純愛系エロゲ「こいのす☆イチャコライズ」(eRONDO)体験版感想

こいのす☆イチャコライズ

こいのす☆イチャコライズ [eRONDO]

eRONDOさんの新作で、いちゃいちゃラブラブがテーマな純愛系エロゲです。 体験版では各キャラの序盤展開(出会い~キスや初Hまで)を見れました。本編は2017/03/24発売予定です。
今作のテーマ・コンセプトは「理想の彼女持ちひとり暮らしライフ」!! 初めてひとり暮らしをスタートさせたあなたは、ほどなく彼女ができ、 イチャイチャラブラブエロエロな恋人性活が始まる。 ひとり暮らしのあなたの部屋に彼女が通い、お泊りし、部屋で帰りを待っていてくれる―― もちろんエッチもし放題! 人目が無いことをいいことに、ふたりのカンケイは次第に過激にエスカレーション! 日常のささいなきっかけから始まるエッチあり、 関係を深めたからこそ出来る秘密のプレイあり、 誰からも邪魔されない、ふたりだけの空間での濃密な“恋の巣”ライフを満喫してください!


最初にヒロイン選択があります。まずは真ん中の子(吉野いちか)からプレイしました。


ふらっと喫茶店に入るとメイド服姿な吉野いちかがおり、これが最初の出会いです。この時点ではまだ恋人でもなんでもなく、客と店員な関係です。店はメイド喫茶ではなく住宅街の喫茶店で、ナンパ的な客はおらず。


その後常連になるべく喫茶店に通うと、向こうから話しかけてきました。



さらに通っていくといちかの同級生が来店し、恋バナからこちらの噂話になります。同級生にせかされるような形で、こちらの名前をきいてきてくれました。


なんとなく気まずくなり、行こうか悩みながら歩いて行くと声をかけられます。このあたり、お互い気にはなっているようですが、どちらも奥手な感じでなかなか恋が進展しません。


マスターが急用で店の留守番を頼まれ、店で2人きりになり、ふとももをちらりと見せてくれます(白いのはニーソでした)。



その後、主人公の実家から送られてきた野菜が余ってしょうがないという話になり、運び係として主人公宅にやってきます。これをきっかけに関係がぐっと進展しました。


一気にキスシーン…かと思いましたが恥ずかしがってしまい、未遂です。


翌日、主人公が風邪を引いてしまい、



着替えを手伝ってもらうことになります。上からタッチしたあと、手コキのような形で直接握るというところでくしゃみが出てしまい、このシーンはここで終わりです。お互いの恥ずかしがり具合がうまく表現されてました。


帰り際にキスシーンがあり、これで恋人同士になりました。



お店でいちゃいちゃしたり、



山デートしたりのあと、


部屋の前で待っていてくれまして、



いい雰囲気になって押し倒す格好になり、処女喪失Hです。お互いの緊張感がうまく表現されてました。


新婚夫婦っぽい雰囲気になったところで、体験版の吉野いちかルートは終わりです。なお選ばなかった他ヒロインは一切出てこず。意中のヒロインだけに集中できていいシステムでした。



続いて上月なつめをプレイです。この子は主人公の隣の部屋に引っ越してきます。


なつめが引っ越しの挨拶に来るところから始まり、礼儀正しい子という印象です。一方主人公は突然の訪問に慌ててしまい、みっともない姿を見られてしまいました。なお姉(元々部屋に住んでいて、現在は海外留学中)に対抗心を持っているようで、主人公がついつい比べてしまうと怒ります。


場面変わってなつめの部屋です(テキストはなつめ視点)。姉からいい男的な話を聞かされていたため、主人公のダメっぷりに立腹です。


場面変わって、なつめが鍵をなくして困っているところに遭遇します。部屋に上がっていく?と尋ねるものの拒否され、このあたりはまだまだ赤の他人という感じです。


図書館へ行くと、なつめを見かけます。しばらくは話しかけずに自分の勉強に集中しますが、相手が勉強に飽きてきたあたりで話しかけ、勉強を教えることになります。なつめは意地悪しようとわざと難しい問題を出したようですが、主人公は解いてしまい、これで警戒心が少し和らぎました。


場面変わってなつめの部屋で、試験勉強をやるものの途中で漫画を読みふけってしまい、苦手科目が終わらずピンチです。


悩んだ末、主人公の部屋を訪問します。すぐに行かないあたり、警戒心がうまく表現されてました。


その後、お礼としてドーナツとコーヒーを買っていきます。わざわざお礼をする律儀な性格が、自然な形で表現されてました。あとはここで買った物が次のシーンで重要な役割を果たし、話のつなげ方もうまかったです。


主人公の部屋のエアコンが故障し、2人で神社へ向かいます。間接キスになるのをなつめは気にするものの、主人公は気づかず。


にわか雨に遭って濡れ透けなシーンがあり、このあたりからお互い意識するようになります。



姉から婚約したと言われて(お姉ちゃんを他の男に取られたと)落ち込み、なつめにもいいところはあるよと励まします。


なつめがコケそうになってとっさに掴み、気まずい雰囲気です。しばらくすると股間が反応していることに気づき、恥ずかしがって帰ってしまいます。自室で枕をばんばん叩いて興奮しますが、隣室ということで音が丸聞こえで、恥ずかしがる様子が主人公にバレバレでした。このあたりは隣室という設定をうまく使っていて、いい展開でした。



主人公のテスト期間が終わって部屋に再びやってきます。スーパーで買い物したあと、


こないだの話になって、いい雰囲気になります。主人公でオナニーしたと告白するシーンは、いいシチュですが(回想の一枚絵はなく)テキストのみでした。



ここでようやくキスシーンです。


そんな感じでキスするまでかなり長かったですが、ここから先は一気に進展しました。ビジュアル的にはピンク下着が可愛く描かれてます。


正常位で処女喪失Hがあり、


一気にデレな雰囲気に、というところでなつめルートは終わりです。なお吉野いちかルート同様、出てくるヒロインはなつめのみでした。



最後に深町サチです。このキャラは他2人と違い、主人公と以前に会っていました。


このルートでは、主人公は大学生ではなく社会人(入社2年目)です。主人公の雰囲気も微妙に大人になってました。


部屋へと帰ると、見かけない女の子がおり、塾が始まるまでの待ち時間(月曜と金曜)にいさせてほしいということです。連絡を受けていたものの、曜日を勘違いしていて準備できておらず。


大学生の時とは違って部屋には物が散乱し、だいぶ散らかってます。



サチのほか主人公も緊張して挙動不審で、お互い他人行儀な気まずい雰囲気です。帰ったあと、一気に気が抜けます。以前と違って可愛い女になっていて、変化に戸惑ったようです。このルートは他ルートと違って主人公が最初からヒロインにべた惚れで、興奮・テンション上がり具合がよかったです。


場面変わって会社の仲間と食事です、合コン的な集まりでした。主人公はモテるものの、サチのことが気になって誰とも親しくならず。待ち受けにもしており、好き具合がわかりやすく表現されてました。


再びサチが来訪ですが、またしても準備ができておらず。サチがてきぱきと掃除をしてくれました。

3回目の来訪ではさすがにしっかり準備し、綺麗な部屋で迎え入れます。ここでもまだお互い緊張気味で、会話のネタがあまりなく、間が持たない感がありました。主人公もサチの遠慮しがちな性格(スミマセンが口癖)に気づいており、どうしたものかなと思案します。


部屋の話から次第に打ち解け始め、


次第にスミマセンではなくありがとうと言ってくれるようになります。


場面変わって何か言いたそうな表情をしているものの、主人公はなかなか気づかず。トイレに行きたかっただけでした。


帰り際、忘れ物があるよとうっかり袋を開けてしまい、生理用品でした。顔を真っ赤にして怒って出ていってしまいます。


4日後、いつものように部屋に来てくれるものの、まだご立腹です。お怒りモードで掃除の指示をしていき、これで他人行儀感がだいぶ消えました。


掃除後、様子がおかしいので熱を測るとかなりあり、慌てて病院へ連れていきます。原因は疲労らしく、点滴を打ってもらうとすっかりよくなりました。


場面変わって外食へ向かいます。吉野いちかルートで舞台になった喫茶店を訪れるますが、いちかもマスターも登場はなしです。このあたり、他ヒロインは登場させないというのが徹底されてました(ただ時間軸がだいぶ違うので、そもそもいちかはバイトしていなさそうですが)。


先生と普段の様子について電話で話します。なお学校絡みはこの先さほど問題にはならず(いじめられているなどはなし)。


金曜に休みを取るべく仕事を頑張るものの、いつのまにか雑になっていて指摘されてしまいます。


自分でも雑さに気づいていなかったようで、ショックを受けて飲んだまま寝てしまいます。落ち込み具合がうまく表現されてました。



サチ的には主人公の弱った素な態度が見られて嬉しそうで、ギャップ萌えなようです。


料理を作ってもらいますが、作り慣れていないらしく、味付けは微妙な感じでした。上手すぎず下手すぎずのちょうどいいところで、親しみ持ててよかったです。


その後仕事は順調にいって、大きな仕事を任され、


サチの方も学校のことを話してくれるようになりました。


カラーボックスを買ってきてサチのスペースにすると喜んでもらえ、


合い鍵を渡し、このあたりになるとかなり打ち解けた雰囲気です。


仕事でデザイン案を出すものの、却下されてしまいました。サチがいる横でいろいろ案を考えますが、途中で寝入ってしまいます。この眠っている間のことがあとあと重要になりました。


提出するとOKをもらえ、続いてホタルの出そうないい場所を見つけてほしいと頼まれました。ここからしばらく、サチと一緒にホタル探しをすることになります。


初日はいい場所は見つからなかったものの、デート・探検感あっていい雰囲気です。可愛い私服も似合ってました。


その後、部屋のエロ本が見つかってしまい、



あげくに妄想全開なメモを見られてしまいます。もう何もかもおしまいだという感じの主人公ですが、サチは別に怒ってはおらず。ここの心情はラストのキスシーンで明かされました。


もう来てくれないだろうと落胆する主人公ですが、いつものように来てくれます。ドア越し(防音なため直接は聞こえない)に電話で感情をぶつけ合うシーンはシリアスな雰囲気でした。


向こうも妄想していたということで解決し、


ホタル探しを一緒に続けるうちに親しくなっていきます。主人公の本心がわかったことで、向こうも親しみを持ってくれたようです。


尻タッチを許可され、


そうしてようやくいいホタル場所を発見します。雰囲気ばっちりな、いい背景画でした。


その後仕事をしていると、採用されたレイアウト案が自分で描いた覚えのないものであることに気づきます。状況から推察すると、以前寝ている時にサチが描いてくれていたようです。自分よりサチの方が才能あると感じて嫉妬するものの、すぐに感情を打ち消し、このあたりは理性的で好感の持てる主人公でした。


サチは恥ずかしがってコーラを振り回して噴射してしまい、肩車して天井を拭いてもらいます。倒れて押し倒す格好になりました(顔面騎乗)。


写真家をホタルの場所へと案内し、


撮っている間、2人きりになりキスシーンです。雰囲気ばっちりで、ホタル探しな展開からここまで、いい具合につながってました。


自分もエロに興味あるということを告白される、というところで体験版は終わりです。他と違ってこのキャラは、体験版ではキスまででした。


まとめ:
非常にボリュームある体験版で、満足感たっぷりな内容でした。3ルートとも恋人になるまでの過程がじっくり丁寧に描かれていて、読み応えあってよかったです。ストーリー的にもちょっとした出来事があとで重要になったりと、うまい展開の仕方でした。

エロシーンは吉野いちかと上月なつめがキスから初H、深町サチはキスシーンが見れました。(体験版の範囲では)キスまでの期間がかなり長く、キス以降は一気に最後まで、という感じでした。なお本編はいちゃいちゃラブラブがテーマということなので、体験版とはだいぶ雰囲気変わりそうです。


2/27追記:
Hシーン体験版が新たに公開になりました。各キャラ2シーンずつの6シーン見られます。


サチとのエロシーン1つめは、変態な主人公の好みを推察して処女膜観察を提案してくるという珍しい展開です以心伝心具合がうまく表現されてました。


エロ内容は、開脚ポーズでじっくり観察される羞恥系です。


サチ2つめは焦らしプレイです。街を歩き回って焦らす様子がダイジェスト的に語られたあと、一緒にAV鑑賞です。我慢しきれなくなって求めてくる様子が可愛くてよかったです。後半には電マも出てきました。


場面変わってお風呂で、ここでも挿入はせずに手マンでイかせまくります(結局挿入せずじまいで終了)。


いちかの1シーン目はM字開脚で、初々しいカップルという雰囲気です。


いちか2シーン目はお風呂で紐水着プレイです。ソーププレイっぽい雰囲気で、主人公が優しく弄ばれる的なシチュでした。


なつめとのエロシーン1つめはフェラ、



2つめはローターで乳首責めのあと対面座位で、ラブラブ具合がうまく出てました。

Hシーンまとめ:
3キャラともにいちゃいちゃ・ラブラブ感がたっぷりあり、タイトルにうまく沿った内容になってました。シチュ内容も、焦らし・ソーププレイなど色々工夫されていてよかったです。

こいのす☆イチャコライズ

こいのす☆イチャコライズ [eRONDO]