女主人公エロRPG「つるぺたボイン~魔道師と戦士の犯され冒険記~」(ぬるはちぽんぽん)体験版感想

つるぺたボイン~魔道師と戦士の犯され冒険記~

つるぺたボイン~魔道師と戦士の犯され冒険記~ [ぬるはちぽんぽん]

5/30の予告新作で、女戦士と女魔術師が冒険する話です(RPGツクールVX Ace製)。体験版あり、2015年05月下旬発売予定。

追記:5/31に発売になりました。
DLSite販売ページ 1,404円、39ポイント還元
DMM販売ページ 1,123円(20%OFFキャンペーン価格)
デジケット販売ページ 1,339円、195ポイント還元

製品版感想はこちら
女主人公エロRPG「つるぺたボイン~魔道師と戦士の犯され冒険記~」(ぬるはちぽんぽん)製品版感想Part1
敵の山賊や悪の組織ダークエンジェルスは容赦なくパセリとグラタンを強姦してきます。
かわいい二人が凌辱される様をお楽しみください。

またグラタンは金策のためパセリに魔術をかけ売り飛ばしたり
売春させようとします。

体験版を始めると最初に難易度選択がありました(3段階)。RPGは苦手なので甘口を選択しました。なおゲーム途中での変更はできないとのことです。


最初は王宮から始まり、軽い感じの王様です。占い師が世界の危機を告げ、勇者捜しが始まります。


夢を見たという勇者がぞろぞろと現れますが皆偽のようで、最後に残った二人が主人公一行です。



動けるようになったあとは北東の町へと向かいます。


片方(パセリ)は真面目に世界を救おうとしますが、もう片方(グラタン)はお金のことしか頭にないようです。王からもらった旅資金をパセリから強奪し、ほとんどをぱーっと無駄遣いしてしまいました。




グラタンの悪事はお金を使っただけでは終わらず、パセリが巨乳なのが気にくわないとしびれ魔法でいたずらします。住人に見られながらの放尿シーンが見れまして、羞恥感がうまく表現されていていいテキストでした。


その後は広場中央にいるオヤジから話を聞くとイベントが起こります。



イベント敵との戦闘はミスが多かったですが、当たればワンパンでした。


倒したあと城に戻ると、行方不明になった人を助けて欲しいと頼まれます。



行く前に装備を整えようということなので、行く前に一通り見てみました。武器屋は右下、スキル屋は上中央あたりにありました。なおこの先ボス戦は実質なかったので、きっちり揃える必要はなかったです。


なおメニューから”パーティ会話”を選ぶとストーリー進行状況に合った話が聞けました。


“南の森”は、↑の1本生えてる木です。触れると入れます。ここからはザコ戦ありで、シンボルエンカウントです。敵体力少なめで、楽に倒せました。


奥へと進んでいき、看板のある分岐点を右に進むと、



グラタンがスライムに犯されるエロイベントが見られます(戦闘はなし)。強気でいい嫌がり方でした(アナル攻めあり)。



↑の小屋前まで進むとイベントです。


戦闘になりますが、触られ続けて何も行動できないまま戦闘終了です。





戦闘後はパセリ、グラタンの順に男たちに犯されます。非処女のフリをするグラタンがいい反応でした。



陵辱シーンが終わったあとは、左上で倒れている男に話すと話が進みます。



城での会話後、東にあるバイエルンの町に向かいます(やり残したことがある場合は入る前にセーブ)。



パセリがたたき売りされ、20万ゼニーで売り飛ばされたところで体験版は終わりです。プレイ時間は約30分でした。

まとめ:
自己中でツン気味・貧乳なグラタンがいいキャラクターで、適度にコメディ要素もあり面白く読めました。ゲーム進行も特に詰まる箇所はなく、スムーズに終わりまで行けました。

ゲームバランス的には、”甘口”と言う通り簡単で、敵体力が少なめでさくさく進めました。ストーリー・Hシーンの方に集中できていいバランスでした。

エロ的には、体験版の範囲では羞恥と陵辱が半々という感じでした。陵辱シーンはグラタンがいい嫌がり具合で雰囲気出てましてよかったです。

製品版感想はこちら
女主人公エロRPG「つるぺたボイン~魔道師と戦士の犯され冒険記~」(ぬるはちぽんぽん)製品版感想Part1

つるぺたボイン~魔道師と戦士の犯され冒険記~

つるぺたボイン~魔道師と戦士の犯され冒険記~ [ぬるはちぽんぽん]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)