金髪エルフがセクハラされる「ルビアの試練」(スタジオ名瀬)体験版感想

ルビアの試練

ルビアの試練 [スタジオ名瀬]

9/6の予告作品で、長耳金髪エルフがセクハラされたり催眠姦されたりするという作品です(戦闘はなし)。RPGツクールMV製、体験版あり、2016年11月下旬発売予定。

追記:11/25に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
DMM販売ページ 1,512円、280ポイント還元
主人公は年頃のエルフの少女。”試練”を受けるために父親と共に人間の町を訪れるところから
物語りは始まる。
“試練”とは人間の町で一定期間アルバイトしながら生活して自立能力を示すというもの。
慣れない環境、町人からのセクハラ、少女は無事”試練”をクリアできるのか!?


最初はエルフの村から始まり(オープニングはスキップ可能)、綺麗なマップグラフィックでエルフの里感がうまく出てました。画面中央右寄りにいる男(主人公の父親)に話しかけると村を出発します。


目的の町に即到着し、挨拶と説明が終わると動けるようになります(オープニングをスキップするとここからスタート)。


まずは町を歩き回ってバイト先を探します。町左下にある酒場(ビールのマーク)に行くと雇ってもらえました。町の広さは2画面ほどと狭めで、探すのは楽でした。


バイトは翌日からです。宿屋へ戻り、パパに報告したあと自室(宿屋左端)で寝ます。本作はバイト→自室で寝る、を繰り返すのが主な流れになりました。



酒場で働くと、客に手をかけられて胸が丸出しになってしまいます。この段階ではエロ行為にかなり抵抗あり、怒って思わず酒場を出ていってしまいます。


冷静になったところで反省し、翌日また酒場へ向かいます。エロ客に少し慣れて、セクハラ行為を多少受け流せるようになってきました。


翌日は他のところへ行ってみようということで道具屋(町左上)へ向かいます。


道具屋では、混乱ポーションとその治癒薬の効果をを試したいと持ちかけられます。主人公はどうも頼まれると断れない性格のようで、引き受けてしまいます。


混乱状態は酔っ払いのようで、尋ねられたことをぺらぺらしゃべってしまいます。酔った表情がうまく表現されてました。


顔に肉棒擦り付けられたあと顔射され、エロ行為が終わったところで混乱治しを飲ませれて正気に戻ります。混乱していた時のことは覚えておらず、なかなか珍しいシチュでした。


毎日就寝前に何気なく飲んでいる宿室の飲み物ですが、なにかよからぬものが混入されているようです。数日たったところで男達が入ってきて、すっかり眠りこけて無抵抗のところをハメられてしまいました。


処女だったらしく、これで処女喪失です。シチュだけ見ると鬼畜な感じですが、起きたあと落ち込んでる様子はあまりなく、暗さはそれほどなかったです。



続いて町の右下にあるお風呂へ向かいます。女湯は奥です。入浴していると男達が入ってきまして、セクハラされるかと思いましたが、男達は結局何もせず出て行ってしまいました。


続いて町左上にある道具屋へ向かいます。今度は混乱ポーションの実演販売をするハメになりました。


混乱しているのをいいことにうまく騙してフェラさせます。混乱・泥酔な表情がうまく描かれてました。


部屋に戻ると男達が夜這いしてきまして、



このあたりから次第にエロへの抵抗が薄れてきました。


次は風呂へ向かいます。前回に続いて混浴で、勃起していることに嬉しくなって手コキしてしまいます。



続いて酒場へ向かいます。自分から積極的に股広げてお客を誘います。格好はウエイトレス服+紺ハイソで、シチュとうまくマッチしてました。




銭湯へ向かうと地下に案内され、娼館が広がってました。特に嫌がる様子はなくお客とHです。



体験版はここで終了で、終わりにCGが2シーン見れました。


まとめ:
コンパクトにうまくまとまっていて面白く遊べました。システム的には、戦闘やダンジョン探索といった要素はなく、さくさくエロシーンだけ次々見ていけました。町が狭めということもあってゲーム進行も特に詰まる箇所はなく(総当たりしても大した時間はかからない)、ゲームテンポよかったです。

エロシーンは体験版とは思えないほど多数見られまして、満足度高い内容になってました。セクハラは最初は強引気味でしたが、次第にエロに抵抗なくなっていき、体験版終わりの方では自分の方から積極的という感じでした。いい変化具合でよかったです。雰囲気は全体的に明るめで、無理矢理・陵辱感は薄めでした(最初の睡眠姦のシーンで若干鬼畜感がある程度)。

ルビアの試練ルビアの試練ルビアの試練