娼館経営SLG「ビフレストの魔物娼館」(ミッドナイトプレジャー)体験版感想

ビフレストの魔物娼館

ビフレストの魔物娼館 [ミッドナイトプレジャー]

4/29の予告新作で、男主人公がモンスター娘達を働かせて借金を返していくという作品です。体験版あり、2016年07月下旬11/23発売予定。

追記:11/23に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,944円、360ポイント還元
酒の勢いで挑んだギャンブルに大敗した主人公は、死神と名乗る少女から借金を催促され、期日以内に返済できないと人生が終わってしまう。
借金返済のあてが無い主人公は、少女に言われるままに
異世界での奴隷娼館の経営をする事になってしまう。
果たして彼は借金を返済する事ができるのか……


主人公が目覚めるところから話は始まり、前夜に酔ってギャンブルをして借金を抱えたとのことです。これを返していくのが本作の目的になります。



冒頭部は死神の指示通り進めればOKでした。まずはモンスター娘を買いに向かいます。まずは3000Gのハーピーとワーウルフを買うことにしました。なおモンスター娘は最初は3体まで店に置けます(この人数は施設拡張→奴隷の部屋で増やせます)。


続いて買ってきた娘を調教します。このあとの接客で得られる額は、これで上げられるステータスによって変化しました。ずっと店に出す場合は好きな項目を自由に上げていっていいですが、売りとばす予定の娘は項目を限定して上げていくと効率いいです。たとえばハーピーの場合、売るには淫乱のレベルが2必要でした(他項目は不問、詳しくは販売斡旋所で確認できます)。



反応はキャラによってまちまちで、ワーウルフは強気に抵抗したりなどキャラ特徴がうまく出てました。


“売春フェイズ”を選ぶと夜に時間が変わり、接客開始です。客の好みを見て、手持ちの娘から1人選んで相手をさせていくという流れになります。ボーナスは好みが合致したときの他、処女の場合もつきます。


1日の終わりには、接客の有無にかかわらず全員の体力・精神が少し減ります。最初のうちは気にならない小さな値ですが、後半になってくると結構きつい物がありました(これでとどめを刺される場合もあり)。



1日目の稼ぎで手持ちが10000G超えたので、2日目にダゴン(10000G)を購入しました。人魚系の可愛い娘ですが、右下の説明にあるとおり精神の値が低いので注意です。


そんな感じで調教→接客を進めていくと、店舗ランクが上がりました。店舗ランク2になると、調教が1日4回できるようになります。


“道具調達”では回復アイテムなどを買うことができます。品揃えは以下の通りで、日によって変わりました。なお在庫は各日それぞれ1つのみです(まとめ買いはできません)。

1日目 1/4:まだ買えない
2日目 HALF: 体力ドリンク(3000G、体力50回復) フェロモン剤(5000G、魅力アップ→売春価格アップ) えっちな本(3000G、経験値アップ)
3日目 3/4: 体力ドリンク 精神回復薬(5000G、精神30回復) 媚薬(10000G、発情させることで快楽値が上がりやすくなる)
4日目 満月:体力ドリンク ローター(20000G、自動で淫乱が上がる[未実装]) 利尿薬(2000G、ワーウルフの調教で必要になる)
5日目 3/4:体力ドリンク 精神回復薬 性病治療薬(500G、性病を治す)
6日目 HALF:体力ドリンク フェロモン剤 えっちな本
7日目 1/4:体力ドリンク 精神回復薬 媚薬
8日目 NEW:体力ドリンク ローター 利尿薬
9日目 1/4:体力ドリンク 精神回復薬 性病治療薬

どれを買っておけばいいかですが、精神は回復アイテムなしだと後半全員尽きてしまう可能性大なので、精神回復薬は出る日を覚えておいて毎回買っておくのがいいと思います(3人とも同じ頃に必要になるので、必要になってから買おうとすると間に合わない)。あとは性病持ちの客がいつ来るかわからないので、性病治療薬をひとつ持っておくと安心です。


1周目は6日目に3人とも精神が一桁になってしまい、行き詰まってダゴンが精神崩壊してしまいました。精神崩壊すると↑のように回復アイテムが使えなくなり、売っても10Gにしかならないため実質死亡です。こうなる前に回復アイテムを使う必要がありました(もしなってしまった場合はロードするのが賢明)。


ひととおり流れがわかったところで1日目から改めてやってみました。今度は回復アイテムを早めに使うようにし、7日目に早くもノルマの10万Gを達成できました。2~3日目あたりでは果たして達成できるのかという気分になりましたが、後半になると1回の接客で1万G超えることも珍しくなく、1日あたり3~4万の勢いでどんどん持ち金が増えました。





調教を進めていく上では、店で買える媚薬が効果大でした(他にはワーウルフは満月時に自動的に発情します)。効果は1日で終わってしまうので、使う場合は体力ドリンクと併用し、媚薬使った娘を集中的に調教すると効率いいです。使うとかなりステータスの上がりがよくなり、10000Gの元は取れる印象でした。あとは表情もいい感じに発情感が出てます。


お金に余裕ができてきたところで施設拡張を見てみました。精神崩壊させないように精神のやりくりするのが一番きつかったので、”奴隷の部屋”で人数を増やして1人あたりの負担を減らすか、”娯楽施設”で営業終わりに精神が自然回復するようにするのがいいと思います。体力については、少なくとも体験版の時点ではだいぶ余裕ありました(もし調教できないほどまで疲弊しても、毎日買える体力ドリンクで回復できる)。なお施設は買うごとに必要額が上がっていき、たとえば娯楽施設の場合は5万→15万といった具合に結構な額上がりました。


精神崩壊対策は、精神回復薬を使うほかに、精神減った娘を販売斡旋所で売り飛ばして新規に雇い直すという方法もありました。キャラ的には精神の多いワーウルフあたりが適役です。必要項目以外のステータスは不問なので、最初から必要項目に絞って調教するのがいいと思います。(あとはステータス画面の”払い下げ”で常時売ることができますが、こちらだと額が安いのでオススメはしません)


店舗ランク3にすると、奴隷市場でサイクロプス(20000G)が買えるようになります。なかなか珍しい単眼キャラでした。


体験版は10日目朝で終了です。ノルマの10万Gあればにこやかに終わりますが、もし達成できていなければ殺されてしまいゲームオーバーです。
(11/26追記:最新の体験版のVer1.00dではこれは変更になっており、7日間で5万Gがノルマです)


まとめ:
よくできていて面白い風俗店経営ものでした。”発売までに改良予定”とのことですが、今の段階で十分完成度高かったです。やれることは多すぎず少なすぎずでちょうどよく、ゲーム目的もノルマ額を稼ぐこととはっきりしてました。ビジュアル的にも、各モンスター娘の特徴がうまく出てました。

難易度的には、勝手がわからない1周目はやや難しく感じましたが、コツがつかめた2周目はノルマの10万を難なく達成できました。体験版後半は1日2~3万稼げたので、序盤はノルマあまり気にせず、焦らずじっくり進めていけばよかったです。どちらかというとノルマよりも精神崩壊させないように精神やりくりしていくのが難しく、早い段階で奴隷の部屋と娯楽部屋の拡張ができると楽になりそうでした。

接客では、客によって好みが大きく違うのが面白かったです。客の好みとばっちり合う娘がいるなどすると予算以上の報酬をもらえることもあり、いい具合に達成感が味わえました。

調教は最大でソフトが4項目、ハードが4項目の8項目から選べました(ステータスレベルが上がるにつれて選べる項目が増えていく)。上げるのはそれほど難しくなく、項目によっては体験版の段階でMAXの5に到達するものもありました。エロ内容はダゴンなら触手コキといった具合にモンスター娘の特徴とうまくマッチしており、よく考えられてました。他には各ステータスが上がっていくと(服従・愛情が関係?)主人公に対して好意的なセリフ・振る舞いに変わり、変化具合がはっきりしていてよかったです。

製品版感想はこちら
娼館経営SLG「ビフレストの魔物娼館」(ミッドナイトプレジャー)製品版感想

ビフレストの魔物娼館ビフレストの魔物娼館ビフレストの魔物娼館

・過去作品
くノ一陵辱伝 紫陽花

くノ一陵辱伝 紫陽花

くノ一を操作し、敵に捕まると陵辱される隠密ステルスアクションRPGです。基本CG30枚、総CG枚数272枚。