娼館経営SLG「ビフレストの魔物娼館」(ミッドナイトプレジャー)製品版感想

ビフレストの魔物娼館

ビフレストの魔物娼館 [ミッドナイトプレジャー]

11/23発売の新作で、娼館経営もののエロSLGです。ちょうどいいゲームバランスで、魔物娘のキャラデザインもよかったので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,944円、360ポイント還元

体験版感想はこちら
娼館経営SLG「ビフレストの魔物娼館」(ミッドナイトプレジャー)体験版感想
酒の勢いで挑んだギャンブルに大敗した主人公は、死神と名乗る少女から借金を催促され、期日以内に返済できないと人生が終わってしまう。
借金返済のあてが無い主人公は、少女に言われるままに
異世界での奴隷娼館の経営をする事になってしまう。
果たして彼は借金を返済する事ができるのか……



序盤の金稼ぎは販売斡旋所を中心に考えていくといいかと思います。売却価格はハーピーで60000~80000、ワーウルフで80000です(要求レベルによって違いあり)。何を狙うか選ぶ際は、残り日数を見て決めるのが確実でした(残り3日のとかを慌てて狙っても間に合わない)。

しばらく日付を進めていくと、オークションというのが出ることがありました。ここでは珍しい魔物娘を落札することができます。



アルビノハーピーは”萎縮の歌声”という特殊スキルを持っており、このスキルは1日1回のみ客を追い返すことができます(画面左下に出るボタンを押すと追い返せます)。性病持ちや粗暴(相手をすると体力を大きく削られる)が来た時に便利です。他に属性”希少種”は売春報酬が1.3倍で、長い目で見るとかなり大きいです。8000Gで落札できました。

便利ではありますが、なくてもアイテムでなんとかなるので、金がぎりぎりな場合や枠が空いていない場合などは無理に落とさなくてOKです(ゲーム後半になり店ランクが上がっていくと性病持ちは来店しなくなり、このスキルを使う場面は使う場面は次第に減る)。なお欲しくない魔物娘だった場合は、いきなり”降りる”を選べばすぐに帰れます。


そんな感じで進めていき、Day7が終わったところで最初の返済です。返済時の選択肢は、エンドに関わる重要な選択でした。ミリアエンドを見たい場合は毎回上(選ぶとエロシーンが見られます 初回は足コキ)を選び続けます。ただ1周目でミリアエンド(エンドNo.1)は結構きつかったので、1周目は下(次回以降はアイテムをねだれる)でもいいかと思います。


2週目のノルマは12万Gです。斡旋所で1キャラ売れば難なく達成できました。


再びオークションが出たので行ってみたところ、今度はアラクネが出ました。アラクネは虫族属性で、効果は精神消費-20%・売春後待ち時間-20%などです。他に調教で精神が回復し、このキャラについては精神の心配はさほどいりませんでした。見た目も綺麗な色合いで好みでしたので、今回はこのキャラをメインで使っていきました。


施設拡張は各3段階で打ち止めです。なので一度に持てる魔物娘は最大6体でした。娼館の接客に余裕ある場合は、1枠空けておくとオークションの時に慌てなくて済んで楽です。



店舗ランクが上がっていくと奴隷市場で買える魔物娘の種類が増えていき、ランク3ではミノタウロスやスライムなどが買えました。ミノタウロスは体力・精神力共に高くて調教しやすいのが、スライムは性病にかからないのがウリです。


アイテムも次第に種類が増えていきました。最大値の上がる”体力ドリンクEX”や”精神回復薬EX”は、お金に余裕がある時などに買っておき、引き継ぎ予定しているキャラに使っていくといいです(使用回数制限はないようで、最大体力100を超えたあともどんどん上げていけました)。



フェアリーやダークフェアリー(オークション)は体力が低く、調教するのはなかなか大変でした。こういったキャラは施設拡張の”調教師の館”(預けることでステータスアップしてくれる 料金はかからないものの、預けている間働かせることはできない)を使うと効率よくステータスアップできます。


3週目のノルマは25万です。この週3日目に、ストーカー男に襲われるイベントが起きました。内部的なフラグはわかりませんが、展開的にはどちらを選んでも同じ結果になりました。


4週目のノルマは50万です。本作は基本的に5週目で終わりなので、このあたりからどのエンドを狙うか考えながらプレイしていくと回収効率いいです。エンディングにはミリアエンドなどの他、(ハーピーなどの)魔物娘個別エンドがありました。個別エンドに行くには、MAXの愛情を5まで上げて夜這いエロシーンを見たあと、最終日に出る選択肢で意中のキャラを選べばOKです。

あとは(いずれのエンドでも)クリア後の引き継ぎプレイで1キャラのみ引き継げるので、誰を引き継ぐか意識して、集中して育てたりアイテムを使っていくと調教のロスが減ります。


5週目のノルマは100万です。1周目だと、売春で稼げるのはこのあたりでも1日12~15万程度止まりなのできわどい額でした。


今回は斡旋所の要求値に2キャラ達していたので、これを売って100万達成できました。もし最終日になっても斡旋所の要求レベルに達せず苦しい場合は、払い下げで売るという手もあります。販売斡旋所で売れないキャラでも払い下げ(調教画面の一番下にあります)なら売ることができ、ある程度育ててあるキャラはでそれなりの額になりました(引き継げるのは1キャラのみなので、それ以外のキャラは残しても売っても同じ)。(なおミリアエンドを狙う場合はまだゲームが続くので、それ以外でなんとかする)

Day:35が基本的には最終日です。エンドがいくつかあったので、ここのセーブデータを残しておくのがいいかと思います。娼館エンドに行く場合は、このタイミングでステータスアップアイテムを引き継ぎ予定キャラに使い切ってしまってOKです(アイテムや持ち金は引き継げない)。


今回は”ミリアとの未来を希望する”と”娼館経営を続けたい”の選択肢が出ました。後者を選ぶとここでエンディング(娼館エンド)です。


いずれのエンドでも、スタッフロール後に引き継ぎ用のセーブデータを残すことができました。引き継ぎプレイを開始するには、引き継ぎ用のセーブデータ(黄色で表示されます)をロードすればOKです。


一方”ミリアとの未来を希望する”を選ぶと話が続き、”ミリアとノワールを助ける”を選ぶとさらにもう1週間ゲームが続きます。ノルマは170万で、1周目だと少々きつい額でした。

無事貯めきるとトゥルーな感じのエンディングです(ミリアエンドNo.1)。なおいずれのエンドも終わったあとはタイトル画面に戻り、ノルマ・残り日数などを気にせずプレイできるフリーモード的な物はなかったです。(Ver1.01でエンドレスモードが追加されました “娼館経営を続けたい”を選ぶと行けます)


引き継いでの2周目は、1周目と比べると格段に楽でした。引き継ぎキャラのおかげでノルマ額は楽に達成でき、娼館ランクもガンガン上がっていきます。あとはCGROOMの埋まってない箇所を埋めることや、引き継ぎキャラをアイテムでどんどん強化することをメインに気楽にプレイできました。


オークションでは他にも色々キャラが出てきました。ダゴンの色違いのクラーケンはスキル”癒しの旋律”を持っており、休憩時間を1日1回のみですがカットできます。メイン嬢を使った直後に高額キャラが来てしまった場合に有用でした。


スライムの色違いのジェリープリンセスは、淫乱が初期値で☆5などステータス高く、調教をしなくても即一線で使えます。スキル的には軟体(売春後待ち時間-75% 来客が少ない序盤は1人でも回せる)、性病無効が便利です。



天使は初めの調教が大変ですが(調教師への預け入れも拒否される)、一度堕としてしまえばあとは楽です。スキル的には”神聖”(満足度3倍)が効果大でした。

なおどのキャラも、売春を重ねていくと特殊スキル(看板娘・女王様)がつきます。特に”女王様”(体力消費-40%・精神消費-40%・売春後待ち時間-70%)は非常に便利でした(すぐに休憩が終わるので、1日にかなりの回数働かせることが可能)。


毎週の選択肢でアイテムを選び続けた上で、6人全員の愛情度を★5にして(何人必要かなど詳しい条件は不明)最終日を迎えると、”娘達とハーレムを楽しむ”という選択肢が出現します。これを選ぶと回想のミリアのページの、エンドNo.3が埋まりました。


11/29追記:Ver1.01でエンドレスモードが追加されました。最終日に”娼館経営を続けたい”を選ぶと(他エンドを選んでしまうと行けないので注意)、スタッフロール後にDay:36になり、以降ずっとプレイできます。なお画面右上に借金返済と表示されますが、実際には返済の必要はもうないです(”あと1日”が終わっても何も起こらず、”あと7日”に戻る)。


まとめ:
完成度高いゲーム内容で面白かったです。丁寧に作られた良作という印象でした。意地悪な要素は特になく、さくさく快適にプレイできました。

ウリの魔物娘は種類豊富(色違い抜きで14種類、色違い込みで19種類)で、性格・スキルも魔物娘の特徴がうまく反映されたものになってました。ステータスアップアイテムのおかげで、キャラ性能差をプレイヤーがかなり埋められるのもいい点で、自分が好きなキャラを☆7まで上げることができました。あとはハーピーなど性能がさほど高くない店売りキャラにも個別エンドがしっかりあるのも好感が持てました。

難易度的には、各週のノルマが1周目でも割と楽に達成でき、簡単めという印象でした(特に2周目以降は楽で、後半金が余りまくりました)。好みのキャラの調教に集中でき、ちょうどいいゲームバランスだと思います。

エロ要素は調教(各キャラともソフト4つ・ハード4つの計8つ)の他、愛情度を上げていくと別途イベントが起こりました。各キャラの特徴がうまく反映されたイベント内容で、次第にこちらに心を許してくれて親密になっていく様子もうまく表現されてました。

ビフレストの魔物娼館ビフレストの魔物娼館ビフレストの魔物娼館

・過去作品
くノ一陵辱伝 紫陽花

くノ一陵辱伝 紫陽花

くノ一を操作し、敵に捕まると陵辱される隠密ステルスアクションRPGです。基本CG30枚、総CG枚数272枚。