催眠ものエロゲ「催眠学園3年生」体験版感想

催眠学園3年生 [筆柿そふと]

筆柿そふとさんの新作で、シナリオ:NATORI烏賊さん・原画:大崎シンヤさんの催眠ものエロゲです。体験版では冒頭部分がプレイできました(Hシーンあり)。本編は2017/03/31発売予定です。

体験版ダウンロードはこちら
催眠学園3年生
主人公はさえない風貌で、人付き合いも苦手な三流大学の学生。
あるとき、ゴミの中からオモチャの銃のようなもの拾い、
ひょんなことからそれが催眠導入をすることができる機会だと知ります。
そして、その機械を活用して、普通ならなれるはずもない、お嬢様女子校の教育実習生になってしまいます。
そこで彼は自分の欲望の存分に満たしていくことに…。


まずは装置を手に入れる経緯が語られ(なお”いいから話を飛ばす”を選ぶと学園のところまでスキップできます)、ゴミ捨て場を漁っておもちゃ風の銃を手に入れます。


厳重に梱包された上に、わざわざ破壊されているというのが不気味です。使ったことで何か不幸な目に遭ったのか気になるところですが、体験版では装置の危険性については描写なしでした。中身を取り出し、適当な別の外装に移植します。

忘れてぐだぐだしていると、セールスマンがやってきました。先ほどの銃を向けると催眠がかかり、追い払うことに成功します。


これは本物の催眠装置だということで、その後催眠について勉強し、うまいこと理事長と知り合って学園に教育実習生として学園に入り込むことに成功します。


校内を歩いていると険悪な雰囲気の女(加古綾香)が話しかけてきます。本作のヒロインは高飛車な英語教師、フレンドリーな養護教員、優等生な生徒会長とこの女(どちらも主人公に敵対的)の4人でした。


敵対的な女が多いですが、


養護教員だけは普通に接してくれました(ただこの女も内心は警戒してます)。


教育実習期間に入ったところでキャラ選択です。選ぶ前にセーブしておくといいです。


まずは失敗してもダメージ少なそうな養護教員を選んでみました。あっさり催眠がかかり、生理周期や処女であることなどを聞き出します。



催眠はさらに続き、下着を見せてもらうことに成功です。セクシーな黒下着とかなりの巨乳でした。乳揉みし、ぶっかけたところでこのシーンは終わりです。


終わりに選択肢が出て、どちらを選ぶかで次回のH内容が変わります。(ここも選ぶ前にセーブ推奨)



翌日再度キャラ選択があります。先ほど羞恥心~を選んだ場合は、性教育の教材を撮影すると思い込ませてセックスするという展開です。ハメられながら実況という、催眠ならではのいいシチュでした。


選択肢のセーブデータをロードし、今度は喜んで自分からを選択します。ヘッドマウントディスプレイでAV見せられながらのオナニーで、ビッチ少女たちの体験談を聞かされるうちに夢中になってオナニーしまくります。


痴女動画を自分で探すように仕込んだところで終わりです。普段の真面目な姿からいい具合に変化していて、催眠ものの王道な展開でした。


キャラ選択をロードし、次は女教師を見ていきます。このキャラには体が動かない催眠をかけました(脳内の意識は正常なまま)。主人公を口汚く罵りつつ、恥ずかしい質問には口が勝手に動いて正直に答えてしまうのが屈辱感あっていい展開でした。


続いて乳首(陥没乳首)オナニーさせ、感じさせまくって最後は失神です。



翌日は空き教室に連れ込み、前日に続いて体を操ります。意思に反して服を脱がせ、裸に黒パンスト姿で対面座位のポーズです。肯定的なことしか言えなくなってしまっており、キスなどしたくないのにもかかわらず、口は勝手に動いてキスしたいと言ってしまいます。


シーン後半は自らパンスト破かせての騎乗位Hで、意に反して処女を失い悔しげな感情がうまく表現されてました。


続いて優等生(城崎琴美)を見ていきます。陵辱ゲーの優等生というと温厚・見た目で判断しない温和キャラなことが多いですが、このキャラは主人公への敵意をむきだしにしてきます(いわゆる猫かぶりキャラ)。

ゲーム序盤の会話では主人公が何か大変なことを企んでいるのではと推測もしており、今のところの印象ではこれが一番やっかいな相手という感じでした。親友と2人同時に攻めるか、片方だけかを選べます。まずは片方を選びました。


女教師同様、こちらも体の動きを縛ります。可愛い声で口汚く罵ってくるのがいい具合にアンバランスでよかったです(CV:佐倉もも花さん)。


感情的には嫌でたまらないものの、動きを操られていて逆らえず、卑猥なポーズを取らされてしまいます。



尻穴を攻められると気持ちいい・幸せになるという催眠をかけられ、自らアナルパールで快感を味わうというなかなかレアな展開でした。


一方2人同時を選ぶと屋上に場面が変わり、舌で舐めると気持ちよくなるという催眠をかけます。主人公の指を舐めることで気持ちよくなるという展開でした。


体育系女(加古綾香)には、男を見つけたら皆に危害が及ばないように射精させるという催眠をかけます。


このシーンは女視点で描写され、暗示の通り強引に手コキです。催眠+女性上位というのはなかなか珍しい気がしまして面白かったです。男性器の弱点がわからず、なんとかしてイかせようと頑張ります。ようやく射精させるものの、勃起は収まらず。さらに手コキが続きました。




次の日は体育館へ赴き、更衣室で(男が)尻穴を攻められます。



一方2人同時を選ぶと教室に場面が変わり、幼児退行でした。おしっこをしたいということで教室で放尿させたあと、クリオナさせます。このシーンは主人公に対しての敵意的な物はなく、大人な人格との違いがうまく表現されてました。


まとめ:
話的には王道な催眠ものですが、それぞれ違う攻め方をしていて、飽きずに面白く読めました。システム的にはオーソドックスなノベルゲーム(時々選択肢あり)で、凝ったシステム的な物はなかったです。さくっと全シーン埋められました。

エロシーンは各キャラ2~3ずつ見られ、充実した内容になってました。個人的には体の動きのみ制御(女教師)の、口汚く罵ったり意に反して求めてしまうシーンがよかったです。

催眠学園3年生 [筆柿そふと]


・主な過去作品

催眠術Re

主人公の青木直人は、ごく一般的な男子学生。
家は二世帯住宅で、最近結婚した兄夫婦と、兄嫁の妹が一緒に住んでいます。
あるとき、祖父から主人公へとDVDが送られてきました。
そのDVDの映像には祖父が映っており、『催眠術のかけ方』を伝授するというのです。
最初は馬鹿馬鹿しいと思っていた主人公でしたが、好きな子への告白を失敗してふられてしまい、
それをきっかけに催眠術を悪用しようと決意することに。
ところが同級生の男にも、ひょんなことでDVDが渡ってしまいます。
そうして、催眠術で女の子を操ろうと目論む男が、もう一人……。

催眠術2

桜井進は内向的な少年で、色々なことを諦めて生活していた。
生真面目な母親の小言、それに反抗もせず従うこと。
学院でのイジメに卑屈な笑みを浮かべて耐えること。
それを冷ややかに見つめる幼馴染の視線を受けること。
唯一の安らぎは、叔母の家での家庭的な夕食の時間だけだった。
ずっとこんな虚無的な日々が続くのだろうと思っていた。ある男に出会うまでは……。

催眠術3

いささか暗い過去と、歪んだ性癖を持ちながらも、温かな家庭と親友によって、まっとうに生きてきた主人公。
ところがふとしたことで「催眠術」という力を得て、それを用いてしまいます。
彼の欲望はエスカレートしていき、「家族」や「親友」などという、自分にとって大切なものまで壊していくことに……。