女主人公エロRPG「ラティスSOS!~Happening&Panic~」(Fielだぁ’s Choice)体験版感想

ラティスSOS!~Happening&Panic~

ラティスSOS!~Happening&Panic~ [Fielだぁ’s Choice]

4/4の予告新作で、配達員と精霊使いの女の子が旅をしていくという作品です(RPGツクールMV製)。体験版あり、2017年08月下旬発売予定。
マジメでおっとりしつつもどこか抜けている少女、ラティス。
そんな彼女と旅を共にするのは明るく人懐っこい自称看板娘のエナオ。

世界の命運とは特に関わりの無いような小さな旅の中で、
2人は少しだけ前に進みます。



主人公が配達して回るところから話は始まり、 動けるようになったら右下に見える家(友人の精霊使い宅)へ向かいます。


返事が返ってくるはずの精霊から返事がなく、心配になって様子を見に行くことになります。本作はこの子と2人で旅することになりました。


上へと進み、橋を渡って右に進むとワールドマップに出ます。右にある”精霊の森”に入り、



話を聞いたあと、右上へと進むとツタに引っかかってスパッツ丸見えなイベントが起こります。


奥へと進むと精霊の元気がないのを目にし、エリクサーで何とかしようということになります。


そんな感じでエリクサーの材料を集める旅が開始です。まずは”ケイトゥの実”を買いにエスケ村へ向かいます。


精霊の森を左上に進むと敵が出現しました(シンボルエンカウント)。敵の動きは遅く(あまり向かってこない)、数も少なめなので回避は楽です。



エスケ村にはハートマークのエロイベントがいくつかありました。入り口の少年にはスカートをめくられて、スパッツを観察されます(恥ずかしくないフリをするものの、内心は困惑)。



奥の少年は乳を揉んできました(軽く揉まれるだけで終了)。



右上(村入ってすぐ)の建物が宿屋で、泊まると腰あたりを凝視されるイベントが見れました。


メインストーリーは村長の家(村の右下)で話を聞くと進みます。エリクサーの材料の”ケイトゥの実”は洞窟で栽培しているとのことですが、魔物がいて中に入れなく、なんとかしてほしいと頼まれました。話が終わったらワールドマップに出て、右にある”XYの洞窟”へ入ります。



道を塞いでいるワニはおしっこ好きで、要望に応じてヒロイン(精霊使いの方)が放尿することになります。羞恥感がうまく表現されてました。話が終わったら奥へと進んで洞窟に入ります。




洞窟内ではXとYがスイッチになってます。押しながら進んでいくと、上の方のボス部屋(!マークがボス)に入れるようになりました。



初回時はうっかりLV1で来てしまいやられてしまいました。敗北エロは特になく、その場で復活です。

ここでいったん戻ってザコでレベル上げをしました。入る経験値が多めなため、サクサクレベルが上がり、割と短時間でLV7まで上がりました。ボス戦は、エキュールを倒してしまえばあとは楽です。スキル技はエナオのニードルショットが有効でした(約300ダメージ)。



勝利して村に戻ったら宿に泊まると話が進み、右隣の部屋でエロイベントです。村長に頼み込まれ、おっぱいを吸わせることになります(体験版では本番は選択不可)。


続いて森へ向かい、↑の箇所は一見わかりづらいですが左側の陰の部分を通れました。


!を調べると水浴びイベントです。少年に服を盗まれてしまい、慌てて追いかけるというところで体験版は終了です。


まとめ:
うまくまとまった内容で、特に詰まる箇所もなくさくっと面白くプレイできました。

ストーリーは、次やることが明確でわかりやすかったです。イベントも次々いい具合に起こり、飽きずに楽しめました。2人のメインキャラも対照的な性格で、いい組み合わせでした。

戦闘の難易度は簡単めで、さくさくレベルが上がるのがよかったです。あとは敵の数も少なめで、楽に探索していけました。

エロイベントはセクハラ系がメインで、絵柄とうまくマッチした明るめのノリになってました。

ラティスSOS!~Happening&Panic~

ラティスSOS!~Happening&Panic~ [Fielだぁ’s Choice]


・過去作品
自称魔法少女リェコット 私がセクハラされる理由

自称魔法少女リェコット 私がセクハラされる理由

セクハラ・羞恥・盗撮・放尿がメインのRPGです。 明るい作風と舐めまわすようなテキストのギャップをお楽しみください。

SIMPLE500 ルチェッタの処女道中

SIMPLE500 ルチェッタの処女道中

本作品はオーソドックな短編RPGです。 ライトなエッチやセクハラによって構成されています。 エロRPGにおいて村でのやりとりに趣を置いている方はどうぞ。