女主人公エロRPG「アジャイル戦記~AI of Humans~」(トリプルプレイ)体験版感想

アジャイル戦記~AI of Humans~

アジャイル戦記~AI of Humans~ [トリプルプレイ]

4/20の予告新作で、ゲーム世界(仮想現実)が舞台の女主人公ものエロRPGです(RPGツクールMV製)。体験版あり、2017年05月上旬発売予定。

追記:6/1に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,512円、280ポイント還元
金髪美少女のゲーム内アイドルであるテルが持ち前の異常な高戦闘力で奮闘するも、
多くの人々の悪意に騙され、敗北し、凌辱されていくRPGです。
主人公であるテルを含め他女性陣の輪姦シーン、エロ衣装での辱め、監禁調教やNTR風味のシーン、
数々の苦難(エロ)が強気なテルの精神を蝕み堕ちていきます。


他プレイヤー相手の講習会から話は始まり、主人公はこの世界の有名人といったところです。



動けるようになったら外へ出て左へ進み、赤い壁の建物に入ります。


何者かによってログイン・ログアウトができなくさせられたとのことで、緊迫した雰囲気です。


フロアにいるキャラに順に話しかけていき、真ん中下にいる男(マッカ)からは武器をもらえました。


建物の外に出るとイベントが起こり、次の目的地は工場です。なお建物の外に出るとイベント発生、ということがこの後もたびたびありました。次になにをすればいいかわからない場合は、とりあえず外に出てみるといいです。


工場は右に行ったところにある、!マークのついている建物です。ここにはこのあともたびたび来ることになりました。


チカという子が主人公に協力してくれました。あとは人捜しを頼まれ、正義感の強い主人公は引き受けます。


ワープゲートは工場の左の建物で、ここから各ダンジョンへと入れます。


戦闘はランダムエンカウントで、エンカウント率は結構高めでした(なお後ほどチカからもらえる”デバッグ用プログラム”を装備するとエンカウントしなくなります)。レベル上げは、少なくとも体験版の範囲では特に必要なしでした。


主人公は最初から強く、ザコを楽に倒せますが、毒を食らうと少し面倒なことになりました。幸い右にある宝箱から解毒剤が手に入ったので、これを使って進みました。なお解毒剤は街の道具屋でも買えます(1つ100G)。



右上へと進んでいくと女の子が襲われており、レイプシーンです。


戦闘になりますが楽に勝てます。なお道具屋で買える”自爆用プログラム”(100G)を使うと負けられましたが、敗北エロはなくゲームオーバーになるだけでした。


次は自警団の武器庫へ向かいます。左へ行ったエリア(ニューエデン)にある、赤い壁の建物です。


下り階段は右上です。見張りがおり、戦闘になります。先ほど同様、楽に勝てました。


地下では陵辱(調教系)が行われてました。女の子達は調教され続けて、心が折れ気味という感じです。男を倒し、女の子達を救出します。


終わったら(なおカウンターに話しかけるとアイテムをもらえます)建物を出て右エリアに戻り、工場へ向かいます。


自宅でのお茶会はシリアスな雰囲気で、タイトルにある”アジャイル”という単語がここで出てきました。事件について推察していき、マッカが今回のログアウト不可事件に関わっているのではないかと疑いを持ちます。


話が終わったら集会所(赤い壁の建物)へ向かい、2Fにいるマッカ(最初に武器をくれた男)に話しかけます。事件については、疑われるのも仕方ないが自分は関わっていないと否定されました。


あとは他メンバーからも有益な話が聞けました。青髪男からはカジノでのバニーガールのことを、赤髪男からは性行為でもレベルが上がるようになっている(男女とも)と聞かされます。協力してレベルを上げないかと誘われるものの、主人公は即拒否しました。


建物を出るとイベントが起き、次は工場へ向かいます。チカから自警団とカジノが怪しいという情報を得ます。


自警団建物右脇の3人組の話を聞き、


カジノは自警団建物の下あたりです。


部屋の奥の方にいます、青い服の男(メッケル)に話しかけます。情報と引き替えにバニー姿になることになります。


着替え終わったら客と話していきます。セクハラ系展開が見られ、いい恥ずかしがり具合でした。


一通り話しかけて接客したあと、青服男に話しかければ仕事終了です。約束通り情報を教えてもらえ、自警団には隠し牢屋があるとのことです。時計を調べるよう言われます。


時計は自警団1F左上に有ります。前に立っている男に話しかけると戦闘になり、


隠し牢内でも戦闘です。どちらも問題なく勝利できました。


勝利したら建物を出て、3人組に話しかけます。

これで北エリアへ行けるようになりましたが、セリフに従い、北エリアへ行く前にダンジョンをやっておくことにしました。


ダンジョンは基本的に上へと進んでいけばOKです。チカからもらった”デバッグ用プログラム”を装備すると一切エンカウントしなくなって楽です。↑のクリスタルの先でボス戦です。


初心者向けのダンジョンということで、ボスには難なく勝利できました。


左から2番目のダンジョンにも入れます。


先ほどと比べるとボスは少し強く、結構ダメージ食らいました。回復技(ヒールショット)を覚えていたので、これを使って回復しました。(覚えていない場合は店で回復アイテムを買ってから挑むのが無難)


北エリアはスラム・無法地帯といったところです。



左に行ったところにある店では、品が欲しかったらオナニーするよう強要されます。渋々従って武器を入手しますが、性能は期待外れなものでした。(オナニー程度ではいい物は渡せない的なことを言われる)


店を出ると悲鳴が聞こえてきて、助けに向かいます。右下に見えるテント(左端)へ入ります。


テント内では主人公が襲われ、ここで初めて男達が優勢な展開になりました。男数人に掴まれて撫で回されます。


店エリアを出ようとすると合い言葉を要求されますが(出るときのみ必要とのこと)、この時点ではわからないので引き下がります。


すぐそばの建物に入ってカウンターの人物に話しかけると、合い言葉を知っている人物を教えてくれました。


左へ進み、赤髪の男に話しかけます。合い言葉はただでは教えてはもらえず、服を脱いで見せる必要がありました。


合い言葉を言ってエリアから出ると通信が入り、拠点に自動で移動します。


右にいるジャルルカという男に話しかけると話が進みます。


熱心に告白され、押しに負けて純愛系のセックスシーンです。他のゲス男たちとの違いがうまく表現されてました。


北エリアをまっすぐ上に進んで闘技場に入ります。


中では女の子たちが負けて犯されてます。


カウンターに話しかけると、”ここの戦闘で体験版は終了”と親切に教えてくれます。指示通り、セーブしてから挑みました。



勝利すると特にエロはなしでした。自動戦闘を選べば自動で強力な技を使ってくれました。


一方敗北すると敗北エロ展開になります。通常攻撃を繰り返せば負けられました。レイプされたあと(このシーンはテキストあっさり目)ゲームオーバーです。


まとめ:
ストーリーは本格的で、設定も珍しい内容で面白かったです。ゲーム世界が舞台ですが、リアル絡みの描写はほぼ出てこず、この先どう関係してくるのか気になるところでした。

ゲーム進行は一本道で、次に行くところ・やるべきことがはっきり指示されてわかりやすかったです。なおイベント中に選択肢的な物は出てこず、主人公が危険を顧みずに人助けしていくのは避けられない作りでした。

ゲームバランス的には、主人公が最初から強く、ストーリーとうまくマッチした強さに設定されてました。エンカウントしなくなる装備が用意されているのも便利でよかったです。

エロシーンはシーン数多めでした。前半は他女の子のレイプ・調教シーンが、後半には主人公が必要に迫られてオナニー・ストリップするシーンも出てきました。絵はあまり描き慣れてないという感じでしたがテキストはしっかり書かれており、男達の下道さや女の子の諦め具合がうまく表現されてました。

アジャイル戦記~AI of Humans~アジャイル戦記~AI of Humans~アジャイル戦記~AI of Humans~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)