男主人公エロRPG「ハーレムファンタジー この世を救うは善か悪」(神乳)体験版感想

ハーレムファンタジー この世を救うは善か悪

ハーレムファンタジー この世を救うは善か悪 [神乳]

6/1の予告新作で、男主人公が巨乳女達と世界を冒険していくという話です(RPGツクールVXAce製)。体験版あり、2016年07月下旬発売予定。

追記:7/28に発売になりました。
DLSite販売ページ 2,052円、57ポイント還元
DMM 販売なし
洞窟を進むと、一つのクリスタルに出会う。
そして仲間に加わる3人のナイスバディの超絶美女。

加わった仲間と共に、クリスタルに導かれ啓示を受ける。
青年の記憶を取り戻しながら旅を続け、
いつしかそれは世界を救う旅となる……。

この世を救うは善か悪か……。


主人公が洞窟に落ちてくるところから話は始まり、どうやら記憶喪失なようです。


戦闘は、ツクール製作品では珍しいFF式のサイドビューバトルです。軽快な動きで、サクサク進みました。


洞窟をどんどん進んでいくと出口の先でボス戦になりますが、このボスがなかなか強かったです(初見時はやられてしまいました)。LV1のまま挑んでしまうとまず勝てないため(LV2でもかなりきつい)、宝箱からポーションを3つ回収し、適当にうろうろしてLV3まで上げてから挑むといいです。LV3までいくと最初は40しかなかったHP上限が162になり、(敵のスタン攻撃の頻度にもよりますが)ボスをさほど苦戦せず倒せました。


無事勝利するとクリスタルからお告げを聞き、女を捜すことになります。

外へと移動したあとは南へと向かいます。森では善悪2パターンあるイベントがあったので、入る前にセーブしておくといいです(オートセーブは当然ながらどんどん上書きされていくため、あてにするのは危険)。


森を下へと進んでいくと女が襲われている現場に遭遇し、選択肢で善人的な行動を取るか悪人的なことを考えるかを選べました。本作はこのような選択肢でどちらを選ぶかで、善悪ゲージが変化していくというシステムになってます。


選択肢で上を選ぶとゲージが善寄りに動き、ゴブリン3体と戦闘になります(こちらを選ぶとエロはなし)。


一方選択肢で下を選ぶと悪寄りで、ゴブリンたちにレイプされるエロシーンが見られました。

女を助けたあとは名前決定画面です。名前はこの先頻繁に呼ばれ、デフォルトの”???”のままだと少々ややこしいことになりました。文字はESCキーで削れます。


左上に”GUESTSPEAK”と出ている状態でAキーを押すと、↑のようなちょっとした会話ができます。


トパア村に着くともう一人女(モニカ)が出てきまして(助けた女の姉)、主人公とこの後旅をすることになるのはこちらの女です。主人公が記憶喪失と聞くと城の兵士なのではと目星をつけ、城まで一緒に行くことになります。


先に行って待っているという武器屋は村の左上にありました。


お金は最終的にだいぶ余ったので、どんどん買い物してしまってOKです。今回はここでポーションを10個ほど買っておきました。


村を出たあとはフィールドを北西方向へと向かいます。途中壊れた橋がありますが、ここはまだ渡れないので気にしなくてOKです。



ヴィダルサスーン城内に入ると、兵士などが皆透明人間になってました。奥へと進んで王からお姫様の話などを聞き、女兵士が仲間に加わったあと、北にあるという旧城に向かいます。


旧城入り口では巨乳エルフがおり、森が枯れていくのをなんとかすべくこの城に来たとのことです。


エルフが仲間に加わったところで場面が変わり、仮面を着けた謎の人物に姫が捕らえられている様子が描写されます。


姫のシーンが終わると旧城探索を開始できますが、出てくる敵はなかなか強かったです。LV1だとこちらの最大HP(40)と敵ダメージ(30~40)が大差なく、死亡者続出になりがちでした。少し手間はかかりますが、外のフィールドをうろうろして仲間3人をLV2~3にしてから城の探索を開始すると楽です。なおもし死人が出てしまった場合、トパア村の宿屋に泊まればOKです(あとは宝箱から手に入る蘇生アイテムを使うという手もあり)。



城を奥へと進んでいくと、↑で扉が閉まって閉じ込められてしまいます。ここでは主人公が巨乳を見ながらオナニーして精液を出すことになりました。


姫の様子も引き続き挿入され、早く行かないとという緊張感がうまく表現されてます。


ボス戦は2体が相手ですが、HPはどちらも大差ない感じでした。行動は前が攻撃力高め、後ろがファイアなどの魔法を使ってきてどちらもやっかいです。今回は後ろの魔術師(謎の仮面)から倒しました。レベル的にはLV4~5で問題なく勝てました。


ボス戦後、王が代金を踏み倒したことがそもそもの発端と明かされ、うまくまとまった終わり方でした。



手に入ったクリスタルのかけらでジョブチェンジができるようになります。職業は戦士、モンク、シーフ、白魔道士、黒魔道士でした。なおFF3だとジョブチェンジ毎にポイントが必要だったりしましたが、本作では何度でも自由にジョブチェンジできました。


城に戻って次は海賊退治ということになり、


橋を渡ろうとしたところで体験版のストーリーは終わりですが、トパア村に戻ると色々イベント(エロシーンあり)がありました。


村左下の小屋にいるヴェロニカ(物語最初に助けた女)から、洞窟から大きな音がしたという話が聞け、(洞窟に向かう前にポーションを20~30個買い足しておくといいです)



洞窟では出現敵が変わっており、旧城より強い敵が出るようになってます。ここまでの敵と違って職業経験値も得られました。本作は職業経験値を貯めることでジョブレベルが上がり、ジョブレベルが上がるとスキルを色々覚えるという仕組みです。必要値はLV1→2は10、2→3は28です(入るのは1戦闘につき1~2)。


洞窟には、隠し通路多めなフロアもありました。通路位置は割合予想をつけやすく、特に行き詰まることなく先へと進めました。


↑の地点で”欲のかけら”を手に入れたあとボス戦です。敵は体力はそこそこあったものの攻撃力はそれほどなく、LV5で難なく勝利できました。




村へと戻り、宿屋に泊まると先ほど手に入れた欲のかけらを使って夜這いができます。襲えるのは3人中1人だけなので(見るとかけらはなくなってしまう)、宿屋に泊まる前にセーブしておくといいです。エロ内容はいずれもおっぱい系でした。



村には他にもイベントがあり、PrivateEventと表示が出ている状態でSキーを押すと見られます。こちらは平和な日常という感じのイベントでした。

まとめ:
FFをうまい具合にパロった内容で、懐かしい気分で面白く遊べました。システム的には、プレイヤーがいつでも自由にジョブチェンジ・パーティ編成できる(モンク*4や黒魔道士*4など極端な編成も可能)のがよかったです。話も王道な感じでわかりやすく、今のところ記憶喪失な主人公が何者なのかも気になるところでした。

戦闘難易度は、最初のボス戦と3・4人目が加わった直後がやや難しかったですが(いきなり旧城行ってしまうときつい)、そこを過ぎればあとは問題なかったです。レベルアップでのHP上昇が恩恵大きいので(特にLV1→2)、旧城についてはLV3あたりまでいってしまえばあとはやられる心配もなくサクサク進めました。セーブについては、FFと違ってダンジョン内でもセーブできるので、弱いうちは頻繁にセーブした方がいいと思います。資金繰りについては、敵から入る金が多め+店売り価格が全体的に安めということでかなり楽でした。

エロシーンは仲間相手の夜這いや、ゴブリンに犯される様子が見られました。夜這いシーンでは起きてしまわないかという緊張感が、ゴブリンシーンは無理矢理陵辱感がうまく出てました。

ハーレムファンタジー この世を救うは善か悪

ハーレムファンタジー この世を救うは善か悪 [神乳]