女主人公エロRPG「ドラゴンメイドのエッチなメモ帳エッチなご依頼はお辞めください」(LOLOL)体験版感想

【30%OFF】ドラゴンメイドのエッチなメモ帳エッチなご依頼はお辞めください

ドラゴンメイドのエッチなメモ帳エッチなご依頼はお辞めください [LOLOL]

12/9の予告新作で、都会へと出てきた主人公が住人達の困りごとを解決していくという作品です(RPGツクールVXAce製)。体験版ではプロローグ~チャプター1をプレイできました(エロシーン3つあり)。本編は2017年12月下旬発売予定です。

追記:12/24に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,058円(30%OFFキャンペーン価格、2018/1/21まで)、98ポイント還元
「おおっ! なかなかに活気のある良い街じゃな」
人里離れた山奥にある隠れ里から「ローエン駅」に降り立った
ドラゴンメイドの「コーデリア」は、街のブティックの二階を間借りして
「何でも屋」を開業する。

迷子のペット探しから街で起った怪奇現象まで、様々な事件が
コーデリアの元に集まって来る、中には勘違いした依頼人が
エッチな依頼をしてくる者まで現れて…。

・プロローグ

主人公が汽車に乗ってやって来て駅に降り立つという、なかなか珍しい幕開けでした。今まで住んでいた山里から、家出的に出てきたとのことです。なお橋から飛び降りて強引に汽車に乗る状況は、アイテム”スキットEV1″を使うと知ることができました。


下へと進み、左側に見える、EVマークのついている建物へ入ります。なお宿に行く前に雑貨屋(街中央にある青い壁に赤いドアの建物)に行くと、犯行前の少年の様子を見れ、芸が細かかったです。


ホテルではこちらのみすぼらしい身なりを見て宿泊をやんわりと断られてしまい、追い出されてしまいます。


その後盗みを働いて逃げてきた少年を捕まえ、親切な女に少年共々保護されます。女はブティック(服屋)の店主でした。


少年と一緒に風呂へ入り、裸を見て照れる少年とからかい気味な主人公がいい関係でした。


着せられたのはゴスロリ風のゴージャスなメイド服でした(服屋ということで豪華な服がちょうど手元にあった)。家の2Fを使わせてもらえることになり、ここが本作の拠点になります。


・チャプター1 “開設!コーデリアお助け事務所”


里でやっていた経験(巫女として困りごとを解決していた)を活かして、なんでも屋を始めることになり、まずは店主から配達を頼まれます。頼まれごとは2つあり、3箇所への配達と、酒場へのお使いでした。

このあとのゲーム進行・ストーリーの流れが少しややこしかったので整理しておきますと、
1.EVマークの出ている雑貨屋・アパート[街右上]、ホテル[街左上](2F右下のメイド)を順に回る(配達はまだ終わらない)
2.街右上の酒場に入り、上の方にいる水色髪の女に話しかける(結構長い話になる)
3.依頼を受けたあと駅(街左上から出たところ)へ行き、ダンジョン探索 3箇所ある”?”マークを調べ終わると右上に階段が出現し、ボス戦
4.女に報告したあと酒場を出ると、配達する荷物を盗まれてしまう
5.駅へ行き、イベント戦闘
6.荷物を取り返してようやく配達が完了し、ブティック(街左手)に報告に行って体験版終了
…という流れになります。


ホテル(街左上、先ほど宿泊を断られたところ)の用事は、ホテル左側の階段から2Fに上がり、右下にいる緑髪のメイドに話しかければOKです。なおホテルには他にいろいろな宿泊客(わがままなお嬢様など)がおり、この客達が本編でどう関わってくるのか楽しみなところでした。



街を右へと進み、雑貨屋とアパートへの配達を済ませたら、


次は右上にある酒場へ入ります(屋敷へはまだ行けず)。カウンター前にいる水色髪のキャラ(アトラ)に話しかけます。このキャラはギルドの受付を元々やってましたが、ギルドは現在閉鎖中でした(詳しい理由は明かされず)。なお主人公が里から家出してきたことが既に知られており、この主人公はこの世界で相当な有名人のようです。



ギルドが閉鎖していても依頼は舞い込んできまして、駅へと案内され、駅地下の工事がストップしているので困っているのでなんとかしてくれないかと頼まれます。


いったん酒場に戻ったあと、アトラに話しかけて依頼を受け、駅からダンジョンへと向かいます。なお”もぐらのひげ”は帰還アイテムで、ひとつ持っておくとボスを倒して帰還する際などに便利でした。


ダンジョン内では3箇所ある?マークを調べていきます。戦闘はシンボルエンカウントで、ところどころ敵が密集している印象でした(全部避けるのはなかなか困難)。このあとボス戦がありますので、囲まれた場合などは、レベル上げを兼ねて逃げずに倒してしまうのがいいかと思います。あとはダンジョン入り口にあるセーブポイントを調べると全回復しまして、レベル上げ時はこれを利用すると楽でした。


入り口にあります宝箱は、アイテム交換屋になってました。モンスターから手に入る収集品を売ってポイントを増やし、このポイントを回復アイテムと交換できます。MPの消費が激しかったので、MP回復アイテムに換えておくといいです。


?マークを3箇所調べ終わったあと、フロア右上に行くと、今まではなかった下り階段が出現してました。近づくとボス戦です。


初見時はうっかり初期状態のLV3でボス戦に突入してしまい、だいぶ戦いが長引きました(MP回復アイテムを使ってなんとか勝利できました)。


一方敗北するとオークの住み処へと連れ去られ、異種姦エロシーンです(着衣レイプ→全裸レイプ)。さらに犯され続けて妊娠したあと、迷宮入り口で復活でした。なおクエストは完了してはおらず、話を進めるには再度ボスのところまで行って倒す必要があります。


勝利後、アトラに報告をし、酒場を出るとイベントが起こり、華やかな音に誘われて広場へ向かいます。旅芸人達に見とれているうちに配達用の荷物を盗まれてしまいました。他にも被害者がおり、左にいる老人は淡々としてますが、終わりのシーンで改めて出てきました。


駅へと行くと盗みを働いた旅芸人たちがいました。先ほどのボス戦で疲弊している場合は、いったんブティックに戻るなりして回復しておくといいです。選択肢で”置いていく”を選ぶとエロ展開ありですので、近づく前にセーブ推奨です。


戦闘になり、攻撃力は高いですが、HPは大したことなかったです。(なお負けてもただゲームオーバーになるのみなので注意)


選択肢で”置いていく”を選んでいると、勝利後少年を人質を取られてしまい、エロシーンになります。内容は手マンやクンニで、黒下着がゴスロリ衣装とうまくマッチしてました。


取り返した荷物を屋敷に届け、これで任務完了です。


ここまで進めるともう一つクエストが発生し(フリークエスト)、酒場前にいる女から兄捜しを頼まれます。なお話を聞いたあと、アトラから受注する必要がありました。


街を見て回っていくと、右下に今までいなかったキャラがおり、トイレから奇妙な声が聞こえるということです。


様子を見に中へと入ると、問題の兄が妹をネタにオナニーしてました。


心配した主人公が手コキフェラすることになり、このシーンもゴスロリ衣装やヘットドレスがいい雰囲気出てました。


ブティックへ報告に行くというところで体験版のストーリーは終わりです。最後に、夜の駅で炎使いな老人(誰かの従者らしい)が見せしめ的に襲いかかるという予告風シーンがありました。


まとめ:
細かいところまで丁寧に作られてまして、ゲームバランスもちょうどよく、面白くプレイできました。特によかったのはCGで、ゴスロリ系の衣装がゴージャスに描かれていて印象に残りました。話の方はまだ小手調べといったところで、まだ大した事件は起きず。本編でこの先どう展開していくのか気になるところでした。

戦闘難易度は簡単すぎず難しすぎず、ちょうどいい敵の強さになってました。倒しながら進めばどんどん強くなれまして、換金アイテムもざくざく手に入りました。ボスのオークも、ほどよいタフさになってました。

エロシーンは敗北エロ(異種姦)、人質取られてのエロ、手コキフェラで、いずれもゴスロリ系メイド服がしっかり描かれていて申し分なかったです。ゴスロリ衣装は描くのが大変なせいかさっさと脱がされてしまうことが多く、丁寧に描かれているのは好感が持てました。テキスト的には、不慣れな感じのフェラなどが可愛くてよかったです。

製品版感想はこちら
製品版感想1(チャプター2・3)
製品版感想2(チャプター4・5、フリークエスト)

【30%OFF】ドラゴンメイドのエッチなメモ帳エッチなご依頼はお辞めください【30%OFF】ドラゴンメイドのエッチなメモ帳エッチなご依頼はお辞めください【30%OFF】ドラゴンメイドのエッチなメモ帳エッチなご依頼はお辞めください
・過去作品
森護り始めました!新米だからってエッチなクエストはいけないと思います!

森護り始めました!新米だからってエッチなクエストはいけないと思います!

スケベボディの新米冒険者がエッチな悪戯をされちゃうRPG

召しませ!ネコミミにゃんだふる─クーデレメイドのにゃんにゃん奮闘記Ver2.0

召しませ!ネコミミにゃんだふる─クーデレメイドのにゃんにゃん奮闘記Ver2.0

ふわふわネコミミのメイドさんがエッチなイタズラをされちゃうRPG

エルマのエッチな睡眠修行

エルマのエッチな睡眠修行

寝ているエルマちゃんがエッチな悪戯をされちゃうRPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)