エロアクションゲーム「アルプスと危険な森」(えっくす・らびっと)体験版感想

アルプスと危険な森

アルプスと危険な森 [えっくす・らびっと]

6/7の予告新作で、女主人公を操作して森からの脱出を図るエロアクションゲームです。体験版あり、2017年07月下旬発売予定。

追記:7/29に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、130ポイント還元
非力な女の子アルプスを操作し、森の出口を目指すアクションゲームです。
操作はシンプルで、軽い謎解きをしつつ進んでいきます。

アルプスは戦闘能力を持たないので
迫り来る脅威から逃げたり、ギミックを利用して抗う事しか出来ません。

戦闘要素等がない分、捕まるまでの流れや
状況の演出に重きを置いています。

・ステージ1


基本操作はスペースキーでジャンプ、シフトキーでダッシュ、↓キーでしゃがみ、Zキーで箱をつかめます(いずれもキーコンフィグで変更可能)。このあたり的確に指示が表示され、スムーズにゲームシステム・基本操作を理解できました。


↑のツタは、ジャンプ後Zキーを押すと掴まれます。掴まったあと再度ジャンプすることで向こう側へと渡れます。(ここは失敗してもすぐそばで復帰するので再挑戦が楽でした)


↑の植物はしばらく待っていると動き出します(かなり長いこと待つ必要がありました)。なお動いたあと、しっかりシフトキーダッシュをしてジャンプする必要がありました(適当にジャンプすると距離が足らず、落下してまた長々と待つハメになる)。

・ステージ2


↑はクモが待ち構えており、捕まるとエロシーンです(動きあり)。クモの糸がうまく表現されてました。




ここのクモは、手前にあるツタを上って(Zキーで飛びつけます)、箱を下へと落とし、箱と一緒に移動することで突破できました(箱の方をさらってくれる)。

・ステージ3


ここでは敵が坂道の上から石を転がしてきます。まずはダッシュで逃げ、石の陰までいったら↓キーでしゃがんで避けます。避けて終わりではなくしつこく追いかけてくるので、素早く全力で逃げます。


なお捕まると一枚絵エロが見られました(差分あり)。


下で待ち構えている食虫植物をジャンプで回避し、


シーソーエリアを右上へと抜けると、


針を飛ばしてくる花がいるので、しゃがんで待ちます。敵に針が相手に当たって倒すことができました。

・ステージ4

飛びかかってくる獣は、蓮の葉を右へとジャンプで進んでいくと回避できます。


遅れると↑のように一緒に落下してしまい死亡でした(しばらくすると服だけが水面に浮かんでくるリョナ演出あり)。


その先も蓮の葉があり、こちらは乗っても落ちません。その先でクモに襲われ、今回はこの箇所が突破できずじまいでした。

クモの先にあるツタまでたどり着ければ先に進めそうですが、何回やってもクモに捕まってしまいました(なお水に落ちると当然ながら即死)。慎重に行くとクモに行く手を塞がれ、かといって慌てて行くとジャンプ失敗して水に落下で、なかなかうまくいかず。20回ほど失敗したところでいったん終了にしました。






6/25追記:あれこれ試行錯誤した末、ようやく突破することができました。↑のように、クモの影がこちらに近づいてくるタイミングでダッシュで走り抜けるようにするといいようです。

・ステージ5

その先は、まずは元気のない花を見つけ、


箱を動かしてトゲ花を塞ぎ、


左へと移動して桶にできそうな実をZキーで拾います。この実は中身が入っていないので、これを直接持っていっても効果なしです。


左へと進むと、時々上から水が降ってくるので、これを先ほどの桶で受け止め、


あとは元気のない花のところに持っていけばOKです。

・ステージ6

後ろから獣が襲ってくるので、まずはツルにしがみついてやり過ごし、


衝撃で切れたら左へと戻り、動く葉に乗って上へと移動し、



あとは足場で待っていれば、獣に飛び乗って石に体当たりして先へと進めます。


怪しいお兄さんに声をかけられる、というところで体験版は終わりです。


終わりに触手なエロシーンが見れました。


まとめ:
グラフィック敵にはクオリティ高い内容で、よくできているアクションゲームという印象でした。クリアするのにだいぶ手こずりましたが、面白くプレイできました。

ゲームシステム的には、主人公は攻撃手段を持たないので、森にあるものをうまく利用してひたすら避けて進んでいくという作りです。初見で全て突破していくのは難しく、やられて覚える覚えゲーという感じでした。チェックポイントが多く設定されているため、やられたあとの復帰は大半が直前で、リトライが楽なのはありがたかったです。

難易度的には、通常のアクションゲームのように”力業で強引に進む”ということができないため、解法がわからないと行き詰まる恐れがありました。本編ではさらに難しい謎解きが出てくると思われ、何か救済措置があるとありがたかったです(同じ箇所で一定回数失敗し続けたら変化が起きて簡単になる、ヒントが何段階かに分けて表示されるなど)。

エロは捕まったときの異種姦で、いずれも掴まってしまった雰囲気がばっちり出ていて申し分なかったです。敵の種別も、蜘蛛・獣など、いい具合にバラエティーに富んでました。

アルプスと危険な森アルプスと危険な森アルプスと危険な森