推理・百合系RPG「ゴスロリの国の事件簿」(アリス☆メイド)体験版感想

ゴスロリの国の事件簿

ゴスロリの国の事件簿 [アリス☆メイド]

10/5の予告新作で、刑務所が舞台の推理・百合系作品です(RPGツクールVX Ace製)。体験版では冒頭部分をプレイできました。本編は2018年01月中旬発売予定です。
4人の女の子の中から、怪しいと思う女の子を探り当て、
サイコキラーが誰かを当てる内容です


主人公たちは誰かを模範囚として選び、釈放しないといけない立場です(コスト削減のため)。ただ本作で出てくる囚人はアリス1人だけで、残り3人は刑務官でした(=囚人の中から選ぶという話ではない)。


動けるようになったら左下へ進み、金髪女のアリスに話しかけます。アリスは他の人間に取られるくらいならと恋人(女)を刺した犯歴ありです。



アリスが仲間に加わったあとは、通路へと戻り、右へと進むと戦闘フィールドです。戦闘はシンボルエンカウントで、特に問題なく勝利できました。シンボル数は少なめで、動きもゆっくりめでした(=それなりに避けられる)。


地上に出たあとは、右へと進んでいきます。なお体験版ではこの先ボス戦はなく、無理にレベルを上げる必要はなしでした。


右へと進んでいくと”嘘つき村”に到着で、この女(サクラ)も刑務官です。


話が終わったら2Fへ上がり左の部屋へ入ります。いきなり乳揉まれなエロシーンで、2人はそういう関係のようです。


イベントが終わったら1Fへ降り、一通り選択肢を選んで説明を聞いていきます。何年か前にあった殺人事件(犯人は誰だったのか今もわからずじまい)がストーリーのカギになりそうです。


サクラの話が終わったら宿屋から出て、北西の森へ向かいます。村出口は上です。


森右上は道がふさがっており、通りたければ火の玉を見つけてこいとのことです(体験版ではこれは手に入らない模様)。


森入り口へと戻り、左下が順路でした。


敵を倒したり避けたりしながら森を探索していき、Dエリアの川に近づくとイベントです。


宿屋へ戻るとサクラがいなくなっていました。2Fからベランダに出て、村をくまなく探そうというところで体験版は終了です。


まとめ:
話的には推理サスペンス色が強めで、真犯人は果たして誰なのか気になるところでした。なお体験版の範囲では、ストーリー分岐やプレイヤーが自分で推理する的な要素はなかったです。

戦闘のゲームバランスは簡単めで、さくさくレベルが上がり、敵も弱かったです。職業的にはユリが戦士系、アリスが魔法使い系といったところでした。

エロシーンは乳揉みレズが1シーン見られ、突然揉まれて困惑する様子がうまく表現されてました。

ゴスロリの国の事件簿

ゴスロリの国の事件簿 [アリス☆メイド]


・過去作品
イニシエ

イニシエ

基本絵約60枚!(戦闘エロ含む) 長編ロールプレイング

SNOW

SNOW

基本絵63枚(戦闘エロ含) プレイ時間10時間前後

ヴィル少女の百合ユリ物語

ヴィル少女の百合ユリ物語

アリス☆メイド最新作!!基本絵46枚、シーン数59、敵グラ33種類!!

痴女クエスト

痴女クエスト

3~4時間前後 短編~中編なので、値段は安めの設定です。