討伐系エロRPG「ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-」(黒電車)製品版感想

ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-
ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel- [黒電車]

12/15発売の新作で、淫乱化の呪いにかかったハンターが呪いを解くべく討伐をしていくという作品です。やり応えあって面白そうでしたので購入してみました。

DLSite販売ページ 1,944円、180ポイント還元
DMM販売ページ 1,944円、360ポイント還元
ハンターの少女、アゼルは自分に淫紋を刻んだ魔獣を探し求め、
ついにそこへ辿り着いた。
人類と魔物の生存競争の最前線。
厄災の堤防と呼ばれる辺境の地、ニプルヘイムへ……。


オープニングはスキップ可能でした。話をおさらいしておくと、加工屋の男と女ハンターが旅の末、この街に到着したという状況です。最終目的は魔獣を倒して、体に染みついた淫紋を消すことです。

チカイの丘でウルフ退治


部屋を出てフロアに降りるとイベントが起き、怖そうな男が親切に手配をしてくれます。(結局この男は裏心的な物はなく、ただの親切な男でした)


ゲーム進行的には、退治・討伐の依頼をどんどんこなしていけばOKです。採取・納品系は基本的にやらなくていいですが、中盤(タカイ火山)の”桃色飛竜”を出す場合のみ納品をやる必要がありました。

まずはウルフ退治を受けてみました。Sキーで狩り場に直接移動(左右キーで場所チェンジ)でき、便利でありがたいです。


戦闘はびっくりするほど高速で、エンターキー押しっぱなしにするとあっという間に終わりました。技術的なことは当方あまりわかりませんが、よくここまでスピーディにできるものだと感心する速さでした。


スキルセットはメニューの装備を選んだあと、右キーでセットできます。使うのはメニューを閉じたあとDキーです。少しややこしいですが、一度慣れてしまえばメニュー開かずにサクサク回復できて便利でした。

ウルフ退治のノルマが達成するころにはLV3になりました。本作ではレベルアップ時にその都度どのステータスを上げるか選択でき、どれを上げていくかは結構重要です。今回のプレイではATK9割・DEF1割で上げていき、詰まることなく終わりまで行けました。

ステータスの特徴をまとめますと、
ATK → 上げると攻撃力アップ
DEF → 上げると防御力アップ
DEX → 高いほどダブルアタック、トリプルアタックが出やすくなる (あとは採取で得られる数が増えるものの、50以上まで上げてもたまに2になる程度で効果は薄め)
LUK → 高いほどクリティカルが出やすくなる、敵撃破時にドロップ率が上がる(DやEのレア素材は、ボス狩りを繰り返し(5回程度)やればたいてい手に入り、初期値のまま進めても支障なし)
…という感じです(ステータス説明については”攻略のヒント.txt”に載ってました)。

なお振り直し・ステータスリセット的な機能はないようでした。難易度低めな作品でしたので行き詰まることはそうそうないと思いますが、DEF全振りや均等振りなどのひねくれたことをやると後半苦戦するかもしれません(=1周目でそういったことをやるのは避けるのが無難)。


Sキーで帰還すれば自動的にクエストクリアです。いちいち手動で報告しなくていいのは便利で助かりました。


エロイベントは↑のように飛ばすこともでき、まるごとスキップできるのは(あとでまとめてじっくり見たい派な自分としては)非常にありがたかったです(特に2周目やる場合に便利でした)。ここのイベント内容は2人が出会ったときの回想で、発情したアゼルに襲われての女性上位なHです。

ベオウルフ、ホワイトラビット討伐


クエストは同時に3つ(討伐は1つのみ)まで受けられましたので、ついでにウルフ退治も再度受けておくといいです。上へと進んでいき、白いウルフがベオウルフです。

強さ的にはなかなか強く、LV4で挑んだところうっかり敗北、LV7まで上げたところで再挑戦し、今度は危なげなく勝利できました。

討伐クエストは討伐と違い、撃破すると同時に自動的にクエストクリアになり、街に戻されます(=退治を並行してやっている場合は、退治ノルマが終わってからボスに挑むと効率いい)。


カウンターに話しかけるとホワイトラビットの討伐を頼まれました。名前は可愛いですが、大型の難敵モンスターです。右上あたりの池にいまして、1発40程度食らい、LV8だと厳しかったです(いいところまでは行けたものの、クリティカルを食らってしまい敗北)。


いったん街に戻って装備を見直してみました。武器屋は酒場左下の出口から出て右に行ったところです。とりあえず一番高い”餓狼大剣”を購入しました。討伐に日数ノルマ的な物はないので、無理そうならのんびりレベルを上げてから改めて挑めばOKです。

LV10で再戦し、餓狼大剣の”溜め”(次回攻撃時、攻撃力3倍)が強く、今度はあっさり勝利できました。(この先のボスもこの作戦で行けました)。


酒場に戻ると皆が祝福してくれ、仲間として認めてくれます。いったん朝になったあと詳しく描写され、街に来た理由を話させられ、皆に淫紋を見られてしまいました。

バニースーツでエロイベント


ここまで進めると、地下工房でバニースーツを作れました(ここに限り、素材一式が自動的に手に入る)。王道な感じのバニーガールでいいデザインです。

性能的には、防御力が+20なものの、攻撃力は+0でした。ハンティングクロスと比べると攻撃力が10下がるので、ギリギリワンパンできていた場合はワンパンできなくなる恐れありです(10の違いは結構大きい)。こういった”ゲーム進行に必要なので装備する”という場合は、装備欄4番目に装備すればOKです。よく考えられてますシステムでした。


適当な討伐をやって夜にしたあと、バニースーツに着替えてゴロに話しかけるとイベントが進みます。胸を揉まれて気持ちよくさせられ、なんとか耐えているものの我慢できなくなり、最後は声を上げてイきまくります。アゼルは鍛治屋と恋人関係なのかなと勝手に思ってましたが、そういうわけではないようで、背徳感は特に感じておらず、寝取られ感はほぼなしでした。


日数経過で発生するイベントもあり、7日目の夜、受付係に誘われて強引にフェラされます(強壮剤を盛られたらしい)。巧みなテクニックで我慢できずに射精させられ、いいフェラ顔に描かれてました。女の性欲は半端なく、1発出しただけでは終わらずその後も搾り取られました(イベント名は”ハッピーアニバーサリー1″)。こちらもイかされて悔しいとは思うものの、アゼルに申し訳ない的な感情はなしでした。


バニーガールで再度話しかけ(エロ系のステータスを上げたりする必要はなし)、今度は薬を飲んで挑むものの、またもイかされてしまいます。終わるとゴロが根負けしてくれ、次の狩場の”フルイ鉱山”が開放されます。

フルイ鉱山

・ロックスティンガー退治

LV15で楽に勝てました。ただ↑のように少し残ってしまい、ワンパンはできず。

・ゴーレム破壊指令

フロア右の方にいます。LV16で、溜め→攻撃でワンパンできました。

・ブラックウィドウ討伐

フロア右上、ゴーレムのいたところの先にいます。討伐して酒場に戻ると、他でも出現したとのことです。先のダンジョンと違い、今度はあっさりと次の”ムシアツ密林”が開放されました。


ここまで進めるとマッサージ師が現れます。受けてみると手マンでイかされまくり、EP上げたい時に便利でした。


EP100になったあと地下(武器強化などをやるところ)に行くと、”性欲処理を頼む”のコマンドが出て鍛治屋(主人公)とHできます。いい雰囲気の騎乗位Hでした。

・黒兎討伐

この討伐は、ムシアツ密林(次のダンジョン)の討伐を進めていき、暴れ蜘蛛討伐を終えると発生します。場所は鉱山の6で、強さ的には暴れ大蜘蛛と同等でした。

ムシアツ密林

・リザード退治

スネイクと同じ緑色で似ているので注意です。強さ的には、LV18で楽に勝てました。


ここまで進めると、夜に出歩けるようになります。受付に話しかけると衣装をもらえて、着替えたあと再度話しかけるとパーティに行けます。エロシーンは皆にハメられる形式で、しっかり動きがありました(Xキー長押しで次に進みます)。結構ひどいことをされた気がしますが、本人は意外とけろっとしてました。

・コビットキング討伐

攻撃力高めで、初見時はうっかりなめてかかってやられてしまいました(目算が狂って敵HPだいぶ残り)。なおここに限らずボスにギリギリ勝てないという時は、酒場のメイドに話しかけて闘魂貴族飯(攻撃力、防御力が一時的に+20)を食べてから出るといいです。350Gかかりますが、元は取れました(中盤以降、金は使いきれずに余るようになりました)。

・暴れ大蜘蛛討伐

入り口からまっすぐ上に行くといます。LV20で勝利できました。


15日目、またも受付嬢に誘われ、今度は強壮剤を原液で無理矢理飲まされます。始まりこそ女側からなもののすぐに男がその気になり、バックでの激しくハメでした(イベント名は”ハッピーアニバーサリー2″)。

・ホルスタウロス討伐

気づきにくいですが、右上の雪原(エリア5)から奥があり、ホルスタウロスはここにいます。

ここから話を進めるには、防具の”カウガール”を作る必要がありました。が、材料が揃わず(まだらな毛皮*3 蹄*2 丈夫な毛皮*3 うねった角*1)。

・闘技場からの挑戦状

普通の討伐と同様、クエストを受けてから外に出ればOKです。奥のシャッターを調べると敵が現れ、ホワイトラビット→ブラックウィドウ→ホルスタウルスの順に出現しました。うっかりやられてしまうと依頼失敗になってしまうので、慎重に行くといいです(特に3戦目)。3戦目のホルスタウルスを倒せばクリアです。

この闘技場はボスを短時間で効率よく倒せまして、何回か繰りかえすと、カウガールの素材がいつの間にか集まってました。


“カウガール”に着替えて厨房に行くと搾乳なエロシーンで、乳首を責められイかされまくります。このイベントは1回では終わらず、話を進めるには再度行く必要がありました。2回目が終わるとオーサム雪原が開放されます。

オーサム雪原

・メリーコビット退治、ブリザード退治

ブリザードは雪になったあたり(エリア名4)にいます。どちらも難なく倒せました。


武器屋で買い物をしていくと手作りディルドーをもらえまして、このアイテムは後ほど、エロシーン埋めで必要になりました。

・金角討伐

左上の4にいます。なかなかタフで手強く、途中で1回回復を挟む必要がありました。

・闘技場からの挑戦状2

出てくるのは黒兎→暴蜘蛛→金角です。どうやら闘技場系は、出てくるモンスターの討伐を全部終えると発生する模様です。

・フロストベア討伐

2から上にいった洞窟内にいます。6の右下から下へ進んでも行けまして、退治2つを一緒に受けた場合はこちらの方が効率いいです。LV26で難なく勝利できました。

・ワイバーン討伐

左上、6にいます。この敵はHPが多く、フロストベアの倍程度ありました(3倍攻撃で半分程度しか減らず)。


撃破後、寝ると話が進みます。マスターがこっそり動いており、何か危機が迫っているようです。タカイ火山が解放されました。

タカイ火山

・マグマスティンガー退治

ここまで来ると物語も終盤です。ぼちぼち敵がきつくなってくるかなと思いましたが、LV27で難なく突破できました。


クリアすると発生するイベント”悪夢”は本作の根幹な重要イベントで、魔物に犯されて淫紋食らったときのことが語られます。銀髪フード女の挙動を覚えておくといいです(ここをただのエロシーンだと思って適当に読み飛ばしてしまうと、ゲームラストで何が起こっているのかよく理解できなくなるので注意)。

・マグマンゴレム討伐

このボスは非常に攻撃力高く、なんと1発123も食らいました(こちらのDEFは装備込みで56)。ある程度は防御にも振らないとダメということのようですが、この頃になるともうレベルはなかなか上がらない状態でした。結局クリティカルでワンパンというギャンブル的な方法でなんとか撃破でき、今回やった中ではこの敵が最も苦戦しました(何かいい防具を見落としてるのかもしれません)。

ギルドに戻ると”リタの偏愛2″で、武器屋の女が工房でオナニーしているのを見てしまいます。

・デミドラゴン討伐

5(マグマンゴレムから右)にいます。マグマンゴレムと比べると攻撃力は低く、難なく勝利できました。


マスターがアゼルの母親のことをここで教えてくれ、いいタイミングでの謎の明かされでした。フカイの遺跡(ラストダンジョン)が開放されます。



なお納品系クエストをそれなりに埋めていると、ここで桃色飛竜討伐が発生します (攻略ヒントによると”納品系を含めた火山のクエストをいくつかクリアすると討伐クエストが出現”とのこと)。いるのはタカイ火山の6です。


桃色飛竜討伐をクリアすると闘技場3が出ます。ドラゴン3連戦(ワイバーン→デミドラゴン→桃色飛竜)で、繰りかえすとドラゴン系の素材を効率よく集められました。

フカイ遺跡でラストバトル

・スプリガン退治

4におり、3体倒せばよくあっさりと終わりました。なおここがラストダンジョンですが、無駄に広かったりはなくシンプルな作りで、すぐに対象を見つけられました。


ここで魔獣の正体について受付嬢が教えてくれ、物語もいよいよ大詰めです。

・決戦


この敵が本作ラスボスで、6にいます(表示されるとおり、挑む前にセーブ推奨)。EPたまった状態で戦闘入ったこともあり、意外にもあっさりと勝てました。なお戦利品の魔瘴気結晶は、またここに来れば手に入ります(戦闘なしで拾える)。


撃破後選択肢が出まして、”少女を助ける”か”立ち去る”かを選ぶことになります。正解の”立ち去る”を選ぶと、スタッフロール後、クエストが追加され、プレイが続きました。なお間違えても、スタッフロール後、選択肢まで戻ることができます。ラスボスをもう一度倒すのは大変なだけに、非常にありがたい措置でした。

状況がよくわからない場合はこちら(ネタバレにつき反転で表示) → タイムスリップ?して淫紋食らわせられた時に戻っている(助けてくれなかったとこれまで憎んできた銀髪フード女は、成長した自分自身だった)(反転ここまで)

・伝説のドラゴン

分岐を右へと進んだところ、5にいます。手強いものの、ものすごく強いというわけではなかったです(裏ボス敵存在なので、個人的にはもっと強くてもいいように思いました)。


勝利すると亜竜金鱗などの素材が手に入り(落とす確率は低めで、1回で全種類手に入るわけではない)、これで全てのボスの討伐が終わりました。

その他のエロシーン


回想は自室右上の机から行くことができ、エロシーンは全部で30ありました。回想を見るとズバリとヒントが表示され、非常にありがたかったです。既に埋まっているところにもヒントが表示されるのも、ありがたい措置でした(いつの間にか埋まっていて条件がわからない場合が結構ある)。ややわかりにくいイベントを簡単に紹介していきますと、


No.16 カウガールGは下から3番目です。勇壮な角はホルスタウロスの戦利品Eで、闘技場2を繰りかえしていればそのうち落ちました。この装備は、性能的にもかなりいいので、早めに作っておくと役立ちそうです。なお条件を満たしてても発生しなかったら回数不足なので、もう1回EPためて行くといいです。


No.17 “ハンティングクロス系を着て夜外に出て兵士に話しかける” 兵士は2人いますが、このイベントの兵士は右ではなく酒場前(井戸右)の方です。


No.18 “シノビクロース着用して加工屋(地下)へ” 主人公が他女とヤっているのを目撃してムラムラし出してオナニーで、ここで変な嫉妬心や独占欲が出てこないのがこの作品のいいところでした。


No.19 “夜外出、ビキニアーマーで男に話しかける” 男は武器屋前にいまして、エロ内容は尻揉まれてのイかされでした。


No.20 “農場採掘5回以降、昼にハンティングクロス系で採掘する” 農場は酒場を出て下へと行ったところです。イベント内容は、壁が崩落しての壁尻でした。


No.24 “EP50以上、手作りディルドを自室で使用する” メニューのアイテム欄から使用すればOKです(あるのは一番上)。


No.25 夜外出、対魔クロース(ヒントだと”対魔忍クロース”になってますが、対魔クロースでOK)で怪しい板を調べます。板は酒場前にある↑の看板で、なにもマークは出ていないので、知っていないと気づきにくかったです。なおこのシーンは対魔忍シリーズのパロディ・オマージュ感がありました。

No.26 “夜外出、ドラグーンで兵士(右の方にいる)に話しかける” ドラゴン系素材は闘技場3を周回すると楽に集まります。


No.28 夜外出、ビスチェアーマーで尻揉みしてくる男に話しかける


No.30 竜殺し(No.26)のあと、ハイドラグーン(=ゲームクリア後でないとこれは埋まらない)で再度同じ衛兵に話しかける

これで回想が全部埋まりまして、ほぼコンプです(あとは作ってない装備品がいくつかあり)。プレイ時間的には、開始からここまで、約7時間でこれました。

主な防具の必要素材と入手法

(どの敵が何を落とすかは、自室の”魔獣図鑑”で確認できます)

シノビクロース:
節くれ立つ脚 → 討伐No.8 ブラックウィドウのA、討伐No.9 暴蜘蛛のA
歪な外骨格 → 討伐No.8 ブラックウィドウのB、討伐No.9 暴蜘蛛のB
毒腺 → 討伐No.8 ブラックウィドウのC、討伐No.9 暴蜘蛛のC
鋼蜘蛛糸 → 討伐No.8 ブラックウィドウのD、討伐No.9 暴蜘蛛のD

カウガール:
まだらな毛皮 → 討伐No.10 ホルスタウロスのA
蹄(ひづめ) → 討伐No.10 ホルスタウロスのB
丈夫な毛皮 → ザコNo.1 ウルフのC
うねった角 → 討伐No.10 ホルスタウロスのD

ドラグーン:
竜鱗 → 討伐No.12 ワイバーンなどのA、後半ダンジョンでの採取
竜骨 → 討伐No.12 ワイバーンなどのB、後半ダンジョンでの採取
竜膜 → 討伐No.12 ワイバーンなどのC
竜の牙 → 討伐No.12 ワイバーンのD、後半ダンジョンでの採取
溶岩石 → ザコのマグマスティンガー(タカイ火山)

ゴージャスバニー:
長耳 → 討伐No.6 ホワイトラビットのA、討伐No.7 黒兎のA
金鉱石 → 採取(岩)
冬毛皮 → ザコ13スノウルフ、ザコ14メリーコビット、討伐1ベオウルフほか
乱杭歯 → 討伐No.7 黒兎のE

対魔クロース:
節くれ立つ脚 → 討伐No.8 ブラックウィドウのA、討伐No.9 暴蜘蛛のA
銀鉱石 → 炭鉱コビット、メリーコビット
毒結晶 → 討伐No.9 暴蜘蛛のE
鋼蜘蛛糸 → 討伐No.8 ブラックウィドウのD、討伐No.9 暴蜘蛛のD

カウガールG:
まだらな毛皮 → 討伐No.10 ホルスタウルスのA、討伐No.11 金角のA
蹄 → 討伐No.10 ホルスタウルスのB、討伐No.11 金角のB
金鉱石 → 中盤ダンジョンで採取
勇壮な角 → 討伐No.11 金角のE

ハイドラグーン:
竜鱗 → 討伐No.12 ワイバーンなどのA、採取
竜骨 → 討伐No.12 ワイバーンなどのB、採取
竜膜 → 討伐No.12 ワイバーンのC
金剛石 → スプリガン、盗掘コビット(どちらも遺跡で出現)
亜竜金鱗 → 討伐No.15 真龍のE

ビスチェアーマー:
龍鱗 → ワイバーン、桃色飛竜、デミドラゴン、真龍のA
金鉱石 → 中盤ダンジョンで採取
逆鱗 → 討伐No.14 デミドラゴンのD、討伐No.15 真龍のD
亜竜銀鱗 → 討伐No.13 桃色飛竜のE

デモンブレードなどの魔神系武器:
それぞれベースは武器の最低ランク品(武器屋でスウォード、ツインブレード、クレイモアを買ってくればOK)
魔瘴気結晶 → 遺跡左上、ラスボスのいたところに行けば拾える
隕鉄 → 採取
金剛石 → スプリガン、盗掘コビット

感想まとめ

とてもよくできたRPGという印象で、終わりまでストレスなく、快適に面白くコンプリートできました。ユーザーが快適にプレイできるよう、細かいところまでしっかり丁寧に気配りがされていて好印象でした。バグにも出くわさず(今回プレイしたのはVer1.01)、非常に完成度高い内容になってました。

ゲーム進行も意地悪なところはなく、討伐クエストをどんどん進めていけばいいという作りになっていて、非常にわかりやすかったです。勝てないようならレベルを上げるか装備を強化すればよく、やるべきことが明確でした。日数制限的なものがないのも、急かされずに自分のペースでのんびりと進められてありがたかったです。

難易度的にもうまくバランス調整されており、少し簡単目のちょうどいいゲームバランスになってました(ただしDEF中心など変わったステータス振りをしていった場合は、後半きつくなる恐れあり)。レベル上げは、クエストをこなしていくことで無理なく自然に強くなれまして、敵シンボルの配置数もほどよかったです。

エロシーンは、ギルド民や街の住人とのエロ行為がメインで、鍛冶士×アゼルのHシーンや敗北異種姦(ドラゴン系・触手の2つのみ)は少なめでした。個人的にはイかされまくるシーンがいいイき具合で印象に残りました。戦闘中エロはEP100になった時などにのみ発生し、戦闘のテンポを損なわないほどよい発生頻度でした。あとは回想部屋にズバリとヒントが表示されるのも、回収が楽で非常にありがたかったです。

ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-ニプルヘイムの狩人 -Branded Azel-

関連作品

Branded AZEL【烙淫の娼女】
Branded AZEL【烙淫の娼女】 淫紋を刻まれたドスケベボディで荒稼ぎ! 娼館に売り飛ばされたハンター娘が自由を買い戻すためにエロいことしまくるゲームです。

すじもんクエスト~カチコミ!!~
すじもんクエスト~カチコミ!!~
のぞきとオナニーが趣味の巨乳元気娘がいろいろとがんばる系のえっちなRPG。股間に一本のすじを持つ女の子モンスター『すじもん』たちから故郷を救え!!

DS[daemon slave]NTR なまいき悪魔娘ネトラレ調教
DS[daemon slave]NTR なまいき悪魔娘ネトラレ調教
生意気で愛しい悪魔娘が見知らぬ男に調教されていた!?まさかの寝取られストーリー。

DS[daemon slave]di なまいき悪魔娘悶絶調教日記
DS[daemon slave]di なまいき悪魔娘悶絶調教日記
なまいき悪魔娘が被虐調教に悶絶する日々を日記で告白。
もちろんフルボイス、一部アニメーションあり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)