催眠ものエロRPG「催眠貴族」(クリメニア)体験版感想

催眠貴族

催眠貴族 [クリメニア]

10/10の予告新作で、貴族の男が主人公の催眠ものエロRPGです(RPGツクールVXAce製)。体験版あり、2015年10月下旬発売予定。

追記:10/29に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)

製品版感想はこちら
催眠術エロゲ「催眠貴族」(クリメニア)製品版感想
貴族の青年ヨハンは、伯父であるアロン公ゲオルグのもとに居候していたが
彼の妻であるオクタヴィアに疎まれ、屋敷を追い出されてしまう。

悲嘆にくれるヨハンだったが、偶然であった悪魔に催眠術を教えてもらい
オクタヴィアとその娘イサベルへの復讐を開始するのだった。




中世な雰囲気の世界が舞台で、貴族の気弱男が主人公です。ヒロイン2人は貴族感あるいいドレス姿で、表情もいい感じに偉そうです。

叔父は主人公に跡を継がせたいようですが、叔父の妻(オクタヴィア、赤ドレスの婦人)は自分の娘に跡を継がせたく思っており、そのため主人公は疎まれてます(明らかな嫌がらせなどは今のところされていない模様)。叔父は妻に頭が上がらないという感じでした。このあたりの人間関係の説明は複雑になりがちですが、わかりやすい会話ですんなり理解できました。



動けるようになったあとは下へと進んで屋敷から出ます。出ると自動的にイベントが起こり、悪魔が出たと住民が騒いでます。会話が終わったら屋敷へと戻ってOKです。


屋敷へ戻ったあと叔父に話しかけると、しばらくの間屋敷から出てくれないかと提案してきまして、街の小さな家で暮らすことになります。



もうおしまいだと諦め気味な主人公ですが、夜の街を歩いていると悪魔に遭遇し、催眠術を授けられます。催眠術は、最初の段階だと下級冒険者にはなんとかかかる(=上級冒険者にはかからない、一般人には楽々かかる)といった感じでした。


催眠術を強化するにはダンジョンにある”闇のクリスタル”(全部で4つ)が必要ということで、これを集めていくのが本作の目的です。

説明が終わるとゲーム開始です(オープニングを飛ばすとここからスタート)。いきなりダンジョンに行くこともできますが、その前にやっておいた方がいいことがいくつかありました。


まずは屋敷に戻って(普通に入れて話ができます)、オクタヴィアに催眠術をかけます。これをやっておかないと、2日目夜に暗殺者に寝込みを襲われ殺されてしまいます。最初は偉そうな態度をとるオクタヴィアですが、意志が弱いのか催眠術がばっちり効いて”裸で過ごすのが当たり前”と思いこませることに成功しました。


エロシーンは翌日以降に再訪して話しかけると見られます。ドレス1は洋服店に赴き、店主に裸を見せつけるというシーンです。いい巨乳に描かれてました。


湯浴みのシーンではされていることに疑問に感じる場面があり、催眠の緊張感がうまく表現されてました。


↑のセリフからすると、何日目かまでに(おそらく10日目)最初のクリスタルを手に入れないとゲームオーバーになりそうです。
(追記:何もせず10日経過させてみましたが、女騎士はやってくるのみで、主人公が捕まったり殺されたりすることはなしでした=焦らずのんびり進めてOK)


街の道具屋(街出入り口の右上)でも催眠術を使えまして、これをやっておくとポーション10個持った状態でダンジョンに入れます(毎回自動補充)。なお使い残しがあってもため込むことはできませんでした(=全部使い切ってから街に死に戻るのが理想)。


最初に催眠術をかけた女冒険者は、街右手の酒場の入り口付近にいます。”ダンジョンへ行かせる”を選ぶと、欠片20~30個(手に入るのは家で寝た時)を拾ってきてくれます(説明によると”まれに闇のクリスタルを持ってくることもあります”とのことです)。行かせたあと主人公自身もダンジョンへ行けるので、毎朝ダンジョン行く前にやっておくのがよさそうです。なおほかに2人冒険者がおり、この2人はこのあと闇のクリスタルを手に入れていくと催眠術がかかるようになります。

なお[D]などの表示は必要ランクで、初期状態では[D]のコマンドのみ可能でした(闇のクリスタルを手に入れると主人公のランクがC、Bと上がっていきます)。


ダンジョンへは街の下から出ると行けます。まずは素直に一番下位のダンジョンからやっていくのがいいと思います(いきなり中級に行くこともできましたが、敵が強く勝つのは難しいです)。


戦闘はシンボルエンカウントです。主人公は最初はスキルを持っていないので通常攻撃で殴ります(この後レベルを上げていくと呪文を少しずつ覚えました)。CTRLキーで早送りができましたのでどんどん使っていくといいですが、死んでしまうと街に戻されるので注意です(=ポーション使い残しがある状態で死んでしまうともったいない)。

逃げるは9割方成功しましたが、逃げまくって闇のクリスタルのところまでたどり着いてもボス戦があり、初期状態or2~3レベル上げた程度ではまず勝てないです。最初の何日かは欠片を集めてレベルを上げていくのが無難です(集めた欠片をアイテム欄から使うことでレベルを上げられます、自動では上がらないので注意)。


東の方に進んでいくとザコ敵の種類がインプに変わり、この敵はMP吸収攻撃を頻繁に使ってきます。この先にいるボスにはファイアが有効だったので、ボスに挑もうとしている時は逃げるのが無難です。


3日ほどレベル上げをしたあとLV18でボスに挑み、ファイアをMPなくなるまで使う→なくなったら殴り(適宜ポーションで回復)で無事勝てました。

レベルアップに必要な欠片個数(~LV20)
LV10→11: 35個
Lv11→12: 40個
Lv12→13: 45個
LV13→14: 50個
LV14→15: 55個(ファイア取得)
LV15→16: 60個
LV16→17: 65個
LV17→18: 70個
LV18→19: 75個
LV19→20: 85個
LV20→21: 95個



これで[C]のコマンドができるようになりましたほか、酒場にいる↑の男に催眠術がかかるようになり、女冒険者と同様にダンジョンに行かせられます(なお老冒険者にはまだ催眠術かからず)。


この男は盗賊で、[C]秘密を聞き出すを選ぶと鍵開けのスキルを教えてもらえます。このスキルは次の中級ダンジョンで役立ちました。


屋敷に赴き、イザベラ(娘の方)に話しかけると催眠術がかかります。母親と比べるとこちらは頭が切れ、催眠術かけたことに気づかれました。なんとかして主人公の催眠術から逃れようといろいろ手を尽くしてきまして、落としがいがありそうです。




買い物1は全裸のまま買い物に行かせるというシチュです。店に着いたところで正気に戻して全裸なことに気づかせ、帰りは必死で見つからないようにしながら帰ってくるという羞恥系です。催眠をうまく使ったいいシチュでした。



調査1は催眠術にかかっていることを忘れさせ、主人公から情報を聞き出させようとするシチュです。フェラチオすれば情報を言うと催眠術で思い込まされ、自分からフェラチオしてきます。いいアングルで、手袋やドレスや大きなリボンもうまく描かれてました。


ほかに教会(街の西側)にはシスターがいました。意志が強いようでまだ催眠はかからず。


最初のダンジョンでもう少しレベルを上げてから次に進もうかなと思い、レベルを上げてから戻ったところ、クラインがいきなり闇のクリスタルを持ち帰ってくれました。クリスタル入手する確率はそれなりにあるようです。


これで[B]もできるようになり、老冒険者(マンフレート)に催眠術がかかるようになりました。老冒険者は欠片を200程度持ち帰ってくれまして、レベルが低いうちはこの分だけで2~3レベル程度上がります。早い段階でここまで行けると展開が楽になります。

最難のダンジョンを見学に行ったあと戻ってくると、マンフレートがクリスタルを持ち帰ってくれました。これで労せずして[A]ができるようになりました。



これで教会のシスターにも催眠術がかかるようになり、裸姿が見られました(エロシーンは体験版ではなし)。ここでは主人公のブラックな面が少し顔を出し、男を誘わせて堕落させることが可能です。


既にクリスタルは入手済みですが、”閉ざされた扉のダンジョン”を探索してみました。名前通り扉が多数あり、鍵(全部で6種類)を順に手に入れ先へと進んでいくという作りでした。それなりにレベル上がっていても全部倒していくのはきつく、クリスタル狙いの時は適当に逃げながら進むのがいいと思います。


“突き出す岩のダンジョン”は所々が岩でふさがれており、これはマンフレートから教えてもらえる”岩砕き”で破壊できます。構造的には最初のダンジョン同様の迷路状でした。あとはザコ敵に回り込まれる率がほかと比べて高めでした。


クリスタルを先に取ってしまったためここがボスか不明ですが、東の方の↑が怪しい感じでした。
12/24追記:コメントで情報戴きました。”画像から左に行って上に行ったマップの上の真ん中くらいにある”とのことです。


最難の”鬱蒼と茂る森のダンジョン”は、迷いの森的な構造です。進んでいくと骸骨から”赤い花を目指せ”というヒントが手に入りました。


ザコ敵は500以上のダメージを普通に出してきましてきついですが、LV30あたりから頑張れば倒せるようになりました。ここではスライムがマナアップ(最大MP+30)やガードアップ(防御力+3)を結構な確率で落とします。ほかにアンデッド系には炎呪文が有効でした。

モンスター特徴:
赤スライム → 攻撃力アップを使ってくる 3回程度使われると一発1000近く食らう
青スライム → 頻繁に身を守ってくる スライム類の中では楽な部類
緑スライム → ヒールを高確率で使ってくる さっさと逃げるのが無難?
スケルトン → ヒートサイクロン(LV30で取得)でかなり削れる


何度かダンジョンに入り直しているといきなり↑のように花2つなことがあり、そのまま花2つを維持したまま上へと何フロアか進んでいくとクリスタル部屋にたどり着けました。


ここのボスはウィンドスピリットで、炎呪文が有効です。まずはLV30で覚えられるヒートサイクロンでMP使い切るのがいいと思います。敵体力はかなりあり(8000以上?)、LV35まで上げましたがまだ倒せてません。敵攻撃力はボスにしてはそれほど高くなく、ここのザコと同程度という感じでした。

レベルアップに必要な欠片個数(LV21~LV35)
LV21→22:105個
LV22→23:115個
LV23→24:125個
LV24→25:135個(詳しいレベルは忘れましたがこの近辺でフレイム取得)
LV25→26:145個
LV26→27:155個
LV27→28:165個
LV28→29:175個
LV29→30:195個(ヒートサイクロン取得)
LV30→31:215個
LV31→32:235個
LV32→33:255個
LV33→34:275個
LV34→35:295個


そんな感じで10日経過すると、↑の金髪女騎士がやってきました(教会前にいます)。


ランクAだと催眠術をかけられまして、ダンジョンに行かせることが可能なほか、1人でやってきた理由も聞き出せました。なお体験版はここで終了です(もうベッドで寝ることができない)。


追記:気づくのが遅くなりましたが、酒場右の↑から上に進むと武器屋に行けました。


“日数経過とともに武器・防具が届きます”ということなので、初日にやっておくのがよさそうです。

10/12追記:
クリスタルを持ち帰る確率がどの程度か+冒険者を強化したらどのくらい効果があるのか、アイラで実験してみました(ベッド脇でセーブして結果を見たあとロードを繰り返す)。結論から言うとアイラがクリスタルを持ち帰る確率は相当低いようで、計80回やりましたが一度も持ち帰ってはくれませんでした。最初のダンジョンに関しては自力でクリアしてしまった方が早そうです。あと数レベル強化した程度では目に見える効果はなさそうでした。

・持ち帰った欠片の個数
LV1、1日目
32,28,26,24,34,27,34,25,25,19,24,30,23,17,18,16,20,19,29,20,25,35,31,24,15,20,35,21,19,24,24,31,28,27,16,17,17,25,24,31
40回の合計979(平均24.4)

LV5、2日目
24,35,24,25,35,23,16,30,35,18,20,31,17,31,34,31,35,21,33,24,25,17,15,23,15,21,32,18,26,23,31,29,16,25,27,31,19,27,27,35
40回の合計1024(平均25.6)



10/12 PM4追記:バージョン1.01にアップデートされました。内容は武器屋の修正など(↑のように残り日数を教えてくれるようになりました)。
・誤字の修正
・魔力の欠片使用時に最初の数値が0になるように修正
・OPで屋敷と市街の移動ができない不具合を修正
・武器・防具が届くまでの日数を短縮
・マリウスがあとどれくらいで武器・防具が届くか知らせるように変更
・回復アイテム、武器・防具の取り寄せについての説明を自宅に追加


武器防具が届くと↑のような表示が朝に出まして、自動的に装備一式が手に入ります(=いちいち武器屋に確認しに行かなくてOK)。親切でいい仕様でした。


まとめ:
催眠がうまいことストーリーのメインになっており、いい内容でした。ランクが上がると催眠術かかる相手がどんどん増えていくというのが面白くてよかったです。ストーリーも主人公の置かれた状況がわかりやすく説明され、ゲームの目的もクリスタルの入手と明確でした。

ダンジョンのゲームバランス的には、1番目と3番目のダンジョンは迷路状、2番目は扉と鍵が多数、4番目は迷いの森でなかなかボス部屋にたどり着けない、といずれも少々ストレスたまる作りでした。ボスもかなり強く、倒すにはザコでかなりレベル上げをする必要がありました。幸い冒険者がそれなりの確率でクリスタルを取ってきてくれるので、攻略が面倒な場合はこれに頼るのがいいと思います。(なお作者さんブログによると、”ダンジョンは冒険者を使うことを前提にしているため面倒くさいです”とのことです)

エロシーンはいずれも催眠術をうまく活かした内容でした。個人的にはイザベラの強気具合(なんとかして催眠術に抗おうとする)が印象に残りました。CGもフェラのシーンなどがよかったです。

催眠貴族催眠貴族催眠貴族

・過去作品
salvation1.07

salvation1.07

王女シルヴィアと二人の従者が世界を救うため、いやらしい格好をさせられて旅をするRPG

WITCH ACT

WITCH ACT

魔法使いの少女ヒルデガルトが悪い魔法使いを退治していくRPG。

民間正義会社~正義のためなら陵辱も枕営業も耐える!~1.04

民間正義会社~正義のためなら陵辱も枕営業も耐える!~1.04

悪の秘密結社と戦う正義の味方ナツメが、敗北して陵辱されたり、活動資金のために枕営業したりします。

聖騎士オリアーヌ ~敗北の先に待ち受けるもの~1.10

聖騎士オリアーヌ ~敗北の先に待ち受けるもの~1.10

正義の女騎士が敗北し陵辱されるRPG

Luxuria

Luxuria

新米魔法使いアイシャが、セクハラされたり売春したりするRPG。