサイン会もの王道の展開です。 感じ具合で言うとこの場面が一番激しかった印象です。イってしまいバレそうになるものの、なんとかごまかしてファンの応対をやり通しました。


頑張った甲斐あり、人気バラエティー番組で1コーナーを獲得できました。収録後、チャラそうな雰囲気の司会者男に声をかけられます。この男に大した権限はないだろうと判断した主人公は誘いを断りますが、対応を誤りにあとで気づき、慌てて謝りに向かいます。



プライド傷つけられた男はかなり怒っている様子で、ここまでになく緊迫した雰囲気でした。車内では直球な質問をされます。エロシーンは、男のアナルを舐めさせられたりなどアブノーマルな感じでした。


続いてパーティで三条院(ドラマオーディション時の審査員)の息子(聖也)と顔を合わせます。主人公のファンらしいですが、無邪気で世間知らず・人の話を聞かないという扱いにくいキャラでした。


仕事をくれる有力者の息子ということで断れずに付き合うことになり、温泉旅館で行為に及びます。これまでの男のような理屈が通じないため主人公的には相当やりにくいようで、ここまで見せることのなかったイラだった態度が表にも出てきました。


大きなパーティの司会を任されたあと、三条院に指導されながらの聖也とのセックスシーンです。息子の下手具合を知ってあきれ果てるという、なかなか珍しいシチュでした。


自宅に帰ってニュースを見るところから一気に重苦しい展開になり、そのままエンディングを迎えることになりました(ネタバレにつき内容は伏せます)。エンディングラストの演出は、パッチ1.01を当てると真相テキストが追加されました(なお”演出強化部分のテキスト内容は社内ライターが執筆しております”とのことです)。

クリア後は裏モードを選べるようになります(コンフィグでテキスト・ボイスそれぞれのモードを切り替えられます)。テキスト表、ボイス裏(もしくはその逆)でやることもできるものの、テキストとボイスが一致しないのはややこしく、少し試してみましたが脳が疲れました。一方テキストとボイスを両方同じにすると理解は楽ですが、ここのセリフは表では何だったかなという場面も時々ありました。(テキストウインドウサイズ的に難しいとは思いますが)神崎蘭子方式(セリフのあとに訳を併記)が選べてもよかったかなと思いました。


まとめ:
システム的には、選択肢は一切なしの1本道な作りで、ルート・エンドは1つのみでした。読みやすいフォントで、動作も問題なかったです。

ストーリーについては、前半は枕営業でのし上がり、後半になると次第に雲行きが怪しくなっていき、ラストを迎えるという展開でした(詳しくは伏せますが、少なくともハッピーエンドではなかったです)。これはこれでリアリティあるいい終わり方だと思いますが、”大きな賞を取るなどトップに上り詰めた状態で終わる”、”大物有力者とラブラブになり結婚して玉の輿引退”、”アンリと同じようにHに溺れてほどほどの地位で満足してしまう”エンドなど、後味の良い終わり方があってもよかったかなと個人的には感じました。

登場キャラについては、業界の大物達のほか、扱いにくいバカ息子も出てきてバラエティーに富んでいてよかったです。唯一の女キャラなアンリは終始ほわっとした雰囲気で、怒る場面は全くなしでした。女アイドル同士のドロドロした修羅場・嫌がらせはなかったです(主人公が枕営業して仕事取った裏で蹴落とされてるアイドルはいるものの、主人公は”そんなこと気にしていられない”というスタンスで話の表には出てこない)。

エロシーンについては、枕営業で考え得るパターンが網羅されていて満足度高かったです。内容的にも同じような物が少なく、バラエティに富んでました。なお絡みはいずれも男相手で、主人公とアイリのレズや3Pはなしでした。

Hシーンのテキスト・ボイスは表と裏とで大きく雰囲気が変わり、いい変化具合で面白かったです。裏では他作品ではなかなか聞けない赤裸々な罵倒系セリフがこれでもかと繰り出され、声優さんの演技が感情入っていて非常によかったです。

手垢塗れの天使 [あかべぇそふとすりぃ]


・関連作品
快感! SPOT☆LIGHT

快感! SPOT☆LIGHT [ディーゼルマイン]

人気アイドルになるため、田舎から上京してきたヒロイン。
初めてのオーディションで枕営業を持ちかけられ、戸惑いながらもOKすると、
処女だったにも関わらずセックスの気持ちよさに目覚めてしまう。

レイドル ~淫辱に堕ちた性人形~ ワイド画面/Windows8.1動作版

レイドル ~淫辱に堕ちた性人形~ ワイド画面/Windows8.1動作版 [CYCLET]

煌びやかなステージ――
そこでスポットライトを浴びているのは
アイドルの「桜井 結衣」の姿だった。
清楚系で売り出している彼女だが実際は高飛車な性格であるため
マネージャーである「村上 慎」にいつも不満をぶつけていた。

肉欲接待プロデュース ~穴がブッ壊れるまで使ってやる~

肉欲接待プロデュース ~穴がブッ壊れるまで使ってやる~ [黒鳥]

津田雅人(つだ まさと)は過去に自分を裏切った 『女』 という存在を憎みながら
自堕落な生活を送っていた。
そんなある日…昔の知り合いが 『美味い話』 を持って来た。
女を使って金を稼ぎ、性欲も解消出来る… そんな美味い話。
この機に女へ復讐しようと決意した雅人は偽プロデューサーとなり、
芸能プロダクションを舞台に… 女を物として扱う常軌を逸した復讐劇を始める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)